• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項11号一般他人の登録商標 取り消して登録 W11
管理番号 1411463 
総通号数 30 
発行国 JP 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2024-06-28 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2023-04-25 
確定日 2024-06-17 
事件の表示 商願2022− 36860拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標及び手続の経緯
本願商標は、別掲1の構成よりなり、第11類に属する願書記載のとおりの商品を指定商品として、令和4年3月31日に登録出願されたものである。
本願は、令和4年8月16日付けで拒絶理由の通知がされ、同年9月29日に意見書が提出されたが、同5年3月10日付けで拒絶査定がされたものである。
これに対し、令和5年4月25日に拒絶査定不服審判の請求がされ、本願の指定商品は、同日付けの手続補正書により、第11類「業務用電気給湯機」に補正されたものである。

2 引用商標
原査定において、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして、本願の拒絶の理由に引用した登録第2625947号商標(以下「引用商標」という。)は、別掲2のとおり、「UVC」の欧文字を横書きしてなり、平成3年10月9日に登録出願、第7類及び第12類に属する商標登録原簿に記載のとおりの商品を指定商品として、同6年2月28日に設定登録され、その後、同16年7月21日に指定商品を第7類及び第12類に属する商標登録原簿に記載のとおりの商品を指定商品とする書換登録がされ、その商標権は、現に有効に存続しているものである。

3 原査定の拒絶の理由の要旨
原査定は、本願商標の構成中の「UVC」の欧文字と引用商標「UVC」の欧文字とは、観念は比較することができないとしても、「ユウブイシイ」の称呼を共通にし、外観において「UVC」の綴りを共通にする類似の商標であり、かつ、本願の指定商品と引用商標の指定商品とは、類似するものであるから、本願商標は、商標法第4条第1項第11号に該当するとしたものである。

4 当審の判断
本願商標は、別掲1のとおり、2文字目の「V」の文字の右斜線の中間付近を斜めに切り落とした部分に、四稜星のごとき図形(以下、単に「星図形」という。)を配し、青色で横書きにした「UVC」(以下、単に「UVC」という。)の欧文字の下に、「UVC」の欧文字よりもやや小さく「265nm」の文字を青色で横書きにしてなるところ、構成中の「265nm」の文字は、「UVC」の欧文字よりも、やや小さく書されているものの、両文字は、いずれも同じ青色の丸みを帯びた書体で、左右の幅をそろえ、略矩形をかたどるように近接して書されていることから、本願商標は、外観上、一体的な印象を与えるものである。
そして、本願商標の構成中の「星図形」は、我が国において特定の事物又は意味合いを表すものとして認識され、親しまれているというべき事情は認められないものの、「UVC」の欧文字は、「波長が200〜280ナノメートルの紫外線。」を、「nm」は長さの単位「ナノメートル」(いずれも「デジタル大辞泉」(別掲3))を意味することからすれば、本願商標は、構成全体として、「波長が265ナノメートルの紫外線」ほどの意味合いを認識させるものであり、本願商標の構成中の「UVC」の欧文字と、「265nm」の文字とは、観念上のつながりが認められるものである。
さらに、本願商標の構成中の「UVC」の欧文字又は引用商標が、取引者、需要者の間に広く認識されている等強く支配的な印象を与えるとみるべき特段の事情もない。
そうすると、本願商標に接する取引者、需要者は、その構成中の「265nm」の文字を捨象し、「UVC」の欧文字のみに着目するというより、むしろ本願商標の構成全体をもって一体不可分のものと認識、把握すると判断するのが相当である。
したがって、本願の指定商品と引用商標の指定商品の類否について判断するまでもなく、本願商標の構成中の「UVC」の文字を要部として分離、抽出し、その上で、本願商標と引用商標とが、外観において「UVC」の綴りを共通にし、「ユーブイシー」の称呼を共通にする類似の商標であるとして、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとした原査定は、取消しを免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲

別掲1 本願商標(色彩は原本参照。)


別掲2 引用商標


別掲3 デジタル大辞泉
(1)「ユー‐ブイ‐シー【UVC】[ultraviolet C]」の見出しの下、「《ultraviolet C》波長が200〜280ナノメートルの紫外線。太陽光線に含まれるが、オゾン層があるため地表には到達しない。殺菌灯などに利用される。短波長紫外線。C領域紫外線。紫外線C波。」との記載がある。
https://kotobank.jp/word/UVC-651166#:~:text=ユー‐ブイ‐シー【UVC】[USB%20video%20class,制御が可能となる。
(2)「ナノメートル(〈フランス〉nanom?tre)」の見出しの下、「国際単位系(SI)の長さの単位。1ナノメートルは10億分の1(10−9)メートル、すなわち100万分の1ミリ、10オングストローム。記号nm ミリミクロン。」との記載がある。
https://kotobank.jp/word/ナノメートル-672757#:~:text=ナノメートル(〈フランス〉nanom?tre,の1ミリ、10オングストローム。


(この書面において著作物の複製をしている場合の御注意) 本複製物は、著作権法の規定に基づき、特許庁が審査・審判等に係る手続に必要と認めた範囲で複製したものです。本複製物を他の目的で著作権者の許可なく複製等すると、著作権侵害となる可能性がありますので、取扱いには御注意ください。
審決日 2024-06-05 
出願番号 2022036860 
審決分類 T 1 8・ 26- WY (W11)
最終処分 01   成立
特許庁審判長 大橋 良成
特許庁審判官 渡邉 あおい
渡邉 潤
商標の称呼 ユウブイシイニヒャクロクジューゴエヌエム、ユウブイシイニロクゴエヌエム、ユウブイシイ、ニヒャクロクジューゴエヌエム、ニロクゴエヌエム 
代理人 弁理士法人深見特許事務所 

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ