• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項11号一般他人の登録商標 取り消して登録 X32
管理番号 1208327 
審判番号 不服2009-6299 
総通号数 121 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2010-01-29 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2009-03-24 
確定日 2010-01-04 
事件の表示 商願2008- 44716拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲1のとおりの構成よりなり、第32類に属する願書記載のとおりの商品を指定商品として、平成20年6月9日に登録出願され、その後、指定商品については当審における平成21年11月30日受付の手続補正書により、第32類「金子ゴールデンを原料とするビール」に補正されたものである。

2 引用商標
原査定において、本願の拒絶の理由に引用した登録第1810981号商標(以下「引用商標」という。)は、別掲2のとおり、「常陸野」の文字を縦書きし、その下に「ひたちの」の平仮名文字を横書きした構成よりなり、昭和58年10月12日に登録出願、第28類に属する商標登録原簿記載のとおりの商品を指定商品として、昭和60年9月27日に設定登録され、その後2回にわたり商標権の存続期間の更新登録がなされ、さらに、平成18年1月18日に指定商品を第32類「ビール」及び第33類「日本酒,洋酒,果実酒,中国酒,薬味酒」とする指定商品の書換登録がされ、現に有効に存続しているものである。

3 当審の判断
本願商標は、別掲1のとおり、赤い梟に黒い背景を円状に施したと思しき図形に、「HITACHINO」と「NEST BEER」の欧文字を環状に配し(「HITACHINO」の文字は、やや小さめに書している。)、さらに、それらの下に「金子ゴールデン」の文字を横書きした構成よりなるところ、「金子ゴールデン」の文字部分は、本願指定商品との関係において、ビール麦の品種として理解されるものであるから、商品の品質を表し、自他商品の識別標識としての機能を有さない部分と認められる。
また、本願商標構成中、やや小さめに書された「HITACHINO」の欧文字は、茨城県の「常陸野」(又は「ひたち野」)と称される地域の名称の欧文字表記であることからすると、該文字部分は、商品の産地、販売地を表すものとして、取引者、需要者に理解され得る部分であって、自他商品の識別標識としての機能を有しないか、その機能が弱いというべきものであるから、本願商標は「HITACHINO」の文字部分のみに着目して、取引に資することはないとみるのが相当である。
そうとすれば、本願商標は、同色で環状に書された「HITACHINO NEST BEER」の文字部分に着目して生じる「ヒタチノネストビール」の称呼、及び他の文字に比して、太く大きく書された「NEST BEER」の文字部分に着目して生じる「ネストビール」の称呼により、取引に資するものと判断するのが相当である。
してみれば、本願商標から「ヒタチノ」の称呼をも生じるとしたうえで、本願商標と引用商標とが称呼上類似するものとして、本願商標を商標法第4条第1項第11号に該当するとした原査定は、妥当でなく、取消しを免れない。
その他、政令で定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 <別掲1> 本願商標


(色彩については原本参照)

<別掲2> 引用商標


審決日 2009-12-16 
出願番号 商願2008-44716(T2008-44716) 
審決分類 T 1 8・ 26- WY (X32)
最終処分 成立 
前審関与審査官 福島 昇 
特許庁審判長 内山 進
特許庁審判官 井出 英一郎
赤星 直昭
商標の称呼 ヒタチノネストビール、カネコゴールデン、ネストビール、ネスト、カネコ、ヒタチノ、ヒタチビール 
代理人 中川 邦雄 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ