• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 X31
管理番号 1247958 
審判番号 不服2011-12635 
総通号数 145 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2012-01-27 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2011-06-14 
確定日 2011-12-05 
事件の表示 商願2010-52366拒絶査定不服審判事件について,次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は,登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は,別掲のとおりの構成よりなり,第31類「いも類を原材料とするペットフード」を指定商品として,平成22年6月18日に登録出願されたものである。

2 引用商標
原査定において,本願商標のうち「ささ」及び「sasa」の文字部分から「ササ」の称呼が生ずるとした上で,称呼上類似するので,本願商標は商標法第4条第1項第11号に該当するとして,本願の拒絶の理由に引用した登録第5119482号商標(以下「引用商標」という。)は,「鴨ささ」の文字を標準文字で表してなり,平成19年9月3日に登録出願,第31類に属する商標登録原簿記載のとおりの商品を指定商品として,平成20年3月14日に設定登録され,現に有効に存続しているものである。

3 当審の判断
本願商標は,別掲のとおり,「芋」の字をやや図案化して表し(以下,この図案化された「芋」を単に「芋」と表す。),その右に続けて「ささ」の文字を書し,下段に小さく「imosasa」の文字を書してなるものであるところ,「芋ささ」の部分はほぼ同大,等間隔で表されているから,構成全体としてまとまりよく一体的に把握できるものである。
また,「芋」の字は,その草冠うちを,その左から,くるりと円を描きながら延長させるなど,ややコミカルに図案化されているとの印象を与えるところ,すぐ右に配されている「ささ」の文字の書体も,ややコミカルな印象を与えるから,「芋」と「ささ」は,無理なく一体のものとして把握されるというのが自然である。
さらに,「芋ささ」の部分から生ずる「イモササ」の称呼は,無理なく一連に称呼し得るものである。
次に,「imosasa」の文字部分は,「芋ささ」の読みをローマ字で表記したものと理解されるのが自然であるといえるところ,該部分は,同書,同大,等間隔で表されているから,構成全体としてまとまりよく一体的に把握できるものである。
また,「imosasa」の文字全体より生ずる「イモササ」の称呼も,無理なく一連に称呼し得るものである。
そうすると,本願商標は,殊更,「ささ」の部分又は「sasa」の部分のみが分離,抽出されて取引に資されるということはできない。
してみれば,本願商標は,「芋ささ」の部分又は「imosasa」の部分に相応した「イモササ」の一連の称呼が生ずることはあっても,単に「ササ」の称呼は生じないものである。
したがって,本願商標から「ササ」の称呼をも生ずるとし,その上で,本願商標と引用商標は称呼上類似のものであるとし,本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとした原査定は,妥当でなく,取消しを免れない。
その他,本願について拒絶の理由を発見しない。
よって,結論のとおり審決する。
別掲 別掲(本願商標)






審決日 2011-11-18 
出願番号 商願2010-52366(T2010-52366) 
審決分類 T 1 8・ 262- WY (X31)
最終処分 成立 
前審関与審査官 薩摩 純一 
特許庁審判長 小林 由美子
特許庁審判官 守屋 友宏
小川 きみえ
商標の称呼 イモササ、ササ 
代理人 小栗 昌平 
代理人 市川 利光 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ