• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 取り消して登録 W052932
管理番号 1397273 
総通号数 17 
発行国 JP 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2023-05-26 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2022-01-21 
確定日 2023-05-15 
事件の表示 商願2020−72237拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標及び手続の経緯
本願商標は、「脚力ミルク」の文字を標準文字で表してなり、第5類、第29類及び第32類に属する別掲に記載のとおりの商品(以下「原審商品」という。)を指定商品として、令和2年6月11日に登録出願されたものである。
本願は、令和3年6月21日付けで拒絶理由の通知がされ、同年7月30日に意見書が提出されたが、同年10月25日付けで拒絶査定がされ、これに対し、同4年1月21日付けで拒絶査定不服審判の請求がなされ、同年9月9日付け及び同年11月25日付け審尋に対し、同年12月22日付け手続補正書が提出され、本願の指定商品は、第5類「乳幼児用粉乳,乳児用調製液状乳,乳幼児用調合乳,乳幼児用代用乳」及び第29類「乳製品,アーモンドミルク」(以下「当審補正商品」という。)に補正された。

2 原査定の拒絶の理由の要旨
原査定は、本願商標は「脚力ミルク」の文字を標準文字で表してなるところ、構成中の「脚力」の文字は「歩いたり走ったりする足の力。」を意味する語、「ミルク」の文字は「牛乳。コンデンス‐ミルク(練乳)など加工乳の略。ミルク状のもの。」を意味する語として一般的に知られており、原審商品に関連する分野において、脚の筋力の維持向上など、脚力のための商品が広く生産、販売されている事実が見受けられることから、本願商標を原審商品に使用した場合、これに接する需要者は、「脚力のための乳製品又はミルク状の商品,脚力のための乳製品又はミルク状のものを含有してなる商品」であると認識するにとどまり、本願商標は、単に商品の品質を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標であり、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当し、前記商品以外の商品に使用するときは、商品の品質について誤認を生じさせるおそれがあるため、同法第4条第1項第16号に該当する旨、認定、判断して本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、「脚力ミルク」の文字を標準文字で表してなるものである。
本願商標の構成中の「脚力」の文字は「歩いたり走ったりする足の力。」の意味を有し、「ミルク」の文字は「乳。特に、牛乳。練乳・粉乳などの、牛乳の加工品。」の意味を有する語(いずれも「大辞泉 第2版」株式会社小学館)であるところ、「脚力ミルク」の文字は、一般の辞書等に載録はなく、また、新聞記事等により、何らかの意味合いを生じる語として記載されている語とも認められず、構成文字全体として特定の意味を有する成語となるものでもない。
そして、「脚力ミルク」の文字からなる本願商標は、「脚力維持ミルク」や「脚力向上ミルク」のように、「脚力の維持」や「脚力の向上」のような目的を表記しているものではないため、意味合いも漠然としており、特定の商品の品質表示としては具体性を欠くものであるから、当審補正商品との関係において、これに接する取引者、需要者をして、原審説示の意味合いを理解させるとはいえず、むしろ、特定の意味合いを認識させることのない、一種の造語として認識し、把握するものと判断するのが相当である。
さらに、当審において職権をもって調査するも、当審補正商品を取り扱う業界において、「脚力ミルク」の文字が、特定の商品の品質等を直接的又は具体的に表示するものとして取引上一般に使用されている事実は発見できず、さらに、本願商標に接する取引者、需要者が、当該文字を商品の品質等を表示したものと認識するというべき事情も発見できなかった。
そうすると、本願商標は、当審補正商品との関係において、商品の品質等を表示するものとはいえず、自他商品を識別する機能を果たし得るものである。
そして、本願の指定商品は、当審補正商品に補正された結果、本願商標をその指定商品に使用しても商品の品質について誤認を生ずるおそれはなくなった。
したがって、本願商標が商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、取消しを免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲

別掲(原審商品)
第5類「乳幼児用粉乳,乳児用調製液状乳,乳幼児用調合乳,乳幼児用代用乳,サプリメント,食餌療法用飲料,食餌療法用食品,乳幼児用飲料,乳幼児用食品」
第29類「菓子(果物・野菜・豆類又はナッツを主原料とするものに限る。),食用油脂,乳製品,食肉,卵,食用魚介類(生きているものを除く。),冷凍野菜,冷凍果実,肉製品,加工水産物,加工野菜及び加工果実,油揚げ,凍り豆腐,こんにゃく,豆乳,豆腐,納豆,加工卵,カレー・シチュー又はスープのもと,お茶漬けのり,ふりかけ,なめ物,豆,食用たんぱく,アーモンドミルク,アーモンドミルクを主原料とする飲料」
第32類「スムージー,清涼飲料,果実飲料,飲料用野菜ジュース,乳清飲料」


(この書面において著作物の複製をしている場合のご注意) 特許庁は、著作権法第42条第2項第1号(裁判手続等における複製)の規定により著作物の複製をしています。取扱いにあたっては、著作権侵害とならないよう十分にご注意ください。
審決日 2023-04-18 
出願番号 2020072237 
審決分類 T 1 8・ 13- WY (W052932)
最終処分 01   成立
特許庁審判長 豊田 純一
特許庁審判官 小田 昌子
岩谷 禎枝
商標の称呼 キャクリョクミルク、キャクリョク 
代理人 浜田 廣士 
代理人 長谷川 芳樹 
代理人 黒川 朋也 

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ