• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 登録しない W3943
審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 登録しない W3943
管理番号 1375161 
審判番号 不服2020-4607 
総通号数 259 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2021-07-30 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2020-04-06 
確定日 2021-06-10 
事件の表示 商願2019- 66018拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は,成り立たない。
理由 1 本願商標
本願商標は,「もんじゃ屋形船」の文字を標準文字で表してなり,第39類「船舶による輸送,企画旅行の実施,旅行者の案内,旅行に関する契約(宿泊に関するものを除く。)の代理・媒介又は取次ぎ,観光ツアーの企画及び実施,主催旅行の実施における旅行者に対する送迎サービスの提供,船舶の貸与・売買又は運航の委託の媒介,船舶の貸与」及び第43類「飲食物の提供」を指定役務とし,平成28年7月20日に登録出願された商願2016-77831に係る商標法第10条第1項の規定による商標登録出願として,令和元年5月8日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
原査定は,「本願商標の構成中,『もんじゃ』の文字は,『もんじゃ焼き』の料理名を表すものであり,『屋形船』の文字は,『屋形を設けた船』の意味を有する語であるから,本願商標全体からは,『もんじゃ焼きを提供する屋形を設けた船』の意味合いを想起させるものであり,また,新聞記事及びインターネット記事情報によれば,船舶による輸送や飲食物の提供を取り扱う業界において,『屋形船にてもんじゃ焼きを提供する役務』が提供されており,当該役務を『もんじゃ屋形船』や『もんじゃ&屋形船』と称している実情があるため,本願商標をその指定役務に使用しても,これに接する取引者,需要者は,当該役務が『屋形船にてもんじゃ焼きを提供する役務』であると認識し,理解するにとどまるものであるから,本願商標は,単に,役務の質を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標である。したがって,本願商標は,商標法第3条第1項第3号に該当し,上記意味合いに相応する役務以外の役務に使用するときは役務の質の誤認を生ずるおそれがあるから,商標法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定,判断し,本願を拒絶したものである。

3 当審における証拠調べ通知
当審において,本願商標が商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当することについて,職権に基づく証拠調べをした結果,別掲に示す事実を発見したので,同法第56条第1項で準用する特許法第150条第5項の規定に基づき,請求人に対して,令和2年12月23日付け証拠調べ通知書によって通知し,期間を指定して,これに対する意見を求めた。

4 証拠調べ通知に対する請求人の意見
請求人は,上記3の証拠調べ通知に対し,指定した期間内に何ら意見を述べていない。

5 当審の判断
(1)商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号の該当性について
本願商標は,「もんじゃ屋形船」の文字を標準文字で表してなるところ,その構成中の「もんじゃ」の文字は,「もんじゃ焼き」の略称として用いられるものであり,このことは別掲に示す事実からも明らかであり,また,構成中の「屋形船」の文字は,「屋形を設けた船」を意味する語(広辞苑第七版)である。そして,別掲2に示すとおり,もんじゃ焼きが屋形船における料理として提供されている事実があると共に,別掲1に示すとおり,もんじゃ焼きを提供する屋形船が,もんじゃ焼きを主力の提供サービスの一つとして前面に掲げ,また,その中には,もんじゃ焼きを提供する屋形船を「もんじゃ屋形船」,「もんじゃ船」等と称し,又は認識されている実情がある。
そうすると,本願商標は,全体として,「もんじゃ焼きを提供する屋形船」ほどの意味合いを理解させるものである。そして,本願商標を,その指定役務に使用をしても,これに接する取引者,需要者は,当該役務が「屋形船にてもんじゃ焼きを提供する役務」であること,すなわち,本願商標が役務の質を表したものと認識するにとどまり,自他役務の識別標識としては認識し得ないものというべきである。また,本願商標を上記内容の役務以外の指定役務に使用をするときは,役務の質の誤認を生ずるおそれがあるものというのが相当である。
したがって,本願商標は,商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当する。
(2)請求人の主張について
ア 請求人は,多くの屋形船において,天ぷらや刺身等の伝統的な和食を提供しており,もんじゃ焼きを提供している屋形船は極めて稀である旨主張する。
しかしながら,別掲1のとおり,もんじゃ焼きを主力の料理として提供する事業者が複数存在すると共に,別掲2のとおり,もんじゃ焼きが刺身や天ぷらやすし等と並び,屋形船で提供される料理の一つとして紹介されている事実がある。また,別掲2(2)に記載のアンケートにおいて,「品川で屋形船に乗るなら?」との質問に対し,「もんじゃ専用屋形船」と回答する者も一定数ある。さらに,別掲3のとおり,屋形船で提供される料理の種類は,刺身や天ぷら等の伝統的な和食以外に,洋食,バーベキュー,和洋折衷,フレンチ等多様にある。してみれば,もんじゃ焼きは,屋形船で提供される料理として稀とはいい難いどころか,むしろ一定程度認知されているものであるというべきである。
イ 請求人は,本願商標中の「もんじゃ」部分が「もんじゃ焼き」の略称であるとしても,「もんじゃ」の語と「屋形船」の語を組み合わせることに本願商標の特徴があり,本願商標は全体として自他役務等識別機能を発揮し,一種の造語として認識される旨,主張する。
しかしながら,別掲に示すとおり,屋形船におけるもんじゃ焼きの提供が,屋形船を運営する業界で珍しいものではないこと,また同業界においても,もんじゃ焼きを単に「もんじゃ」と略称していること,さらに,もんじゃ焼きを提供する屋形船を「もんじゃ屋形船」,「もんじゃ船」等と称し,又は認識されている事業者が複数あることからすれば,本願商標は,もんじゃ焼きの略称である「もんじゃ」と「屋形船」とを結合し,「もんじゃ焼きを提供する屋形船」であることを表したものであることを容易に理解することができるものであり,特定の事業者の業務を表す自他識別標識又は請求人の造語としては認識し難いものというべきである。
ウ 請求人は,インターネットの主要検索エンジンで,「もんじゃ屋形船」と検索すると,トップに表示されるのは,請求人のグループ会社である「江戸前汽船株式会社」(以下,「江戸前汽船」という。)のものであり,江戸前汽船は,その知名度・事業規模・歴史など,他の事業者を圧倒する旨主張する。
しかしながら,屋形船でもんじゃ焼きを提供する事業を行う事業者等(以下,「事業者等」という。)は,請求人又は江戸前汽船以外にも存在し,中には2000年以前に事業を行っていたとする記録もあり,また,これら事業者等の中には,もんじゃ焼きを提供する屋形船を「もんじゃ屋形船」,「もんじゃ船」等と称しているものもある。
さらに,別掲1に示すとおり,請求人又は江戸前汽船以外の事業者等が,複数の主要な飲食店情報等のウェブサイトに掲載されていることに加え,新聞やテレビ番組でも取り上げられる機会があり,また,テレビ番組で取り上げられたことがさらにインターネット情報で取り上げられていることも確認できる。
加えて,別掲に示すとおり,もんじゃ焼きを提供する屋形船に関する情報のウェブサイトのみならず,屋形船全般におけるランキング等の特集記事に係るウェブサイトや,地域の観光スポットに関する特集記事に係るウェブサイトにおいても,請求人又は江戸前汽船以外の事業者等が取り上げられている事実がある。
そうすると,現在,インターネット検索の結果,江戸前汽船が上位に表示されるとしても,そのことをもって本願商標が自他役務の識別標識として機能するとみるのは妥当ではなく,他の事業者等による屋形船におけるもんじゃ焼きの提供又は「もんじゃ屋形船」等の名称の使用として,取引者,需要者の注目を集める機会は十分にあったとみるべきであるから,「もんじゃ屋形船」の文字が,請求人のみの事業を表す識別標識として認識されるということはできない。
エ 請求人は,過去の商標登録例を挙げ,本願商標も登録すべき旨主張する。
しかしながら,登録出願に係る商標が商標法第3条第1項第3号に該当するものであるか否かの判断は,当該商標登録出願の査定時又は審決時において,当該商標の構成態様と指定役務の取引の実情等に基づいて,個別具体的に判断されるべきものであるから,請求人の挙げた商標登録例があることが,本件の判断を左右するものではない。
オ したがって,請求人の主張は,いずれも採用することができない。
(3)まとめ
以上のとおり,本願商標は,商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するから,これを登録することはできない。
よって,結論のとおり審決する。


別掲
別掲(証拠調べ通知書において示した事実)
1 もんじゃ焼きを提供する屋形船に関する新聞記事情報及びインターネット情報について(下線は合議体による。以下,同じ。)
(1)1999年9月6日付け東京新聞朝刊21頁には,「東京善意銀行 預託者 8月28日?9月3日」の見出しの下,「【招待預託】▽『もんじゃ屋形船』招待一九四名 月島もんじゃ協会(中央)」の記載がある。
(2)2000年5月13日付け日本経済新聞夕刊3頁には,「もんじゃ船,台場名物に名乗り(ing)」の見出しの下,「東京・台場。臨海副都心のビルのネオンを間近に見上げる船の上で、手にするのはワイングラスならぬ銀色のコテ。鉄板の上では熱々のもんじゃ焼きが食べごろだ。東京湾を遊覧し、もんじゃ焼きが食べ放題という一風変わった屋形船が話題になっている。東京・中央区の月島桟橋を出発、台場沖に停泊して一時間半弱、レインボーブリッジやパレットタウンの観覧車など台場の名物が一望できる。勤務先のテニス仲間と盛り上がっていた会社員は『夜景がすごい。もんじゃ焼きは初めて食べるが悪くない』と満足げだ。二?五十人で利用でき、料金は一人四千九百円。もんじゃ焼き、お好み焼きの食べ放題とアルコール類などの飲み放題が付く。仕事仲間と来た設計事務所の社員は『普通の屋形船が七千?八千円なので、得な気分』という。船を運航する月島もんじゃ協会(東京・中央)は年中無休、一日最大四便運航することで五千円以下の料金を実現した。」の記載がある。
(3)2008年9月16日付け日刊建設工業新聞3頁には,「気になるこの会社/中川船舶/もんじゃ振る舞う屋形船、低価格サービスで顧客獲得」の見出しの下,「河川工事などを手掛ける中川船舶(東京都中央区、(略))が今年1月にスタートした屋形船事業が好調だ。船内で、地元・月島の名物『もんじゃ』を提供するサービスは、食べ放題・飲み放題で5000円というリーズナブルな価格を設定。これが若者や女性などの新たな需要を呼び込み、月平均で2000人の顧客を獲得しているという。(略)屋形船で一般的なお刺し身や天ぷらなどを出す替わりに、もんじゃならば、原材料費も安く済むので低価格を実現できる。同社は『月島もんじゃ振興会』の賛助会員となり、その道の『プロ』に作り方や味付けの方法を教えてもらいながら、開業の準備を重ねた。事業は、子会社の清海が担当することにした。」の記載がある。
(4)2007年9月12日付け建設通信新聞10頁には,「国交省選定モデル構築支援事業103者」の見出しの下,「国土交通省が選定した各モデル構築支援事業の103者と事業テーマは次のとおり。〈建設業の新分野進出モデル構築支援事業〉(略)▽中川船舶(同)=屋形船ともんじゃ焼・地元資源を活かした名物サービス業の営業展開」の記載がある。
(5)「じゃらん」のウェブサイトにおいて,「屋形船西野屋/もんじゃ船武蔵丸」の見出しの下,「屋形船西野屋/もんじゃ船武蔵丸について/船宿 西野屋では【天麩羅船 西野屋丸】と【江戸もんじゃ 屋形船 武蔵丸】の2隻の船をご用意致しております。昔ながらの天麩羅船では旬の食材を使用したお料理が、もんじゃ船では通常(もんじゃ)コースと焼肉コースの2つから選べて、リーズナブルなのにとにかくボリュームがすごい!食べきれずに残してしまう方も多数いらっしゃいます!」の記載がある。
https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000181787/?screenId=OUW2212(令和3年4月14日最終閲覧)
(6)「食べログ」のウェブサイトにおいて,「屋形船もんじゃ 武蔵丸」の見出しの下,「店名」欄には「屋形船もんじゃ 武蔵丸」の記載が,「ジャンル」欄には「屋形船・クルージング、もんじゃ焼き、お好み焼き」の記載がある。
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131305/13172838/(令和3年4月14日最終閲覧)
(7)「ビギナーズ」のウェブサイトにおいて,「東京でおすすめの屋形船4選!ランチ、ディナー別に厳選してご紹介」の見出しの下,「屋形船 西野屋/屋形船ディナーでおすすめなのが、屋形船 西野屋です。勝どき駅が最寄りの朝潮小型船発着場より発着しています。ディナープランには、新鮮なお刺身や天ぷらが楽しむことができるものもありますが、おすすめは熱々のもんじゃ。もんじゃ船武蔵丸という屋形船があり、船上でもんじゃを楽しむこともできるんです。もんじゃの種類も様々で、めんたいモチチーズもんじゃなど女性やお子様好みのメニューも用意されているのも嬉しいポイント。」
https://www.rere.jp/beginners/31365/(令和3年4月14日最終閲覧)
(8)「BRARIE」のウェブサイトにおいて,「江戸川区海・川・湖のアクティビティおすすめランキング」の見出しの下,「江戸川区の海・川・湖のアクティビティを人気ランキングで紹介/ラフティングやカヌー・カヤック、サーフィン、水上スキー、クルージング、ダイビングなど東京都の葛飾・江戸川・江東エリアにある江戸川区の海・川・湖のアクティビティを人気ランキングで紹介します。(略)3位 屋形船西野屋/もんじゃ船武蔵丸」の記載がある。
https://brarie.com/tokyo/a13006/c13123/g203(令和3年4月14日最終閲覧)
(9)「HOT PEPPER」のウェブサイトにおいて,「大江戸もんじゃ屋形船 千羽丸」の見出しの下,「ジャンル:お好み焼き・もんじゃ」の記載がある。
https://www.hotpepper.jp/strJ000939404/(令和3年4月14日最終閲覧)
(10)「食べログ」のウェブサイトにおいて,「本場月島もんじゃ屋形船/千羽丸」の見出しの下,「ジャンル」欄に「屋形船・クルージング、もんじゃ焼き、お好み焼き」の記載がある。
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131302/13081599/(令和3年4月14日最終閲覧)
(11)「Tripadvisor」のウェブサイトにおいて,「大江戸もんじゃ屋形船 千羽丸」の見出しの下,「5位:晴海の観光スポット10軒中」の記載がある。
https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g14129643-d10832384-r704889447-Ooedo_Monja_Yakatabune_Senbamaru-Harumi_Chuo_Tokyo_Tokyo_Prefecture_Kanto.html(令和3年4月14日最終閲覧)
(12)「TV TOKYO」のウェブサイトにおいて,「もんじゃ屋形船 千羽丸(月島)」の見出しの下,「屋形船。/黎明橋のたもとにある『朝潮小型船のりば』から運航。屋形船といえば天ぷらが主流ですが、こちらではテーブルに鉄板が設置され、もんじゃが味わえます。レインボーブリッジをくぐってお台場まで行き戻って来る2時間のクルージング。お台場に停泊したら待望のもんじゃタイムのスタート!/『千羽丸もんじゃ』をはじめ、お好み焼きややきそばも食べ放題・飲み放題です。」の記載があり,「このスポットが紹介された放送/出没!アド街ック天国/2012年1月28日放送」の記載がある。
https://www.tv-tokyo.co.jp/travel/entry/bwAkl/13263/(令和3年4月14日最終閲覧)
(13)「イマナラ!」のウェブサイトにおいて,「本場月島もんじゃ屋形船 千羽丸」の見出しの下,「お店の紹介(本場月島もんじゃ屋形船 千羽丸)/アド街で紹介されました!注目度NO.1☆」の記載がある。
http://imanara.jp/store/5630/(令和3年3月4日最終閲覧)
(14)「テレビ東京ビジネスオンデマンド」のウェブサイトにおいて,「WBS 冬でも繁盛!″鉄板″屋形船」の見出しの下,「2013/03/08(金)23:00/シーズンは夏にもかかわらず、冬でも大繁盛している屋形船が。東京・月島のもんじゃ屋形船『千羽丸』。通常の屋形船は1人1万円以上が相場なのに、ここは1人5,000円で、もんじゃ焼き等が食べ放題、飲み放題。若者も気軽に利用できる価格が人気の秘密。実は経営するのは月島の河川関連の建設会社『中川船舶』。河川工事は役所発注が中心のため年度末に仕事が多く、夏などは激減。夏の売り上げを補うため、屋形船に乗り出しました。唐突にも見えますが、実は建設会社の強みを計算したもの。というのも、屋形船は車の車庫証明にあたる係留権の取得が困難で新規参入が難しいのですが、工事用の船の係留権があるため、参入できました。繁忙期には、建設会社の社員に手伝ってもらうなど人材の有効活用も。肝心のもんじゃは、会社が月島にあるので、地元の専門店の指導が受けられました。異業種参入で繁盛経営のもんじゃ屋形船。経営のヒントが隠れていそうです。」の記載がある。
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs/gyouretsu/post_36914/(令和3年4月14日最終閲覧)
(15)「じゃらん」のウェブサイトにおいて,「【東京都内】屋形船おすすめ5選!夜景とおいしい料理を満喫♪」の見出しの下,「5.船上でワイワイと皆で作って食べるもんじゃが最高!『千羽丸』」,「月島もんじゃ&屋形船 千羽丸」の記載がある。
https://www.jalan.net/news/article/277469/(令和3年4月14日最終閲覧)
(16)「TOKYO BAYクルーズ 拓海屋」のウェブサイトにおいて,ページ上部に6つの提灯とおぼしき図形が配され,それぞれの図形内に,「BBQ」,「鉄板焼」,「お好み焼き」,「鍋」,「焼きそば」,「もんじゃ」が記載され,その右側には,「もんじゃやお好み焼き・鉄板焼きで/メニューのレパートリー豊富!!」の記載があり,ページ中盤の「拓海屋 オリジナルメニュー」の欄には「明太子もちもんじゃ/カレーもんじゃ/下町もんじゃ」の記載がある。
http://www.takumiya-cruise.com/(令和3年4月14日最終閲覧)
(17)「地球の歩き方」のウェブサイトにおいて,「クルーズタクミヤ/クルーズ拓海屋[屋形船・クルーズ船]」の見出しの下,「〇誰もが気軽に楽しめるB級グルメ/もんじゃ・お好み焼き・焼きそば・焼きめし・浜焼きetc + 飲み放題付き♪」の記載がある。
http://japan.arukikata.co.jp/gourmets/info/27061(令和3年4月14日最終閲覧)
(18)「Activi TV」のウェブサイトにおいて,「【個性派の屋形船のお店はどこ?連絡方法のまとめ】news every. エブリィ『Suship(お寿司)/東京ベイクルーズ拓海屋(バーベキュー)』2018/8/3放送」の見出しの下,「2018年8月3日放送の【news every.エブリィ】で紹介された情報をチェックしました。」の記載があり,「バーベキュー 越中島駅『東京ベイクルーズ拓海屋』」の小見出しの下に,「チェックポイント!/バーベキューの食べ放題/もんじゃ焼きや広島牡蠣などが食べられる」の記載がある。
https://www.activitv.com/entry/every_180803/(令和3年4月14日最終閲覧)
(19)「食べログ」のウェブサイトにおいて,「神戸屋形観光汽船」の見出しの下,「ジャンル」の欄に「屋形船・クルージング、焼肉、もんじゃ焼き」の記載がある。
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28041524/(令和3年4月14日最終閲覧)
(20)「Wedding Park」のウェブサイトにおいて,「【プチイベント気分で楽しむ夏の風物詩】大阪・京都・神戸の屋形船6選」の見出しの下,「【兵庫】神戸屋形観光汽船/神戸初の神戸港と兵庫運河クルージングを楽しめる屋形船です。各テーブルは鉄板付きでジュージュー楽しめます。お得な『もんじゃde屋形船』プランでは、もんじゃ焼き食べ放題♪ワンドリンク付きの鉄板焼肉コース、鉄板海鮮焼コースもおすすめです。」の記載がある。
https://www.weddingpark.net/magazine/5306/(令和3年4月14日最終閲覧)
(21)「ぷらたび」のウェブサイトにおいて,「神戸の景色を眺めながら食事を楽しむランチクルーズを紹介!」の見出しの下,「神戸の景色を眺めながら食事を楽しむランチクルーズを紹介!7(7は〇で囲まれている)【神戸屋形観光汽船 もんじゃ de 屋形船】/洋風のランチクルーズもいいけど、和風な落ち着けるランチクルーズは無いの? という方におすすめなのは、『神戸屋形観光汽船』です。こちらは、神戸で初の屋形船になります。うれしいのは、もんじゃやき食べ放題というコースがあり、神戸なのに東京の下町をクルーズしているような気持ちにさせてくれます。」の記載がある。
https://platabi.com/608(令和3年4月14日最終閲覧)

2 もんじゃ焼きが屋形船で提供される料理の一つであることを示す新聞記事情報及びインターネット情報
(1)2016年7月2日付けFujiSankei Business i. 8頁には,「【ぐるなびのチョットぐな話】屋形船からの花火は格別」の見出しの下,「7月に入り、夏の風物詩の一つ花火大会の季節がやってきた。花火会場からの花火も良いが、少しぜいたくに屋形船から眺める花火も格別だ。江戸時代から続く粋な遊び屋形船にも、最近は変化が見られる。ぐるなびに掲載されている屋形船は、ここ1年ほどで2倍以上に増加。ユーザーの検索もエリア名とのかけ合わせの他、『貸切り』『乗合い』『天ぷら』『もんじゃ』などキーワードも細分化してきている。」の記載がある。
(2)「屋形船の窓口」のウェブサイトにおいて,「屋形船を料理で選ぶ」の見出しの下,「-料理から選ぶ」の選択肢として,「天ぷら」,「飲み放題」,「もんじゃ」,「お刺身」,「鍋」の記載があり,ページ後半には,写真及び説明文付きで,「もんじゃ焼き」「天ぷら」「お刺身」の記載がある(https://yakata-fune.jp/food/)。また,「もんじゃ焼きのある屋形船の値段格安ランキング」の見出しの下,「東京ベイクルーズ『拓海屋』」,「もんじゃ屋形船『月島丸』」,「月島屋形船『千羽丸』」の記載がある(https://yakata-fune.jp/column/column10.html)。さらに,「船で味わうグルメ!屋形船で楽しむならどれ?」の見出しの下,「東京で屋形船を満喫するなら品川という人も多いのかもしれません。綺麗な夜景を見ながら、美味しいグルメを堪能できるのが屋形船の魅力の1つのようですが、豊富な料理の数々を楽しめるとしたら、どんなグルメを屋形船で味わいたいと思うのでしょうか?そこで『品川で屋形船に乗るなら』について、アンケートをとってみました。(略)今回のアンケートでは『天ぷら専用屋形船』が人気であることが分りました。理由を見ると、江戸時代からの歴史があるなど、イメージが強いことが分りましたが、伝統を堪能するなら天ぷら屋形船かもしれませんね。また、川のせせらぎを眺めながら食べる刺身は、風情を感じられる素敵な時間を過ごせそうですし、もんじゃや鍋料理専門屋形船は、たくさんの人数で、楽しく過ごせるメリットもあることも伺えました。」の記載と共に,円グラフの下には,「質問/品川で屋形船に乗るなら?/回答/もんじゃ専用屋形船:12/天ぷら専用屋形船:38/鍋料理専用屋形船:29/刺し身専用屋形船:21」の記載がある(https://yakata-fune.jp/question/question15)。(令和3年4月14日最終閲覧)
(3)「TapTrip」のウェブサイトにおいて,「東京湾・屋形船でもんじゃ&鉄板焼きを!宴会におすすめな屋形船5選」の見出しの下,「まもなく忘年会のシーズンです。今年の〆は、少し変わった宴会を企画しませんか?東京湾をクルージングしながら豪快に鉄板焼!食べ放題、飲み放題で仲間達と一緒に楽しめちゃうのが、汽船での飲み会です。貸し切りで、大勢と盛り上がるもよし!同船で少人数で語り合うのも自由です。美味しい『もんじゃ焼き』や『お好み焼き』『焼そば』等、お得なプランがいっぱいです。是非、参考にしてみて下さい。」の記載があり,屋形船の紹介として,「元祖『月島もんじゃ屋形船』」,「ボリュームたっぷりの食事『武蔵丸』」,「海鮮もんじゃ『月島丸』」,「バリエーション豊かな食事『拓海屋』」,「持ち込みOK『千羽丸』」の記載がある。
https://taptrip.jp/1982/(令和3年4月14日最終閲覧)
(4)「ガジェット通信」のウェブサイトにおいて,「東京遊びを粋に楽しむ!絶対乗りたい『屋形船』10選!歓送迎会にも♪」の見出しの下,「東京湾や隅田川を周遊する東京・屋形船なら、お台場やスカイツリーなど観光名所を船の上から楽しめる!もちろん、もんじゃ食べ放題や揚げたての天ぷら、お寿司など景色と同時に各船こだわりのグルメも充分に漫喫できます♪」の記載があり,もんじゃ焼きを提供する屋形船の紹介として,「屋形船西野屋/もんじゃ船武蔵丸」「月島もんじゃ屋形船 千羽丸」「元祖 月島もんじゃ屋形船」の記載がある。
https://getnews.jp/archives/1697803(令和3年4月14日最終閲覧)
(5)「favy」のウェブサイトにおいて,「【予算順】もんじゃ焼きから江戸前寿司まで!東京都内の料理が楽しめる屋形船5選」の見出しの下,「【3,900円?】飲み放題と簡単な料理が楽しめる『拓海屋』/2時間の飲み放題で簡単な料理が出る『B級グルメプラン』は、一人あたり平日の昼間は3,900円からとかなりお手ごろ価格となっています。」の記載,「【5,000円?】月島のもんじゃ焼きを楽しむなら『江戸前汽船』/江戸前汽船の『月島もんじゃ 屋形船』はその名前の通りもんじゃ焼きに特化した屋形船です。」の記載,「【6,000円?】本格的な屋形船と料理を楽しめる『千羽丸』/『千羽丸』は勝どき駅から徒歩8分の黎明橋公園の中の桟橋から出向します。もんじゃ焼きお好み焼きの食べ放題、ドリンク飲み放題のお台場コースでが6,000円、同じ内容で航路の違う浅草コースは7,000円となっています。」の記載,「【10,000円?】天ぷらや刺し身などの和食を楽しむなら『船清』/季節な素材を使った天ぷらをメインにお刺身などを楽しめる基本コースは飲み放題もついて10,000円。」の記載,「【15,000円?】江戸前寿司屋がやっている屋形船『駒形』/『駒形』は江戸前のお寿司屋さんがやっている屋形船。メニューは14,500円で本格的な江戸前のお寿司を楽しむことができる『駒形貴船コース』が一番人気だそうです。」の記載がある。
https://www.favy.jp/topics/15621(令和3年4月14日最終閲覧)
(6)「芝浦石川」のウェブサイトにおいて,「屋形船といえば天ぷらともんじゃ!その理由とは?」の見出しの下,「形船で食べる料理と言えば、天ぷらが定番です!最近ではもんじゃを提供する観光用の屋形船も増えていますよね。なぜ屋形船と言えば天ぷらやもんじゃなのでしょうか?その理由をご紹介したいと思います。/1 屋形船でもんじゃを食べるのが最近のトレンド/1.1 なぜ屋形船でもんじゃなの?/下町文化/1.2 もんじゃが食べられる屋形船が人気なワケ/東京観光をする人にとって、『もんじゃ』と『屋形船』が一気に味わえるのはかなりお得ですよね!また、もんじゃだと少しリーズナブルに屋形船を利用できることもあって、人気が増しているようです。」の記載がある。
https://www.funatabi.jp/column/detail/153/(令和3年4月14日最終閲覧)

3 屋形船において天ぷらや刺身以外の料理の提供があることを示すインターネット情報
(1)「屋形船の窓口」のウェブサイトにおいて,「どんな種類の料理があるの?東京の宴会で屋形船を使うなら!」の見出しの下,和食やもんじゃ焼きの紹介に加え,「お子さまも楽しめるBBQ/屋形船で楽しむことが出来る料理で若い方やお子さまに特に人気なのはBBQです。肉の産地にまでこだわった絶品焼肉であれば1万円台程度が一般的な価格なので会食料理を楽しむ程度の料金です。天ぷらや刺身よりもお肉が食べたい、というときはこちらのプランがおすすめです。」の記載があり,「屋形船でおしゃれな洋食を/和食ではなく洋食を食べたい、洋食に合うお酒が飲みたいという方におすすめなプランも多いです。洋食プランにも様々なものがあり、都内名店のシェフが担当するケータリング料理や、作り立てをいただきたい場合はシェフに乗船してもらって料理を作ってもらうことが出来るプランもあります。料金としては1万円台程度が一般的です。また和食の会席の一部だけを洋食に変更できるプランもあります。」の記載がある。
https://yakata-fune.jp/column/column47(令和3年4月14日最終閲覧)
(2)「屋形船あんない窓口」のウェブサイトにおいて,「屋形船の料理のご案内」の見出しの下,「5.様々なコース料理」の小見出しの下,「和洋折衷コース」,「フレンチコース」,「ベジタリアンコース」の記載があり,「6.おまかせコース料理/一部の船宿ではお客様の希望される料金で基本コースなどをベースに、特別なコースを用意してくれる場合もございます。例えば、還暦を迎えるご主人がアワビが好きなのでアワビ丸々いれた料理を入れてほしい、など、出来る限りご希望に添えるよう対応してくれます。」の記載がある。
https://mitsuhuku.com/food(令和3年4月14日最終閲覧)
(3)「品川屋形舟平井」のウェブサイトにおいて,「美味しい食事と夜景が大人気!東京のおすすめ屋形船10選をご紹介」の見出しの下,「屋形船で注文できる料理のメニューやコースは、種類が豊富です。日本ならではの和食会席料理、そして日本酒といった内容をイメージする方が多いでしょう。しかし、屋形船で楽しむことができる料理はそれだけではありません。どの屋形船を利用するかにもよりますが、和食以外にもさまざまなメニューが存在します。(略)和食のイメージが強い屋形船ですが、洋食プランを用意している屋形船も多いです。都内名店のシェフが担当する料理など、本格的な洋食が楽しめます。(略)最近の屋形船は、なんと『BBQ』を楽しむことができます。お子さんをお連れの方や、若者たちに今人気のメニューです。」の記載がある。また,もんじゃ焼きを提供する屋形船として,「月島丸」と「千羽丸」が紹介されている。
https://hiraimaru.com/column/%E7%BE%8E%E5%91%B3%E3%81%97%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%81%A8%E5%A4%9C%E6%99%AF%E3%81%8C%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E6%B0%97%EF%BC%81%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81/(令和3年4月14日最終閲覧)
(4)「PRWire」のウェブサイトにおいて,「大阪屋形船に関西初の『蟹食べ放題クルーズ』が登場!」の見出しの下,「総合的なレジャー事業開発をプロデュースするカトープレジャーグループ(大阪本社:大阪市天王寺区/(略))が運営するリバークルーズ事業『KPG RIVER CRUISE』から、この冬『蟹の食べ放題クルーズ』を含む、蟹尽くしの2プランを10月16日(水)より期間限定で販売開始いたします。」の記載がある。
https://kyodonewsprwire.jp/release/201910152120(令和3年4月14日最終閲覧)
(5)「元祖かき船 木屋」のウェブサイトにおいて,「宮島沖をかき船で旅する。/江戸時代元禄元年から広島かきの発展に携わってきた『木屋(きや)』。」の記載,「木屋では広島かきを使った料理をご提供します。使用するかきは自社で養殖したかきを使用しています。」の記載と共に,屋形船とおぼしき船の写真が掲載されている。
http://kiya-oyster.com/(令和3年4月14日最終閲覧)



審理終結日 2021-03-25 
結審通知日 2021-03-30 
審決日 2021-04-15 
出願番号 商願2019-66018(T2019-66018) 
審決分類 T 1 8・ 272- Z (W3943)
T 1 8・ 13- Z (W3943)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 加藤 桜子池田 光治田崎 麻理恵 
特許庁審判長 岩崎 安子
特許庁審判官 小田 昌子
茂木 祐輔
商標の称呼 モンジャヤカタブネ、モンジャ、ヤカタブネ 
代理人 角谷 健郎 
代理人 藤倉 大作 
代理人 田中 伸一郎 
代理人 井滝 裕敬 
代理人 松尾 和子 
代理人 ▲吉▼田 和彦 
代理人 中村 稔 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ