• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 登録しない W43
管理番号 1386268 
総通号数
発行国 JP 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2022-07-29 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2021-08-04 
確定日 2022-06-09 
事件の表示 商願2019−81322拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 1 本願商標及び手続の経緯
本願商標は、「HIGHBALL STAND」の文字を標準文字で表してなり、第43類「飲食物の提供,アルコール飲料を主とする飲食物の提供」を指定役務として、令和元年6月7日に登録出願されたものである。
本願は、令和2年4月8日付け及び同年9月18日付けで拒絶理由の通知がされ、それぞれ同年5月22日及び同年10月27日に意見書が提出されたが、同3年4月27日付けで拒絶査定がされ、これに対して同年8月4日に拒絶査定不服審判の請求がなされたものである。

2 原査定の拒絶の理由(要旨)
原査定は、「本願商標は「HIGHBALL STAND」の文字を標準文字で書してなるところ、その構成中「STAND」の文字について、近時、立ち飲み形式に限らず、提供するアルコール飲料を冠した「○○スタンド」「○○STAND」と称する店舗の存在が広く見受けられるものであるから、本願商標は全体として「ハイボールを提供する店」程の意味合いを容易に認識させるというのが相当である。してみれば、本願商標をその指定役務に使用しても、これに接する需要者・取引者は、これを自他役務の識別標識として認識するというよりは、「ハイボールを提供する店における飲食物の提供,ハイボールを提供する店におけるアルコール飲料を主とする飲食物の提供」であることを表示したものと理解し、把握するに止まるので、単に役務の質を普通に用いられる方法で表示するものと判断せざるを得ない。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審においてした証拠調べ通知
当審において、本願商標が商標法第3条第1項第3号に該当するか否かについて、職権に基づく証拠調べを実施した結果、別掲1に示したとおりの事実を発見したので、同法第56条第1項で準用する特許法第150条第5項の規定に基づき、請求人に対して、証拠調べの結果を通知した。

4 証拠調べに対する意見
請求人は、前記3の証拠調べ通知に対して、要旨以下のように述べた。
(1)過去の審判例で示されている判断基準を考慮すると、「〇〇スタンド」や「〇〇STAND」といった「漠然とした名称」の使用事実に着目するのではなく、「HIGHBALL STAND」といった具体的な名称に着目した上で、商標法第3条第1項第3号に該当するか否かを検討すべきであり、同号の適用にあたって、本願商標「HIGHBALL STAND」が、役務の質を表すものとして必ず使用されるものであるとか、現実に使用されている等の事実は、要求されて然るべきである。
(2)過去の審判例における判断を参酌すると、自他役務の識別標識としての機能を発揮するか否かの判断に影響を与える使用例としては、「同時に使用されている使用例」であると解せる。これを本願商標にあてはめると、単に「ウェブサイト内で「HIGHBALL(ハイボール)」と「STAND(スタンド)」の文字が、バラバラで普通に使用されている例」は参酌すべきではなく、「「HIGHBALL」と「STAND」の文字が結合された使用例」や「「ハイボール」と「スタンド」の文字が結合された使用例」に限って参酌すべきである。証拠調べ通知で示された、1.の事例については、いずれもこれに該当せず、本願商標が一般的に広く使用されたものであるか否かということについて、大きな影響を及ぼすものではなく、本願商標の商標登録の適否を判断する基準とするのは適切ではない。
(3)過去の審判例で示されている判断基準を考慮すると、特定の用語が一般的に広く使用されたものであるか否かの一応の基準としては、当該指定商品役務における需要者が普段接すると思われる情報媒体において、少なくとも10件程度、あるいはそれを超える掲載件数が必要なものであると解せる。そうとすると、証拠調べ通知で示された、3.の事例が存在したとしても、一般的に広く使用されたものであるということは到底いえない。
(4)証拠調べ通知で示された、1.に基づいて、本願商標の識別力が否定されるのであれば、審判請求書で例示した登録例の存在の理由が全く以て不明であり、明らかに論理矛盾を生じている、若しくは、対象によって適用する基準を変更するダブルスタンダードと言わざるを得ず、著しく公平性の観点に欠ける。
(5)証拠調べ通知で示された、2.における「専門店」「酒場」「バー(Bar)」という語は、広辞苑で1番目か2番目に掲載されている意味であり、ハイボールを含めたアルコールを提供する店において、一般的に使用されるものである。これに対して、「STAND」の語は、以下のような複数の意味を有し、原審で指摘の「立ったまま飲食する店」の意味は、広辞苑で6番目に掲載されている意味である。そうとすると、ハイボールを含めたアルコールを提供する店において、「STAND」や「スタンド」の語は、「専門店」「酒場」「バー(Bar)」の語と比較すると、それほど一般的に使用されているとは言えないと考えるのが自然である。

5 当審の判断
(1)商標法第3条第1項第3号該当性について
本願商標は、上記1のとおり、「HIGHBALL STAND」の文字を標準文字で表してなるところ、その構成中「HIGHBALL」の文字は、「ハイボール:ウイスキーをソーダ、ジンジャーエールなどで割った飲み物。」の意味を有し、「STAND」の文字は、「屋台、売店、売場」等の意味を有するものであり(出典:ランダムハウス英和大辞典第2版)、いずれも我が国において親しまれた英単語であるから、その文字全体からは、容易に「ハイボールを提供するスタンド」程度の意味合いを理解させるものである。
また、当審における証拠調べ通知1.(別掲1)のとおり、「○○STAND(スタンド)」と称する店において、ハイボールが普通に提供されている実情が認められ、同2.(別掲1)のとおり、近年、ハイボールを専門に提供する店も珍しくなく、さらに、同3.(別掲1)及び原審が示した事例(別掲2)のとおり、ハイボールを提供する店を、「HIGHBALL STAND」または「ハイボールスタンド」と称している事例も存在することが認められる。
以上を踏まえると、本願指定役務との関係において、本願商標に接する取引者、需要者が、本願商標から「ハイボールを提供するスタンド」程度の意味合いを理解、認識するものと判断するのが相当である。
したがって、「ハイボールを提供するスタンド」程度の意味合いを想起させる本願商標を、その指定役務に使用するときは、「ハイボールを提供するスタンドにおける飲食物の提供,ハイボールを提供するスタンドにおけるアルコール飲料を主とする飲食物の提供」を理解、認識するにすぎず、本願商標は、単に役務の提供場所、質(内容)を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標であるから、商標法第3条第1項第3号に該当する。
(2)請求人の主張について
ア 請求人は、過去の審判例で示されている判断基準を考慮すると、「〇〇スタンド」や「〇〇STAND」といった「漠然とした名称」の使用事実に着目するのではなく、「HIGHBALL STAND」といった具体的な名称に着目した上で、商標法第3条第1項第3号に該当するか否かを検討すべきであり、同号の適用にあたって、本願商標「HIGHBALL STAND」が、役務の質を表すものとして必ず使用されるものであるとか、現実に使用されている等の事実は、要求されて然るべきである旨主張する。
しかしながら、商標法第3条第1項第3号は、取引者、需要者に指定商品の品質等を示すものとして認識され得る表示態様の商標につき、それ故に登録を受けることができないとしたものであって、該表示態様が、商品の品質を表すものとして必ず使用されるものであるとか、現実に使用されている等の事実は、同号の適用において必ずしも要求されないものと解すべきである(平成12(行ケ)76 平成12年9月4日 東京高等裁判所)。また、過去の審決との比較ではなく、本審決時における、本願商標の構成態様及び取引実情といった個別具体的な事情を総合的に勘案した結果、本願商標が役務の提供場所、質(内容)を表すものとして認識され得ることは前記(1)のとおりであるから、本願商標が、役務の質を表すものとして必ず使用されるものであるとか、現実に使用されている等の事実は、要求されて然るべきとはいえないばかりか、本件については、ハイボールを提供する店を、「HIGHBALL STAND」または「ハイボールスタンド」と称している事例も存在するものである。
イ 請求人は、過去の審判例における判断を参酌すると、自他役務の識別標識としての機能を発揮するか否かの判断に影響を与える使用例としては、「同時に使用されている使用例」であると解せる旨、また、証拠調べ通知で示された、1.の事例については、いずれも「「HIGHBALL」と「STAND」の文字が結合された使用例」や「「ハイボール」と「スタンド」の文字が結合された使用例」には該当せず、本願商標が一般的に広く使用されたものであるか否かということについて、大きな影響を及ぼすものではなく、本願商標の商標登録の適否を判断する基準とするのは適切ではない旨主張する。
しかしながら、証拠調べ通知1.で示したのは、本願商標の構成文字の使用例ではなく、「○○STAND(スタンド)」と称する店において、ハイボールが提供されているという取引実情であるから、請求人の主張はその前提において誤りがある。
ウ 請求人は、過去の審判例で示されている判断基準を考慮すると、特定の用語が一般的に広く使用されたものであるか否かの一応の基準としては、当該指定商品役務における需要者が普段接すると思われる情報媒体において、少なくとも10件程度、あるいはそれを超える掲載件数が必要なものであると解せるから、証拠調べ通知で示された、3.の事例が存在したとしても、一般的に広く使用されたものであるということは到底いえない旨主張する。
しかしながら、そもそも本願商標の構成文字が一般的に広く使用されたものであるか否かを判断しているのではなく、本願商標が本願指定役務との関係において、取引者、需要者をして役務の提供場所、質(内容)を認識させるか否かを判断しているところ、何件の使用例をもって取引者、需要者の認識を推し量るかについては、当該商標を構成する各文字の語義、性質、態様、商品・役務との関係、需要者層、社会背景、取引実情等の他の要素によって変化するものであるから、過去の審決における使用例の定量的な分析結果を、必ずしもすべての事案に適用できないことは明らかである。
エ 請求人は、証拠調べ通知で示された、1.に基づいて、本願商標の識別力が否定されるのであれば、審判請求書で例示した登録例の存在の理由が全くもって不明であり、明らかに論理矛盾を生じている、若しくは、対象によって適用する基準を変更するダブルスタンダードと言わざるを得ず、著しく公平性の観点に欠ける旨主張する。
しかしながら、商標登録の可否は、商標の構成、指定役務、取引の実情等を踏まえて、具体的な実情に基づき商標ごとに個別に判断すべきものであるから、請求人が指摘するような他の商標登録事例があるからといって、論理矛盾やダブルスタンダードであるということにはならないし、本願商標が本願指定役務について役務の提供場所、質(内容)を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標であることを否定する理由にはならない。
オ 請求人は、証拠調べ通知で示された、2.における「専門店」「酒場」「バー(Bar)」という語は、広辞苑で1番目か2番目に掲載されている意味であり、ハイボールを含めたアルコールを提供する店において、一般的に使用されるものであるが、「STAND」の語は、複数の意味を有し、原審で指摘の「立ったまま飲食する店」の意味は、広辞苑で6番目に掲載されている意味であるから、ハイボールを含めたアルコールを提供する店において、「STAND」や「スタンド」の語は、「専門店」「酒場」「バー(Bar)」の語と比較すると、それほど一般的に使用されているとはいえないと考えるのが自然である旨主張する。
しかしながら、取引者、需要者が、本願商標の構成における「STAND」の語をどのように認識するかは、広辞苑において何番目に記載されているかによって推し量るものではない上、請求人が、審判請求書[3]において、126件もの飲食物を提供する「○○STAND(スタンド)」の事例を提示しているとおり、本願指定役務の分野において、一般的に使用されていないともいえない。
カ したがって、請求人の上記主張は、いずれも採用できない。
(3)まとめ
以上のとおり、本願商標は、その指定役務に使用するときは、商標法第3条第1項第3号に該当する。
よって、結論のとおり審決する。

別掲
別掲1 当審においてした証拠調べ通知
1.「○○STAND(スタンド)」と称する店において、ハイボールが提供されている事例。
(1)「食べログ」のウェブサイトにおいて、「アルコールスタンド(Alcohol Stand)」の店名の下、「ドリンクメニュー」に「ハイボール うまソーダ 400円」の記載がある。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140301/14067404/dtlmenu/drink/

(2)「食べログ」のウェブサイトにおいて、「WINESTAND神田」の店名の下、「ドリンクメニュー」に「角ハイボール 450円」の記載がある。
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13251111/dtlmenu/drink/

(3)「食べログ」のウェブサイトにおいて、「酎ハイスタンド 練屋」の店名の下、「ドリンクメニュー」に「ハイボール 500円」の記載がある。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13218276/dtlmenu/drink/

(4)「食べログ」のウェブサイトにおいて、「道頓堀麦酒スタンド」の店名の下、「ドリンクメニュー」に「ハイボール ブラックニッカハイボール 330円」の記載がある。
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27111824/dtlmenu/drink/

(5)「ぐるなび」のウェブサイトにおいて、「CHARCOAL STAND NOGE(チャコールスタンド ノゲ)」の店名の下、メニューに「ジムビームハイボール 440円/角ハイボール 490円/【すぺしゃるどりんく】自家製ジンジャーハイボール 自家製ジンジャーエール使用!!程良い辛さがクセになります。 540円/コーラハイボール 540円/オレンジハイボール 540円/チャイナハイボール 540円/白州森香るハイボール 690円/山崎プレミアムハイボール 690円/メガジムビールハイボール 780円/メガ角ハイボール 980円/【チャコスタオリジナル】虹の味するハイボール チャコハイ 獺祭焼酎ハイボール 590円」の記載がある。
https://r.gnavi.co.jp/kv0s6n5u0000/drink/

(6)「ぐるなび」のウェブサイトにおいて、「BEEF KITCHEN STAND(ビーフキッチンスタンド) 新宿歌舞伎町店」の店名の下、「トピックス」に「【ドリンク】ハイボールやイエガーマイスターなど豊富なメニュー」の記載がある。
https://r.gnavi.co.jp/k7rn60xd0000/

(7)「ぐるなび」のウェブサイトにおいて、「大衆酒肴 スタンドさかば。」の店名の下、メニューに「”どん安”ビームハイボール」の記載がある。
https://r.gnavi.co.jp/f683snwp0000/menu2/

(8)「ぐるなび」のウェブサイトにおいて、「十番スタンド」の店名の下、メニューに「ジムビームハイボール」の記載がある。
https://r.gnavi.co.jp/a023701/menu9/

2.ハイボールを専門に提供する店の事例。
(1)新橋ハイボール専門店 KOKORO
https://peraichi.com/landing_pages/view/diningbar-kokoro

(2)国産ハイボール酒場 八一堂
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260601/26034776/

(3)銀だこハイボール酒場
https://alwayssaisei.co.jp/hb/

(4)ハイボール専門店「Jamboree(ジャンボリー)」
https://tanosu.com/gourmet/41081/

(5)ハイボールバー 東京駅 1923
https://www.dynac-japan.com/shop/highballbar/tokyo_station/

3.原審で示した事例のほか、「HIGHBALL STAND」または「ハイボールスタンド」と称している店の事例。
(1)「食べログ」のウェブサイトにおいて、「ハイボールスタンド西本町」との店名の記載がある。
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27044105/dtlmenu/photo/

(2)「食べログ」のウェブサイトにおいて、「ハイボールスタンド(HIGHBALL STAND)」との店名の記載がある。
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40052765/

(3)「阪急うめだ本店」のウェブサイトにおいて、「うめだ阪急ビアガーデングッドハイボールスタンド開催中!」の見出しの下、「また、いろいろなイベントが催されているのですが、6月13日(水)から6月19日(火)までは“グッドハイボール スタンド”を実施しています/この期間は特別に、アメリカ・テネシー州の“ジャックダニエル”のウィスキーを使ったカクテルをお楽しみいただけます/100年以上、製法を変えないこだわりのテネシーウィスキーの『ジャックダニエルブラック』。/バニラ、キャラメルなどの良い香りとまろやかな味わいが特徴で、ハイボールにして楽しむのがおすすめ。」の記載がある。
https://www.hankyu-dept.co.jp/hkblog/restaurant/RestaurantShop1/00650661/?catCode=301010&subCode=302031

(4)「久留米の地域情報ノーマジーンオンライン」のウェブサイトにおいて、「Highball stand(ハイボール・スタンド)」の店名の下、「気軽にウイスキーが楽しめる[ハイボール・スタンド]が、西鉄久留米駅より徒歩3分の場所にオープン!ハイボールはもちろん、クラフトビール・焼酎・カクテル・ソフトドリンクなども豊富に用意されている。」の記載がある。
https://www.njonline.jp/gourmet/kurume/izakaya/2244

(5)「Retty」のウェブサイトにおいて、「ハイボールスタンド HIGHBALL STAND 」との店名の記載がある。
https://retty.me/area/PRE40/ARE127/SUB12701/100001531573/

(6)「GetNavi web」のウェブサイトにおいて、「新感覚の“クラフト”なハイボールとは?」の見出しの下、「多くの人気飲食店がひしめき合う銀座コリドー街に、『Maker’s Mark CRAFT HIGHBALL STAND(メーカーズマーク クラフト ハイボール スタンド)』というお店が7月18日にオープンしました。こちらは、華やかな香りとおしゃれなデザインで、お酒好きにもファンの多いバーボンウイスキー『メーカーズマーク』のコンセプト店。その味わいを活かしつつ、もうひと手間プラスして作られた、ハンドメイドなハイボールを楽しめます。」の記載がある。
https://getnavi.jp/cuisine/167685/

別掲2 原審において示した事例
令和2年4月8日付け拒絶理由通知において示した事例
(1)「世界のハイボール専門店 The Highball stand」のウェブサイト
「WORLD WHISKY」の見出しの下、「『ウイスキーを愉しむ』をコンセプトにハイボールスタンドは誕生しました。世界のウイスキー100種類を低価格でご用意しています。その中でもハイボールは一番飲みやすく、お客様の好みの味わいで愉しむことができます。また毎月、有名なウイスキーが入荷!レアなウイスキーから、高級ウイスキーまで豊富にご用意しておりますので、ぜひ、ウイスキーを愉しんでください。」との記載があります。
http://highball-stand.com/

(2)「ハイボールスタンド248」のウェブサイト
「【NEW OPEN】8月8日にオープンしたハイバール専門店『ハイボールスタンド248』0次会ならこちらがオススメ!専用機で飲む超炭酸ハイボールは格別!全く新しい角打ちスタイル」との記載及び「黒崎駅からすぐ!!早い時間から空いているので、飲み会前のウォーミングアップには最適。立ち飲み屋として営業してますが、居心地の良さから長居する方もいます...。」との記載があります。
https://kurosakihighballstand248.gorp.jp/

(3)「Maker’s Mark CRAFT HIGHBALL STAND」のウェブサイト
「Maker's Markをもっと気軽に」の見出しの下、「Maker's Mark CRAFT HIGHBALL STANDでは、Maker's Mark の特徴である『華やかな香り』と『まろやかな味わい』をいっそう引き立てる様々な種類のハイボールをご用意しております。」との記載があります。
https://www.mm-highball.com/

(4)「食べログ」のウェブサイト
「名駅ハイボールスタンド (HIGHBALL STAND)」との記載があります。
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23072249/

(5)「食べログ」のウェブサイト
「HIGHBALL STAND 岐阜横丁店 (ハイボールスタンド)」との記載があります。
https://tabelog.com/gifu/A2101/A210101/21018540/

令和2年9月18日付け拒絶理由通知において示した事例
(6)「日本ビアジャーナリスト協会」のウェブサイト
「【ビールスタンド重富】ビール注ぎ名人が教える、本当においしいビールを届けるための“唯一の道”!イベント情報もあるよ」の見出しの下、「広島市にある『ビールスタンド重富』は、三代続く酒屋『重富酒店』に併設された角打ち形式の小さなビールスタンドだ。」との記載があります。
https://www.jbja.jp/archives/25931(2020年9月18日最終閲覧)

(7)「大森山王ブルワリー」のウェブサイト
「大森山王ブルワリー ビールスタンド『Hi-Time』OPENしました!」との記載があります。
https://sunno808.com/news/%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E5%B1%B1%E7%8E%8B%E3%83%96%
E3%83%AB%E3%83%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%80%80%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB%
E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%80%8Chi-time%E3%80%8Dopen%E3%81%9
7%E3%81%BE/(2020年9月18日最終閲覧)

(8)「Wine Stand Basil | ワインスタンド・バジル」のウェブサイト
「仕事帰りに乾杯!!みなとみらいの夜景を見ながら乾杯!そんな気軽に立ち寄れるワインバー。」との記載があります。
https://basil-group.jp/winestand/(2020年9月18日最終閲覧)

(9)「まいぷれ[千葉市中央区]」のウェブサイト
「ワインスタンド アクセラ」の見出しの下、「1人飲みにも♪ 気軽に立ち寄れる、千葉のカジュアルワインバー」との記載があります。
https://chuo-chiba.mypl.net/shop/00000355143/(2020年9月18日最終閲覧)

(10)「食べログ」のウェブサイト
「Whisky STAND (ウイスキー スタンド、WHISKYSTAND、whiskystand」との記載があります。
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13225451/(2020年9月18日最終閲覧)

(11)「食べログ」のウェブサイト
「ウイスキースタンド 麦」との記載があります。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140205/14077247/(2020年9月18日最終閲覧)

(行政事件訴訟法第46条に基づく教示) この審決に対する訴えは、この審決の謄本の送達があった日から30日(附加期間がある場合は、その日数を附加します。)以内に、特許庁長官を被告として、提起することができます。 (この書面において著作物の複製をしている場合のご注意) 特許庁は、著作権法第42条第2項第1号(裁判手続等における複製)の規定により著作物の複製をしています。取扱いにあたっては、著作権侵害とならないよう十分にご注意ください。
審理終結日 2022-03-23 
結審通知日 2022-04-05 
審決日 2022-04-19 
出願番号 2019081322 
審決分類 T 1 8・ 13- Z (W43)
最終処分 02   不成立
特許庁審判長 齋藤 貴博
特許庁審判官 馬場 秀敏
綾 郁奈子
商標の称呼 ハイボールスタンド 
代理人 有吉 修一朗 
代理人 森田 靖之 
代理人 遠藤 聡子 
代理人 筒井 宣圭 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ