• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
不服200225215 審決 商標
不服20053545 審決 商標
不服20035262 審決 商標
不服200322975 審決 商標
不服200517420 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項6号 1号から5号以外のもの 取り消して登録 Y24
管理番号 1160942 
審判番号 不服2006-17664 
総通号数 92 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2007-08-31 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2006-08-11 
確定日 2007-07-25 
事件の表示 商願2005-111696拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「EMいちばん」の文字を横書きしてなり、第24類に属する願書に記載のとおりの商品を指定商品として、平成17年11月29日に登録出願されたものである。
そして、指定商品については、同18年7月5日付け手続補正書により、第24類「かや,敷布,布団,布団カバー,布団側,まくらカバー,毛布,織物(畳べり地を除く。),畳べり地,メリヤス生地,フェルト及び不織布,オイルクロス,ゴム引防水布,ビニルクロス,ラバークロス,レザークロス,ろ過布,布製身の回り品,織物製テーブルナプキン,ふきん,シャワーカーテン,のぼり及び旗(紙製のものを除く。),織物製トイレットシートカバー,織物製いすカバー,織物製壁掛け,カーテン,テーブル掛け,どん帳,遺体覆い,経かたびら,黒白幕,紅白幕,ビリヤードクロス」と補正されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要旨
原査定は、「本願商標は、指定商品の記号・符号として看取される欧文字2文字の『EM』と、『一番』という等級表記の平仮名文字である『いちばん』とを普通に用いられる方法で書してなるものであって、単に『EM番の一級の商品』としてのみ認識されるものであり、需要者が何人かの業務に係る商品であることを認識できないものであるから、商標法第3条第1項第6号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、「EMいちばん」の文字を横書きしてなるところ、構成中の「EM」の文字が商品の品番、型式等を表示するための記号又は符号を表し、「いちばん」の文字が原審説示の如く「一番」の語に通ずるものであるとしても、本願商標は、これらの文字を全体として同じ書体、同じ大きさの文字で外観上まとまりよく一体的に表されており、構成全体からも、具体的な商品の品質等を認識するとは言い得ないものであるから、むしろ特定の意味合いを看取し得ない一種の造語よりなるものというのが相当である。
また、当審において職権により調査したが、「EMいちばん」の文字が、その指定商品の品質等を表示するものとして取引上普通に使用されている事実も見いだすことができなかった。
してみれば、本願商標は、その指定商品のいずれの商品についても、商品の品質等を表示するものではなく、自他商品の識別標識としての機能を果たすものであって、需要者をして何人の業務に係るものであるかを認識することができない商標ということはできない。
したがって、本願商標を商標法第3条第1項第6号に該当するとして拒絶した原査定は、妥当でなく、取消しを免れない。
その他、政令で定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2007-07-04 
出願番号 商願2005-111696(T2005-111696) 
審決分類 T 1 8・ 16- WY (Y24)
最終処分 成立  
前審関与審査官 八木橋 正雄 
特許庁審判長 田代 茂夫
特許庁審判官 佐藤 淳
岩崎 良子
商標の称呼 イイエムイチバン、イチバン 
代理人 福島 三雄 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ