• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 取り消して登録 124
審判 査定不服 商3条2項 使用による自他商品の識別力 取り消して登録 124
管理番号 1037556 
審判番号 審判1990-12237 
総通号数 18 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2001-06-29 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 1990-07-12 
確定日 2001-04-16 
事件の表示 昭和62年商標登録願第106158号拒絶査定に対する審判事件についてした平成11年11月11日付け審決に対し、東京高等裁判所において審決取消の判決(平成12年(行ケ)第101号、平成13年2月28日判決言渡)があつたので、さらに審理のうえ、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲に表示したとおりの構成よりなり、第24類「おもちゃ ゲームその他の娯楽用具 その他本類に属する商品」を指定商品とし、1987年(昭和62年)4月7日にデンマーク国においてした商標登録出願に基づく優先権を主張して、昭和62年9月22日に登録出願、指定商品については平成2年2月13日付け手続補正書により「ブロックおもちゃ、組立おもちゃ」に補正されたものである。

2 原査定の拒絶理由
本願商標は、「ブロックおもちゃのブロック」を容易に認識させる図形を格別特異とは認め難い輪郭図形内に表示してなるにすぎないものであるから、これを本願指定商品「ブロックおもちゃ、組立おもちゃ」について使用するときはに商品の品質を表示してなるに止まるものである。したがって、本願商標は商標法第3条第1項第3号に該当する。なお、意見書及び証拠を総合して検討しても、本願商標が「ブロックおもちゃ、組立おもちゃ」について使用され、その結果自他商品識別力を取得するに至ったものとは認めることができない。よって、本願商標は商標法第3条第2項の適用を受けて登録されるべきとの主張は、採用することができない。旨判断して、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、別掲に表示したとおりの構成よりなるところ、本願商標の構成要素であるブロックの図形は、一般的に広く知られているこの種のブロックおもちゃにおける典型的なブロックの形状の一つを表示したものであり、本願商標におけるほぼ正方形の枠及び枠内の赤色の彩色は、主要な構成部分であるブロックの図形の背景を示すもの、ブロックの周囲を縁取り状に黄色く彩色している点も、ブロックを強調する配色と解されるから、これらの枠や彩色という要素が付加されているにしても、本願商標の図形は、ブロックおもちゃにおけるブロックの図形を、普通に用いられる方法で表示するものというべきである。
そうすると、本願商標は、その指定商品である「ブロックおもちゃ、組立おもちゃ」の品質(部品の種類及び形状)を普通に用いられる方法で表示する標章のみから成る商標というべきであり、商標法第3条第1項第3号に該当するとした原査定の判断に誤りはない。
しかしながら、本願商標は、訴訟において請求人の提出された各書証により、その指定商品「ブロックおもちゃ、組立おもちゃ」について使用をされた結果、審決時までには、需要者が請求人(出願人)の業務に係る商品であることを認識することができるに至ったものと認められるから、商標法第3条第2項に規定する要件を具備するに至っているものである。したがって、原査定の理由により本願を拒絶することはできない。
その他、本願を拒絶すべき理由はない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 本願商標


(色彩は原本参照)
審理終結日 1999-10-13 
結審通知日 1999-10-29 
審決日 1999-11-11 
出願番号 商願昭62-106158 
審決分類 T 1 8・ 17- WY (124)
T 1 8・ 13- WY (124)
最終処分 成立  
前審関与審査官 土屋 良弘 
特許庁審判長 小松 裕
特許庁審判官 涌井 幸一
高野 義三
宮川 久成
原 隆
代理人 井上 義雄 
代理人 加藤 伸晃 
代理人 岡部 正夫 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ