• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項6号 1号から5号以外のもの 取り消して登録 W32
管理番号 1398439 
総通号数 18 
発行国 JP 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2023-06-30 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2022-08-23 
確定日 2023-05-29 
事件の表示 商願2021− 93061拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 手続の経緯
本願は、令和3年7月27日の出願であって、その手続の経緯は以下のとおりである。
令和4年 1月25日付け:拒絶理由通知書
令和4年 4月22日 :意見書の提出
令和4年 5月17日付け:拒絶査定
令和4年 8月23日 :審判請求書の提出

2 本願商標
本願商標は、「もぐもぐ飲める」の文字を標準文字で表してなり、第32類「ビール,アルコール分を含まない飲料,清涼飲料,果実飲料,飲料用野菜ジュース,乳清飲料」を指定商品として登録出願されたものである。

3 原査定の拒絶の理由(要旨)
本願商標は、「もぐもぐ飲める」の文字を標準文字で表してなるところ、その構成中の「もぐもぐ」の文字については、「口を大きく開かずに物をかんだり物を言ったりするさま。もごもご」等の意味を有する語として使用され、また、「飲める」の文字については、「「飲む」の可能動詞から、飲む価値がある。」等の意味を有する語として広く使用されているものである。
そして、食品を取り扱う分野において、「もぐもぐ(モグモグ)飲める」、「もぐもぐ(モグモグ)飲む」の文字が前記の意味に通じる「果実等が入った食感のある飲料を飲む」ほどの意味合いで使用されている実情があることから、本願商標をその指定商品に使用した場合、その意味合いを看取した需要者は、それが「果実等が入った食感のある商品」であることを端的に表現した宣伝広告の一種と認識し理解するとみるのが相当であり、需要者が何人かの業務に係る商品であるかを認識することができないものといわざるを得ない。
したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第6号に該当する。

4 当審の判断
本願商標は、「もぐもぐ飲める」の文字を標準文字で表してなるところ、その構成中、「もぐもぐ」の文字は「口中に物が大量にあったり噛み切れなかったりして、いつまでも口を動かしているさま。」「口を十分に開けずにものを言うさま。」又は「おしつけられて下でうごめくさま。むぐむぐ。」(出典:「広辞苑 第七版」株式会社岩波書店)を意味する語であり、また、「飲める」の文字は「飲むことができる」ほどの意味合いの可能動詞として広く使用、理解されている語である。
そして、同「もぐもぐ」の文字が、本願の指定商品が飲食料品の分野のものであることを踏まえれば、上述のうち「口中に物が大量にあったり噛み切れなかったりして、いつまでも口を動かしているさま。」の意味で理解されるといい得るとしても、それと「飲める」の語とを結合した本願商標全体の意味合いは明りょうとはいい難いものである。
また、当審において職権をもって調査するも、本願の指定商品を取り扱う業界において、「もぐもぐ飲める」の文字やこれに類する文字が、原審説示のごとく、商品の宣伝広告として一般に使用されている事実は発見できず、そのほか、本願商標に接する需要者が、それを自他商品の識別標識としては認識し得ないというべき事情も発見できなかった。
そうすると、本願商標は、需要者が何人かの業務に係る商品であることを認識することができないものとはいえないものである。
したがって、本願商標が商標法第3条第1項第6号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、取消しを免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。

別掲

(この書面において著作物の複製をしている場合のご注意) 特許庁は、著作権法第42条第2項第1号(裁判手続等における複製)の規定により著作物の複製をしています。取扱いにあたっては、著作権侵害とならないよう十分にご注意ください。
審決日 2023-05-09 
出願番号 2021093061 
審決分類 T 1 8・ 16- WY (W32)
最終処分 01   成立
特許庁審判長 豊瀬 京太郎
特許庁審判官 板谷 玲子
白鳥 幹周
商標の称呼 モグモグノメル 
代理人 長谷川 芳樹 
代理人 森川 邦子 
代理人 黒川 朋也 

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ