現在、審決メルマガは配信を一時停止させていただいております。再開まで今暫くお待ち下さい。

  • ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 取り消して登録 Y28
審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 取り消して登録 Y28
管理番号 1164102 
審判番号 不服2005-7346 
総通号数 94 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2007-10-26 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2005-04-25 
確定日 2007-09-25 
事件の表示 商願2004-24468拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「IMPORT RACER」の文字を標準文字で表してなり、第28類「ダイカスト製自動車おもちゃ・トラックおもちゃ及びその他の乗り物おもちゃ,ダイカスト製自動車おもちゃ・トラックおもちゃ及びその他の乗り物おもちゃ組み立て用キット,その他のおもちゃ,人形」を指定商品として、平成16年3月16日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由
原査定は、「本願商標は、『スポーツコンパクトカー』を称する『インポートレーサー』を表した『IMPORT RACER』の文字を普通に用いられる方法で書してなるものであるから、このような商標をその指定商品中上記文字に照応する『スポーツコンパクトカーを模した乗り物おもちゃ』について使用しても、単に商品の品質を表示するにすぎず、自他商品の識別標識としての機能を果たすものとはいえない。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当し、前記商品以外の商品に使用するときは、商品の品質の誤認を生じさせるおそれがあるので、同法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、前記のとおりの構成よりなるころ、その構成中の「IMPORT」の語は「輸入。輸入品」の意を、そして、「RACER」の語は「競走用の自動車など。また、その競技者」の意をそれぞれ有する語であるとしても、両語を同書、同大で一連に表したその構成文字全体よりは、具体的な商品の品質を想起し得ないものであって、特定の意味合いを有しない一種の造語とみるのが相当である。
さらに、当審において職権をもって調査するも、本願商標が、その指定商品を取り扱う業界において、取引上、上記の意味合いをもって、商品の品質を表示するためのものとして、普通に使用されていると認め得る事実も見いだせなかった。
そうすると、本願商標は、十分に自他商品の識別機能を有するものであって、いずれの指定商品について使用しても、商品の品質について誤認を生ずるおそれはないものである。
したがって、本願商標を、商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、妥当ではなく、取消しを免れない。
その他、政令で定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2007-09-11 
出願番号 商願2004-24468(T2004-24468) 
審決分類 T 1 8・ 13- WY (Y28)
T 1 8・ 272- WY (Y28)
最終処分 成立  
前審関与審査官 飯山 茂 
特許庁審判長 田代 茂夫
特許庁審判官 小松 里美
岩崎 良子
商標の称呼 インポートレーサー、インポート 
代理人 松尾 和子 
代理人 中村 稔 
代理人 井滝 裕敬 
代理人 藤倉 大作 
代理人 熊倉 禎男 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ