• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項11号一般他人の登録商標 取り消して登録 W03
管理番号 1343203 
審判番号 不服2016-650048 
総通号数 225 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2018-09-28 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2016-09-30 
確定日 2018-07-02 
事件の表示 国際登録第1244084号に係る国際商標登録出願の拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲のとおりの構成よりなり、第3類に属する日本国を指定する国際登録において指定された商品を指定商品として、2015年1月2日にItalyにおいてした商標登録出願に基づいてパリ条約第4条による優先権を主張し、2015年(平成27年)1月29日に国際商標登録出願されたものである。
その後、本願の指定商品については、当審において2017年(平成29年)2月24日付けで国際登録簿に記録された限定の通報及び同年9月8日付けで国際登録簿に記録された限定の通報があった結果、最終的に、第3類「Perfumeries other than for hair,essential oils other than for hair,cosmetics other than for hair,fragranced preparations for body and beauty care,other than for hair;all the above goods are in containers,bottles or packaging which are wholly or partly in the shape of bamboo.」とされたものである。
2 引用商標
原査定において、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして本願の拒絶の理由に引用した登録商標は、以下の(1)及び(2)のとおりであり、いずれも現に有効に存続しているものである(以下、これらをまとめて「引用商標」という。)。
(1)登録第2305650号商標は、「BAMBOO」の文字を書してなり、昭和63年11月18日登録出願、第4類に属する商標登録原簿記載のとおりの商品を指定商品として、平成3年4月30日に設定登録され、その後、同16年7月14日に指定商品を第3類「せっけん類,歯磨き,化粧品,植物性天然香料,動物性天然香料,合成香料,調合香料,精油からなる食品香料,薫料」とする指定商品の書換登録がされたものである。
(2)登録第4662943号商標は、「BAMBOO」の文字と「バンブー」の文字とを上下二段に書してなり、平成14年6月5日登録出願、第3類「化粧品,せっけん類,香水類」を指定商品として、同年15年4月18日に設定登録されたものである。
3 当審の判断
本願商標は、別掲のとおり、「GUCCI」の文字と「BAMBOO」の文字とを上下二段に書してなるところ、その構成中、「BAMBOO」の文字部分は、上記1のとおり限定の通報があった後の本願の指定商品との関係においては、商品の包装の形状を表したものと認識されるとみるのが相当である。
そうすると、本願商標の構成中の「BAMBOO」の文字部分は、独立して自他商品の識別標識としての機能を果たし得ないというべきである。
したがって、本願商標の構成中の「BAMBOO」の文字部分を分離、抽出した上で、本願商標は引用商標と類似するものであるから商標法第4条第1項第11号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、取消しを免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 【別記】

審理終結日 2018-05-30 
結審通知日 2018-06-04 
審決日 2018-06-20 
国際登録番号 1244084 
審決分類 T 1 8・ 26- WY (W03)
最終処分 成立 
前審関与審査官 神前 博斗阿曾 裕樹 
特許庁審判長 大森 健司
特許庁審判官 有水 玲子
田中 敬規
商標の称呼 グッチバンブー、グッチ、バンブー 
代理人 青木 博通 
代理人 柳生 征男 
代理人 富所 英子 
代理人 中田 和博 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ