• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 W43
審判 査定不服 観念類似 取り消して登録 W43
審判 査定不服 外観類似 取り消して登録 W43
管理番号 1297292 
審判番号 不服2014-4974 
総通号数 183 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2015-03-27 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2014-03-14 
確定日 2015-02-23 
事件の表示 商願2013-35121拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲のとおりの構成からなり、第43類「飲食物の提供」を指定役務として、平成25年5月10日に登録出願され、その後、指定役務については、当審における同26年11月10日受付けの手続補正書をもって、「魚料理を主とする飲食物の提供,寿司料理を主とする飲食物の提供」に補正されたものである。

2 引用商標
原審の拒絶理由通知において、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして引用した登録商標は、次の3件の登録商標(以下、これらの商標登録をまとめて「引用商標」という。)であるところ、原査定においては、本願商標が、次における引用商標1および引用商標3と類似し、同号に該当するとして、引用商標2に言及することなく、本願を拒絶したものである。
(1)登録第4586978号商標(以下「引用商標1」という。)は、「ウオクニ」の片仮名と「UOKUnI」の欧文字を2段に表してなり、平成13年5月9日に登録出願、「飲食物の提供」をはじめ、第42類に属する商標登録原簿に記載のとおりの役務を指定役務として、同14年7月19日に設定登録され、現に有効に存続しているものである。
(2)登録第5192277号商標(以下「引用商標2」という。)は、「ステーキくに」の片仮名と平仮名を標準文字で表してなり、平成20年2月6日に登録出願、第43類「ステーキの提供,ステーキの提供に関する情報の提供,宿泊施設の提供,宿泊施設の提供の契約の媒介又は取次ぎ,高齢者用入所施設の提供(介護を伴うものを除く。),会議室の貸与,展示施設の貸与,業務用加熱調理機械器具の貸与,業務用食器乾燥機の貸与,業務用食器洗浄機の貸与,加熱器の貸与,調理台の貸与,流し台の貸与」を指定役務として、同20年12月26日に設定登録され、現に有効に存続しているものである。
(3)登録第5240469号商標(以下「引用商標3」という。)は、「KUNI」の欧文字を標準文字で表してなり、平成20年2月6日に登録出願、第43類「飲食物の提供,飲食物の提供に関する情報の提供,宿泊施設の提供,宿泊施設の提供の媒介又は取次ぎ,高齢者用入所施設の提供(介護を伴うものを除く。),会議室の貸与,展示施設の貸与,業務用加熱調理機械器具の貸与,業務用食器乾燥機の貸与,業務用食器洗浄機の貸与,加熱器の貸与,調理台の貸与,流し台の貸与」を指定役務として、同21年6月19日に設定登録され、現に有効に存続しているものである。

3 当審の判断
原審における査定の理由は、上記2のとおりであるが、当審においては、本願商標と3件の引用商標との関係を審理することとする。
(1)本願商標について
本願商標は、別掲のとおり、毛筆体の特徴のある字体で「魚」と「王」の漢字を圧倒的に大きく横書きし、該漢字の間に小さな文字で「うまい寿司と魚料理」の文字、白抜きの「KUNI」の欧文字を配した魚のシルエットを表したと思しき赤い図形、「Japanese-Style Seafood」及び「UOH KUNI」の欧文字を4段に配し、また、右下方には、印影風の小さな赤い四角形を配する構成からなるものである。
そして、その構成に照らすならば、「魚王」、「うまい寿司と魚料理」、「KUNI」、「Japanese-Style Seafood」及び「UOH KUNI」の各構成文字は異なる書体及び大きさの態様で表されており、それぞれの構成部分が不可分一体に認識されるものとはいい難いものであって、視覚上、分離して看取されるものである。
加えて、本願商標の上記構成文字をみるに、そのうち、提供する料理の内容を表すものといえる「うまい寿司と魚料理」の文字部分、及び、「和風の海鮮料理」ほどの意味合いを理解させる「Japanese-Style Seafood」の文字部分は、本願指定役務との関係においては、その提供される飲食物の質を表すものといえるから、その文字部分のみでは、自他役務の識別標識としては、機能し得ないものといえる。
そうとすると、本願商標は、その構成中の「魚王」、「KUNI」及び「UOH KUNI」の文字部分が、独立して自他役務の識別標識としての機能を果たし得るものと認められ、そのうちの「UOH KUNI」の欧文字が「魚王」の漢字及び「KUNI」の欧文字の読みをローマ字で表したものと考えられることを勘案するならば、各文字部分に相応して、「ウオー」、「クニ」及び「ウオークニ」の称呼が生じるのを相当とし、いずれの文字も、直ちに理解し得るほど親しまれた特定の意味合いを有するとはいえないものであるから、特定の観念は生じないものといえる。
(2)本願商標と引用商標1との関係について
引用商標1は、「ウオクニ」の片仮名と「UOKUnI」の欧文字を2段に表してなるところ、その構成文字に相応して「ウオクニ」の称呼を生じ、直ちに理解し得るほど親しまれた特定の意味合いを有するとはいえないものであるから、特定の観念は生じないものといえる。
本願商標と引用商標1との類否について検討するに、外観においては、本願商標の構成中の顕著に表されている「魚王」の漢字の有無を始め、図形の有無、さらには、構成文字数、書体など明らかな差異を有するものであるから、外観上は明確に区別し得るものである。
次に、称呼においては、本願商標から生ずる「ウオー」及び「クニ」の称呼と、引用商標1から生じる「ウオクニ」の称呼とは、その音数及び音構成が明らかに異なるものであるから、明確に区別し得るものである。また、本願商標から生じるもう一つの称呼である「ウオークニ」の称呼と、引用商標1から生じる「ウオクニ」の称呼とは、第二音の「オ」の長音の有無の相違を有するものであるが、それぞれ4音又は5音の簡潔な音構成においては、長音の有無が称呼全体に及ぼす影響は無視できないものといえる。
さらに、観念においては、本願商標と引用商標1とは、ともに特定の観念を有しないものであるから、比較することができないものである。
そうすると、本願商標と引用商標1は、それぞれの外観、称呼及び観念を総合的に考察すると、相紛れるおそれがある類似の商標ということはできないものである。
したがって、本願商標は、引用商標1を理由に商標法第4条第1項第11号に該当するということはできない。
(3)本願商標と引用商標2及び引用商標3との関係について
本願商標については、当審において平成26年12月2日付けをもって出願人名義変更届が提出されており、その結果、本願の出願人(請求人)は、引用商標2及び引用商標3の商標権者と同一人になった。
したがって、引用商標2及び引用商標3と類似するとして、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとした原査定の拒絶の理由は、解消した。
(4)まとめ
以上のとおり、本願商標は、引用商標2及び引用商標3との関係おいては、拒絶の理由が解消し、また、引用商標1との関係おいては、類似する商標とはいえないものであるから、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、取消を免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲(本願商標)(色彩は、原本参照。)


審決日 2015-02-10 
出願番号 商願2013-35121(T2013-35121) 
審決分類 T 1 8・ 262- WY (W43)
T 1 8・ 263- WY (W43)
T 1 8・ 261- WY (W43)
最終処分 成立  
前審関与審査官 泉田 智宏 
特許庁審判長 林 栄二
特許庁審判官 内藤 順子
原田 信彦
商標の称呼 ウマイスシトサカナリョーリクニ、ジャパニーズスタイルシーフードウオークニ、ウマイスシトサカナリョーリ、ウオークニ、ギョオー、ウオオー、クニ、ジャパニーズスタイルシーフード 
代理人 萼 経夫 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ