• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
異議2015900078 審決 商標
異議2014900352 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申立て  登録を維持 W11
審判 全部申立て  登録を維持 W11
管理番号 1304206 
異議申立番号 異議2015-900079 
総通号数 189 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標決定公報 
発行日 2015-09-25 
種別 異議の決定 
異議申立日 2015-03-06 
確定日 2015-07-24 
異議申立件数
事件の表示 登録第5722653号商標の商標登録に対する登録異議の申立てについて、次のとおり決定する。 
結論 登録第5722653号商標の商標登録を維持する。
理由 第1 本件商標
本件登録第5722653号商標(以下「本件商標」という。)は、「Timone」の文字を標準文字で表してなり、平成26年7月25日に登録出願され、第11類「便所ユニット,浴室ユニット,水道用栓,パイプライン用栓,電球類及び照明用器具,加熱器,調理台,流し台,浴槽類,洗面器(衛生設備用品の部品),洗浄機能付き便座,洗面所用消毒剤ディスペンサー,便器,和式便器用いす」を指定商品として平成26年11月13日に登録査定、同月28日に設定登録されたものである。

第2 引用商標
登録異議申立人(以下「申立人」という。)が引用する登録第4281438号商標(以下「引用商標」という。)は、「ティモニ」及び「Timoni」の文字を上下二段に横書きしてなり、平成10年3月10日に登録出願、第11類「電球類及び照明用器具,ボイラ,ガス湯沸かし器,加熱器,調理台,流し台,冷凍機械器具,暖冷房装置,便所ユニット,浴室ユニット,家庭用電熱用品類,浴槽類,家庭用浄水器,水道用栓,タンク用水位制御弁,パイプライン用栓,火鉢類,洗浄機能付き便座,洗面所用消毒剤ディスペンサー,便器,和式便器用椅子」を指定商品として平成11年6月11日に設定登録され、その後、平成21年5月26日に商標権の存続期間の更新登録がされ、現に有効に存続しているものである。

第3 登録異議申立ての理由の要点
本件商標は、標準文字にて「Timone」と書してなる。引用商標は、片仮名文字「ティモニ」及び欧文字「Timoni」を二段に横書きしてなる。
「Timone」と「Timoni」の外観上の差異は、末尾の文字「e」と「i」のみであり、類似する。両者の称呼「ティモ(?)ネ」とティモ(?)ニ」は、称呼上最も重要な語頭を共通にし、末尾の「ネ」と「ニ」の差異を有するのみであり、類似する。なお、観念は明確に識別できない。
したがって、両者は時と処を異にした場合に誤認混同するおそれのある類似商標であり、その指定商品も互いに抵触するものであるから、本件商標は、商標法第4条第1項第11号の規定に違反して登録されたものであるから、同法第43条の2第1号により取り消されるべきものである。

第4 当審の判断
1 本件商標と引用商標との類否について
(1)本件商標は、「Timone」の文字からなるところ、該語が「(船、飛行機の)舵」の意味を有するイタリア語(小学館発行「伊和中辞典」)であるとしても、我が国におけるイタリア語の普及度を考慮すれば、本件商標に接する取引者・需要者が上記意味合いを認識し理解するものとはいえないから、本件商標は、親しまれた既成の観念を有しない一種の造語からなるものとして認識し把握されるというべきであり、その構成文字に相応して「ティモーネ」又は「ティモネ」の称呼を生じるとみるのが自然である。
(2)引用商標は、「ティモニ」及び「Timoni」の文字からなるところ、一般に欧文字と仮名文字を併記した構成からなる商標において、その仮名文字部分が欧文字部分の称呼を特定すべき役割を果たすものと無理なく認識できるときは、仮名文字部分より生ずる称呼が、その商標より生ずる自然の称呼とみるのが相当であり、同様に、引用商標も、「ティモニ」の称呼を生ずるものとみるのが自然である。
この点に関し、申立人は、引用商標から「ティモーニ」の称呼をも生ずる旨主張するが、その主張を裏付ける証左の提示もされておらず、申立人の主張には合理的理由が見当たらないものであって、引用商標から生ずる称呼については上記のとおり判断するのが相当であるから、申立人の主張は採用することができない。
また、引用商標は、辞書等に載録されている語ではなく、親しまれた既成の観念を有しない一種の造語からなるものとして認識し把握されるというべきである。
(3)そこで、本件商標と引用商標とを対比するに、両者は、それぞれの構成に照らし、外観上、判然と区別し得る差異を有するものといえる。
称呼については、本件商標から生ずる「ティモーネ」の称呼と引用商標から生ずる「ティモニ」の称呼とは、構成音数が4音と3音とで相違するのみならず、長音の有無という差異及び末尾における「ネ」と「ニ」の音の差異を有しており、しかも相違する両音は母音を異にするものである。そして、前者は長音を有することから全体として間延びした聴感・印象を与えるのに対し、後者は簡潔でまとまった印象を与えるものといえる。これらの差異が全体で4音と3音という短い称呼全体に及ぼす影響は大きく、上記両称呼をそれぞれ一連に称呼するときは全体の音感、音調が明らかに異なり、互いに相紛れることなく、明瞭に区別することができるものである。
また、本件商標から生ずる「ティモネ」の称呼と引用商標から生ずる「ティモニ」の称呼とは、共に3音で構成され、末尾における「ネ」と「ニ」の音の差異を有しており、相違する両音は母音を異にするものである。この差異は、全体で3音という短い称呼全体に及ぼす影響は大きく、上記両称呼をそれぞれ一連に称呼するときは全体の音感、音調が明らかに異なり、「ティモネ」の称呼においても互いに相紛れることなく、明瞭に区別することができるものである。
さらに、観念については、本件商標も引用商標も親しまれた既成の観念を有しないものである以上、両者は、観念について比較することができない。
してみれば、本件商標と引用商標とは、外観、称呼及び観念のいずれの点からみても相紛れるおそれのない非類似の商標といわなければならない。
2 むすび
以上のとおり、本件商標は、引用商標とは非類似のものであるから、その指定商品が引用商標の指定商品と同一又は類似のものであるとしても、商標法第4条第1項第11号に違反して登録されたものではない。
したがって、本件商標は、商標法第43条の3第4項の規定に基づき、その登録を維持すべきものである。
よって、結論のとおり決定する。
異議決定日 2015-07-16 
出願番号 商願2014-62194(T2014-62194) 
審決分類 T 1 651・ 262- Y (W11)
T 1 651・ 261- Y (W11)
最終処分 維持  
前審関与審査官 岩崎 安子 
特許庁審判長 酒井 福造
特許庁審判官 手塚 義明
今田 三男
登録日 2014-11-28 
登録番号 商標登録第5722653号(T5722653) 
権利者 株式会社LIXIL
商標の称呼 ティモーネ、チモーネ、ティモネ、チモネ 
代理人 特許業務法人森本国際特許事務所 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ