• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項5号 簡単でありふれたもの 取り消して登録 W29
審判 査定不服 商3条2項 使用による自他商品の識別力 取り消して登録 W29
管理番号 1308418 
審判番号 不服2014-3071 
総通号数 193 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2016-01-29 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2014-02-19 
確定日 2015-12-11 
事件の表示 商願2013-1445拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲のとおりの構成からなり、第29類に属する願書記載のとおりの商品を指定商品として、平成25年1月11日に登録出願され、その後、指定商品については、当審における平成27年9月25日付け手続補正書により、第29類「ヨーグルト,ヨーグルト飲料」と補正されたものである。

2 原査定の拒絶の理由(要点)
原査定は、「本願商標は、アルファベットと数字とを組み合わせて『BE80』と表してなるものであるところ、商取引においては、アルファベットの1文字又は2文字と数字とを組み合わせたものを、商品の型式や規格等を表示するための記号、符号として、一般に採択、使用する実情があることからすると、本願商標を本願の指定商品に使用するときは、商品の型式や規格等を表示するための記号、符号の一類型として看取、把握するにとどまり、自他商品の識別標識とは認識しないというのが相当である。したがって、本願商標は、極めて簡単で、かつ、ありふれた標章のみからなるものであるから、商標法第3条第1項第5号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、前記1のとおり、「BE80」の文字からなるものであり、欧文字2文字と数字とを結合させた構成からなるものとして、直ちに認識し得るものであり、該構成からなる標章が、本願の補正後の指定商品の分野においても、商品に使用される乳酸菌及びその略称を欧文字と数字により表示することが一般に行われていることが認められる。
そうとすると、本願商標は、極めて簡単で、かつ、ありふれた標章のみからなる商標といわなければならない。
したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第5号に該当するものである。
しかしながら、請求人の主張並びに原審及び当審において同人が提出した証拠によれば、次の事実が認められる。
請求人は、2002年から「BE80」の文字を、請求人の開発に係る乳酸菌を表示するものとして、その業務に係る「ヨーグルト、ヨーグルト飲料」について継続して使用してきたことが認められる。
そして、請求人は、本願商標に係る「ヨーグルト、ヨーグルト飲料」について、2008年ないし2013年にかけて朝日新聞、読売新聞において、「BE80」の文字及び該文字が表示されたヨーグルト及びヨーグルト飲料の写真を掲載し(甲9の1・2、16(枝番号を含む。))、また、2002年ないし2013年におけるテレビコマーシャルにおいては、本願商標又は本願商標と実質的に同視し得る「BE80」の文字からなる商標が表示されると共に、請求人独自のビフィズス菌であることが、長年の間、広告されたことが認められるものであり(甲9の3・4、15の2)、その他にも、乳酸菌や腸の健康管理に関するウェブサイトの特集記事等において、請求人のヨーグルト及びヨーグルト飲料に使用されている乳酸菌を表示するものとして、「BE80」の文字が、多数、紹介されている(甲3ないし8(枝番号を含む。))。
さらに、職権による調査によれば、請求人以外の者が「BE80」の文字を本願の指定商品の分野において使用している事実は発見できない。
以上の事実からすると、本願商標は、その指定商品を取り扱う取引者、需要者が請求人の業務に係る商品であることを認識することができるに至ったものと判断するのが相当である。
してみれば、本願商標は、商標法第3条第2項の要件を具備するものというべきである。
したがって、本願商標が商標法第3条第1項第5号に該当するものであるとしても、本願を拒絶した原査定は、妥当なものではなく取消しを免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲(本願商標)




審決日 2015-12-01 
出願番号 商願2013-1445(T2013-1445) 
審決分類 T 1 8・ 17- WY (W29)
T 1 8・ 15- WY (W29)
最終処分 成立  
前審関与審査官 内田 直樹 
特許庁審判長 酒井 福造
特許庁審判官 藤田 和美
堀内 仁子
商標の称呼 ビイイイハチジュー、ビイイイハチゼロ、ビーハチジュー、ビーハチゼロ 
代理人 達野 大輔 
代理人 栃木 順子 
代理人 中山 真理子 
代理人 竹中 陽輔 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ