• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条柱書 業務尾記載 取り消して登録 W36
管理番号 1408050 
総通号数 27 
発行国 JP 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2024-03-29 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2023-08-21 
確定日 2024-03-05 
事件の表示 商願2022− 98825拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 手続の経緯
本願は、令和4年8月26日の出願であって、その手続の経緯は以下のとおりである。
令和5年2月14日付け:拒絶理由通知書
令和5年8月3日付け :拒絶査定
令和5年8月21日 :審判請求書及び手続補正書の提出

2 本願商標
本願商標は、別掲1のとおりの構成よりなり、第36類に属する願書記載のとおりの役務を指定役務として、登録出願され、その後、指定役務については、上記1の手続補正書により、別掲2のとおりの役務に補正されたものである。

3 原査定の拒絶の理由の要点
商標法第3条第1項柱書により商標登録を受けることができる商標は、現在使用をしているもの又は近い将来使用をするものと解される。しかし、本願の指定役務中、第36類「税務相談」については、願書に記載された出願人の名称等から、出願人が税理士法において当該指定役務に係る業務を行い得る法人であることを確認できないから、本願商標は、「自己の業務に係る商品又は役務について使用をする」ことができない蓋然性が高いものと認められる。
したがって、本願は、商標法第3条第1項柱書の要件を具備しない。

4 当審の判断
本願の指定役務は、上記2のとおりに補正された結果、原審が拒絶の理由があると指摘する役務は削除された。
したがって、本願は、商標法第3条第1項柱書の要件を具備するものとなった。
以上のとおり、本願を拒絶した原査定の拒絶の理由は、解消した。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。

別掲
別掲1 本願商標(色彩は、原本参照。)

別掲2 本願の指定役務
第36類「銀行業務,預金の受入れ(債券の発行により代える場合を含む。)及び定期積金の受入れ,資金の貸付け及び手形の割引,内国為替取引,債務の保証及び手形の引受け,有価証券の貸付け,金銭債権の取得及び譲渡,有価証券・貴金属その他の物品の保護預かり,両替,金融先物取引の受託,金銭・有価証券・金銭債権・動産・土地若しくはその定着物又は地上権若しくは土地の賃借権の信託の引受け,債券の募集の受託,外国為替取引,信用状に関する業務,信用購入あっせん,暗号資産の管理,クレジットカード利用者に代わってする支払代金の清算,小切手の検証,財産の整理又は清算の代理(財務に限る。),債務の保証,資金の貸付け,信託の引受け,電子的な資金の振替,退職金の支払いの代行,手形交換,旅行者用小切手の発行,前払式支払手段の発行,ガス料金又は電気料金の徴収の代行,商品代金の徴収の代行,有価証券の売買,株式市況に関する情報の提供,投資,商品市場における先物取引の受託,保険の引受け,不動産業務,建物又は土地の鑑定評価,美術品の評価,骨董品の評価,宝玉の評価,中古自動車の評価,知的財産資産の財務評価,企業の信用に関する調査,慈善のための募金,準備基金業務,金融又は財務に関する情報の提供,財務管理」



(この書面において著作物の複製をしている場合の御注意) 本複製物は、著作権法の規定に基づき、特許庁が審査・審判等に係る手続に必要と認めた範囲で複製したものです。本複製物を他の目的で著作権者の許可なく複製等すると、著作権侵害となる可能性がありますので、取扱いには御注意ください。
審決日 2024-02-16 
出願番号 2022098825 
審決分類 T 1 8・ 18- WY (W36)
最終処分 01   成立
特許庁審判長 大島 康浩
特許庁審判官 阿曾 裕樹
須田 亮一
商標の称呼 トーキョーグッドアイランド、グッドアイランド、グッド、アイランド 
代理人 曾我 道治 
代理人 坂上 正明 
代理人 鈴木 昇 

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ