• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 一部申立て  登録を取消(申立全部取消) W25
管理番号 1408139 
総通号数 27 
発行国 JP 
公報種別 商標決定公報 
発行日 2024-03-29 
種別 異議の決定 
異議申立日 2022-07-15 
確定日 2024-01-09 
異議申立件数
事件の表示 登録第6553639号商標の商標登録に対する登録異議の申立てについて、次のとおり決定する。 
結論 登録第6553639号商標の指定商品中、第25類「サーフィン用ウェットスーツ,水上スポーツ用ウエットスーツ,ウェットスーツ(潜水用のものを除く。),水上スポーツ用特殊衣服」についての商標登録を取り消す。
理由 第1 本件商標
本件登録第6553639号商標(以下「本件商標」という。)は、「タッパー」の文字を標準文字で表してなり、令和3年9月2日に登録出願、「サーフィン用ウェットスーツ,水上スポーツ用ウエットスーツ,ウェットスーツ(潜水用のものを除く。),水上スポーツ用特殊衣服」を含む第25類及び第24類に属する商標登録原簿に記載の商品を指定商品として、同4年4月20日に登録査定、同年5月10日に設定登録されたものである。

第2 登録異議の申立ての理由
登録異議申立人(以下「申立人」という。)は、本件商標はその指定商品中、第25類「サーフィン用ウェットスーツ,水上スポーツ用ウエットスーツ,ウェットスーツ(潜水用のものを除く。),水上スポーツ用特殊衣服」(以下「本件申立商品」という。)について、商標法第3条第1項第3号に違反して登録されたものであるから、その登録は同法第43条の2第1号によって取り消されるべきものであるとして、その理由を要旨次のように述べ、証拠方法として甲第1号証ないし甲第35号証(枝番号を含む。)を提出した。
以下、証拠の表記に当たっては、「甲第○号証」を「甲○」のように省略して記載し、枝番号を有する証拠において、枝番号の全てを引用する場合は、枝番号の記載を省略する。
1 具体的理由
(1)「タッパー」はウェットスーツの需要者の間においてウェットスーツの種類を表す一般的な用語であること
本件商標は、「タッパー」の文字を標準文字で表してなるところ、同語は、サーフィン初心者向けのウェブサイトや基礎知識を集めたサーフィン用語集において「上半身だけのウェットスーツ」を意味する語として記載され(甲2〜甲6)、また、各種書籍においても同様の意味合いで紹介されている(甲7〜甲9)。
(2)「タッパー」は現にウェットスーツの需要者の間で一般用語として使用されていること
上記(1)のとおり、「タッパー」は、ウェットスーツの種類を表す一般的な用語であることから、本件商標の登録出願日より前か、遅くとも登録査定日より前から、ウェットスーツの取引者・需要者の間で、新聞記事やウェブの記事において、「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」ほどの意味合いで一般的に使用されている実情があり、数多くの使用例があって、その一部を以下に列挙する。
ア 新聞記事において、「冬などは寒さを防げるウェットスーツを。(中略)少し肌寒いときは上半身だけ防寒してくれるタッパーを着ます。」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲10)。
イ 「ウェットスーツの選び方」とのタイトルにて、「サーフィンを一年中している人もいれば、夏だけの人もいます。(中略)朝夕少し涼しく感じるときには、タッパーやラッシュガードなどを購入すればいいでしょう。」と記載されており、「タッパー」の語が「サーフィン用のウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲11)。
ウ 「サーフィン関連情報」のカテゴリーにおいて、「ウェットスーツの選び方」とのタイトルにて、「真夏に使用する、上半身のみの長袖のウェットスーツ」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲12)。
エ 新聞記事において、「さまざまな形状のウェットスーツがあるが、あまり深くもぐらない初心者なら「タッパー(上半身のみ)を」と勧める。」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲13)。
オ 「サーフィンコラム:ウェットスーツのタッパーってなに?」とのタイトルにて、「トップスだけの薄手のウェットスーツの事を指す。」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲14)。
カ 「最初にそろえるべき3種類のウェットスーツと使い分け方|サーフィンの基本」とのタイトルにて、「夏〜真夏用ウェットスーツがタッパー」と記載されており、「タッパー」の語が「サーフィン用のウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲15)。
キ 「ALMONDのウェットスーツが遂に発売に。」とのタイトルにて、上半身だけのウェットスーツの写真及び「ロングスリーブタッパー」の文字が記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲16)。
ク 「サーフィンで着用するタッパーの魅力とは?」とのタイトルにて、「上半身のウェットスーツ」、「サーフィンをする際に着るウェットスーツ」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲17)。
ケ 「夏のサーフィンの防寒、擦れ、日焼け対策にオススメのタッパー(メンズ&レディース)」とのタイトルにて、上半身だけのウェットスーツの写真及び「Tupper」の文字が大きく記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲18)。
コ 「ウエットスーツ」とのタイトルにて、「上半身のみを覆ったウエットスーツになります。」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」の意味合いで使用されている。なお、末尾に「C2021・・・」(決定注:「C」は丸付き文字。以下同じ。)と記載されており、少なくとも登録査定時には公開されていることが分かる(甲19)。
サ 「タッパーとは?」とのタイトルにて、「上半身用のウェットスーツです。」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」の意味合いで使用されている。なお、末尾に「C2021・・・」と記載されており、少なくとも登録査定時には公開されていることが分かる(甲20)。
シ 「【サーフィン・ウェットスーツ】」とのタイトルにて、「タッパーは長袖で、上半身のみのウェットスーツです。」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」の意味合いで使用されている。なお、タッパーを紹介するイラストについて「C2018・・・」と記載されており、登録出願前には公開されていることが分かる(甲21)。
ス 「タッパーが持つ3つの機能とおすすめの着こなし」とのタイトルにて、「上半身のみを覆ったウエットスーツのことを言います。」、「サーフィンのウェアである「タッパー」」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」の意味合いで使用されている。なお、ページ冒頭に「2022−3−24 UPDATE」と記載されており、少なくとも登録査定時には公開されていることが分かる(甲22)。
(3)取引市場においても「タッパー」の語は一般的に使用されていること
ウェットスーツの取引市場においても、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」の意味合いで使用されている実情があり、数多くの使用例があって、その一部を以下に列挙する。
ア 日本最大のECモール「楽天市場」において「タッパー」で検索すると、ウェットスーツの分類名称として「タッパー」が多数使用されており(2,427件)、上半身のみのウェットスーツの写真が多数掲載されていることから、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」の意味合いで使用されていることがうかがえる(甲23)。
イ 「[GOTCHA]」のウェブサイトにおいて、「[GOTCHA] ウェットスーツ タッパー フロントジップ 2×2mm」の見出しの下、「2×2mmのロングスリーブタッパーは真夏に着用する上半身のみのモデル。」、「サーフィンのベストシーズンである真夏に快適に海に入ることができる最適なウェットスーツ。」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲24)。
ウ 「AMMY」のウェブサイトにおいて、「AMMY ウェットスーツ・タッパー」の見出しの下、「水着の上からサッと羽織れる着脱がラクなタッパー(ジャケットタイプ)」、「海水浴などの海遊びやサーフィン、SUPなどのマリンスポーツに!」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲25)。
エ 「VISSLA」のウェブサイトにおいて、「JACKET/タッパー」の見出しの下、「上半身袖あり(長袖/半袖)のウェットスーツ」、「※「タッパー」は日本での一般的な呼び名」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」の意味合いで使用されており、日本では一般的な呼び名として定着していることがうかがえる(甲26)。
オ 「ZEAK(ジーク)」のウェブサイトにおいて、「■子供用 長袖 タッパー(2mm)ウエットスーツ」の見出しの下、「上半身長袖タイプのウェットスーツ」や「サーフィンなどのウォータースポーツに対応」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲27)。
カ 「Granmare(グランマーレ)」のウェブサイトにおいて、「【SALE】2mm 長袖タッパー 既成メンズサイズ ブラック×襟たいだいブルー」の見出しの下、上半身だけのウェットスーツの写真及び「長袖タッパー」の文字が掲載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲28)。
キ 「Hurley(ハーレー)Japan」のウェブサイトにおいて、「【タッパー】(水温目安:22〜25℃)MENS ADVANTAGE PLUS 1MM ZIP JACKET メンズ/ウェットスーツ」の見出しの下、上半身だけのウェットスーツの写真及び「ロングスリーブジャケット(タッパー)」の文字が掲載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲29)。
ク 「【Quiksilver公式オンラインストア】」のウェブサイトにおいて、「EVERYDAY SESSIONS 1.5 LS TOPPER」の見出しの下、上半身だけのウェットスーツの写真及び「1.5mm ロングスリーブ タッパー」の文字が掲載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲30)。
ケ 「thw wetsuits」のウェブサイトにおいて、「【フロントジップジャケット】長袖タッパー 【クラシック ウェットスーツ】」の見出しの下、上半身だけのウェットスーツの写真とともに、「長袖タッパー」、「サーフィン時、よりアグレッシブな運動が可能」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲31)。
コ 「BILLABONG」のウェブサイトにおいて、「BILLABONG メンズ 2MM REVOLUTION FZ JACKET ウェットスーツ/ネオプレーンジャケット/タッパー/2mm【2022年春夏モデル】」の見出しの下、上半身だけのウェットスーツの写真とともに、「フロントジップ長袖タッパー」、「サーフトリップにもお勧め」の文字が掲載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」の意味合いで使用されている(甲32)。
サ 「aruflat」のウェブサイトにおいて、「レンタル用品各種」の見出しの下、「2mm長袖タッパー(上半身)」と記載されており、「タッパー」の語が「上半身だけのウェットスーツ」ほどの意味合いで使用されている(甲33)。
(4)商標法第3条第1項第3号該当性について
ア 識別性について
上記(2)及び(3)のとおり、本件商標「タッパー」は、ウェットスーツの種類を表す一般的な語として使用されている実情がある。
そのため、本件商標に係る指定商品中の「ウェットスーツ」に関連する商品について本件商標を使用すれば、需要者等は、「タッパー」を「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」という商品の用途や種類など、商品の品質を表した言葉と認識するのが自然である。
したがって、本件商標に接した需要者等は、本件商標から上記意味合いを認識するにすぎないから、本件商標は、商標法3条1項3号にいう「商品の品質を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標」に該当する。
イ 独占適応性について
最高裁判決「昭和53年(行ツ)129号」(甲34)の判旨より明らかであるとおり、また、特許庁の工業所有権法逐条解説(甲35)にも明示されているとおり、商標法第3条第1項3号は、「これら本号列挙のものを不登録とするのは、これらは通常、商品又は役務を流通過程又は取引過程に置く場合に必要な表示であるから何人も使用する必要があり、かつ、何人もその使用を欲するものだから一私人に独占させるのは妥当ではなく、また、多くの場合にすでに一般的に使用がされあるいは将来必ず一般的に使用がされるものであるから、これらのものに自他商品又は自他役務の識別力を認めることはできない」ことを立法趣旨としている。
ウェットスーツは、その用途や種類に応じて「フルスーツ」、「シーガル」、「スプリング」、「ラッシュガード」及び「タッパー」等に細かく分類されており(甲2〜甲8)、当該商品の取引市場においては、その用途や種類を表す分類を明らかにした上で販売する必要がある。
実際、「タッパー」の語は、「上半身のみのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」という商品の種類を表示する語としてウェットスーツを取扱う多数の事業者によって使用されている。そのため、本件商標は、取引に際し必要適切な表示として何人もその使用を欲するものであり、特定人によるその独占を認めるのは公益上適当ではない。
2 結論
以上述べたとおり、本件商標を本件申立商品に使用しても、これに接する取引者、需要者は、「上半身だけのウェットスーツ」や「サーフィン用のウェットスーツ」であることを認識するにとどまるのであって、本件商標は、このような商品の用途や種類を普通に用いられる方法で表示したにすぎない。
また、取引に際し必要適切な表示として何人もその使用を欲するものであり、特定人によるその独占を認めるのは公益上適当ではない。
よって、本件商標は、商標法第3条第1項第3号に該当する。

第3 当審における取消理由の要旨
当審において、本件商標の権利者(以下「本件商標権者」という。)に対し、本件商標は、本件申立商品について、商標法第3条第1項第3号に該当するものであるから、その登録を取り消すべきものである旨の取消理由を令和5年3月20日付けで通知し、相当の期間を指定して意見書を提出する機会を与えた。

第4 本件商標権者の意見
本件商標権者は、上記第3の取消理由に対し、指定した期間を経過するも何ら意見を述べていない。

第5 当審の判断
1 商標法第3条第1項第3号該当性について
本件商標は、上記第1のとおり、「タッパー」の文字を標準文字で表してなるところ、「タッパー」の語は、「タッパーウェアの略。食品を保存するための、プラスチックの密封容器。商標名。」を意味する語(出典:「広辞苑第7版」岩波書店)であるが、別掲のとおり、「タッパー」の語は、本件商標の登録査定時に、本件申立商品との関係において、ウェットスーツの種類の一つである「上半身だけのウエットスーツ」の商品名を表すものとして、雑誌、新聞及びウェブサイト等で紹介されており、実際に「タッパー」と称した「上半身だけのウエットスーツ」が販売されている事実が確認できる。
そうすると、「タッパー」の文字よりなる本件商標を申立対象商品に使用しても、これに接する取引者、需要者は、「上半身だけのウエットスーツ」であると認識し、その商品の品質等を表示したものと理解するにとどまるとみるのが相当であるから、本件商標は、商品の品質等を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標と認められる。
したがって、本件商標は、商標法第3条第1項第3号に該当する。
2 むすび
以上のとおり、本件商標の結論掲記の指定商品の登録は、商標法第3条第1項第3号の規定に違反してされたものであるから同法第43条の3第2項の規定により、その登録を取り消すべきものである。
よって、結論のとおり決定する。
別掲

別掲(「タッパー」がウェットスーツの種類の一つであって、「上半身だけのウエットスーツ」を表すものとして、販売され、雑誌、新聞及びウェブサイト等で紹介されている事実)
(1)「deco−K−surflife.com」のウェブサイトには、「いまさら聞けないサーフィン用語(道具編)」(2020年12月26日)の見出しの下、「ウェットスーツの種類」の項目に「タッパー」及び「上半身だけのウエットとなります。長袖タイプと半袖タイプがあります。」の記載がある(甲2)。
(2)「シェアチューブ」のウェブサイトには、「初心者サーファー必見!今さら聞けないサーフィン用語を解説!」の見出しの下、「Posted date:2018年07月19日」及び「●タッパー・・・上半身のみのウェットスーツ。」の記載がある(甲3)。
(3)「みんなではじめよう!/WAKEBOARD CLINIC/ウェイクボード/クリニック」(2005年3月15日 株式会社マリン企画発行)には、「ウェットスーツ&ライフジャケット」のページ(右下に031とあります。)に、「タッパー “上半身の冷え”から身を守るタッパーは、脱着が簡単で運動性を損なわないウェットスーツ」の記載がある(甲7)。
(4)「今から始める大人のサーフィン入門」(2010Printed 株式会社主婦の友社発行)には、「ウエットスーツの種類」のページ(104)に、「タッパー 上半身を覆うウエットスーツで長袖のものと半袖のものがあります。」の記載がある(甲8)。
(5)「沖縄タイムス(2004年4月28日 夕刊)」には、「[波のりLIFE](1)/ハッピーボディボーディング/体に合ったボード選び」の見出しの下、「少し肌寒いときは上半身だけ防寒してくれるタッパーを着ます。」の記載(甲10)、「同紙(2008年7月23日 朝刊)」には、「単独は禁物 2人1組で/水はき法習得を・弁付きがお薦め/シュノーケル使用法知って楽しく」の見出しの下、「さまざまな形状のウエットスーツがあるが、あまり深くもぐらない初心者なら「タッパー(上半身のみ)を」と勧める。」の記載がある(甲13)。
(6)「宮崎から サーフィン上達道標」のウェブサイトには、「ウェットスーツの選び方」の見出しの下、「朝夕少し涼しく感じるときには、タッパーやラッシュガードなどを購入すればいいでしょう。」及び「2005/08/10(水)」の記載がある(甲11)。
(7)「AllAbout」のウェブサイトには、「ウエットスーツの選び方」(更新日:2006年04月04日)の見出しの下、「■タッパー(ロングスリーブ) 真夏に使用する、上半身のみの長袖のウエットスーツ。」及び「■タッパー(ショートスリーブ) こちらは半袖タイプ。機能はロングスリーブとほぼ一緒だが、長袖で暑すぎるときに使用する。」の記載がある(甲12)。
(8)「WAVAL」のウェブサイトには、「サーフィンコラム:ウェットスーツのタッパーってなに?」(2015年08月06日更新)の見出しの下、「サーフィンをこれから始めようという方のために軽く説明すると、タッパーとは、トップスだけの薄手のウェットスーツの事を指す。」の記載がある(甲14)。
(9)「FUNQ」のウェブサイトには、「最初にそろえるべき3種類のウェットスーツと使い分け方|サーフィンの基本」の見出しの下、「タッパー 2mm程度の薄めの生地を用いた夏〜真夏用ウェットスーツがタッパー。」の記載がある(甲15)。
(10)雑誌「SURFIN’LIFE」オフィシャルサイトのウェブサイトには、「ALMONDのウェットスーツが遂に発売に。」(2020.10.14)の見出しの下、商品展開として「ロングスリーブタッパー」及び「ショートスリーブタッパー」の記載がある(甲16)。
(11)「Xadventure」のウェブサイトには、「サーフィンで着用するタッパーの魅力とは?ラッシュガードとの違いも紹介」(2021.04.27)の見出しの下、「サーフィンをする際に着るウェットスーツ。着脱や、体温の調節のしにくさを不便に感じた方におすすめしたいのが「タッパー」です。上半身のウェットスーツで、身体をしっかりと保温できるため、これからウェアをそろえたい方にもおすすめ。」の記載がある(甲17)。
(12)サーフィンマガジン「73NAVI」のウェブサイトには、「夏のサーフィンの防寒、擦れ、日焼け対策にオススメのタッパー(メンズ&レディース)」(2021年7月17日)の見出しの下、「サーフィンにオススメのタッパー(中略)長時間のサーフィンとなると海水や風を受けたりし意外と身体が冷えて寒くなります。夏の海パン(サーフパンツ)、水着スタイルで日焼けや肌スレから「防寒対策」までしっかり対策したい方にはタッパーがオススメ!」のが記載がある(甲18)。
(13)「TAIVAS MAGAZINE」のウェブサイトには、「サーフィン 夏以外でも使える!?タッパーが持つ3つの機能とおすすめの着こなし」(2022−3−24UPDATE)の見出しの下、「サーフィンの「タッパー」ってなに?」、「タッパーとは、上半身のみを覆ったウエットスーツのことを言います。」の記載がある(甲22)。


(行政事件訴訟法第46条に基づく教示)
この決定に対する訴えは、この決定の謄本の送達があった日から30日(附加期間がある場合は、その日数を附加します。)以内に、特許庁長官を被告として、提起することができます。
(この書面において著作物の複製をしている場合の御注意)
本複製物は、著作権法の規定に基づき、特許庁が審査・審判等に係る手続に必要と認めた範囲で複製したものです。本複製物を他の目的で著作権者の許可なく複製等すると、著作権侵害となる可能性がありますので、取扱いには御注意ください。

審判長 豊田 純一
出訴期間として在外者に対し90日を附加する。
異議決定日 2023-08-31 
出願番号 2021109184 
審決分類 T 1 652・ 13- Z (W25)
最終処分 06   取消
特許庁審判長 豊田 純一
特許庁審判官 小田 昌子
杉本 克治
登録日 2022-05-10 
登録番号 6553639 
権利者 ダート インダストリーズ インコーポレイテッド
商標の称呼 タッパー 
代理人 井滝 裕敬 
代理人 ▲吉▼田 和彦 
代理人 黒川 朋也 
代理人 角谷 健郎 
代理人 長谷川 芳樹 
代理人 藤倉 大作 
代理人 堀江 亮平 
代理人 田中 伸一郎 
代理人 相良 由里子 
代理人 中村 稔 

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ