• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 Y12
管理番号 1146743 
審判番号 不服2005-16927 
総通号数 84 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2006-12-22 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2005-09-02 
確定日 2006-11-22 
事件の表示 商願2005-11431拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲(1)のとおりの構成よりなり、第12類「車いす」を指定商品として、平成16年5月27日に登録出願された2004年(平成16年)商標登録願第48890号に係る商標法第10条第1項の規定による商標登録出願(分割出願)として、同17年2月14日に登録出願されたものである。

2 引用商標
原査定において、本願の拒絶の理由に引用した登録第2058668号商標(以下「引用商標」という。)は、別掲(2)のとおりの構成よりなり、昭和60年11月19日登録出願、第10類「医療機械器具、その他本類に属する商品」を指定商品として、同63年6月24日に設定登録され、その後、平成10年3月31日に商標権存続期間の更新登録の設定がなされ、現に有効に存続しているものである。

3 当審の判断
本願商標は、別掲(1)のとおり「banex」の欧文字と「バネックス」の片仮名文字よりなり、該構成文字に相応して「バネックス」の称呼を生ずるものである。
他方、引用商標は、別掲(2)のとおり「PAnEX」の文字からなり、該構成文字に相応して「パネックス」の称呼を生ずるものである。
そこで、本願商標より生ずる「バネックス」の称呼と引用商標より生ずる「パネックス」の称呼とを比較するに、両者は、共に4音構成からなり、語頭において「バ」と「パ」の音の差異を有するところ、該差異音である「バ」の音は、両唇を合わせて発する破裂音であり、強く発音され、鈍く低い音として聴取されるのに対し、「パ」の音は、両唇を合わせて呼気を止めた後、これを破って出す破裂音であり、軽く発音され、歯切れ良く澄んだ音として聴取されるものであって、これが称呼における識別上、重要な要素を占める語頭に位置し、かつ、共に短い音構成であってみれば、その差異が称呼の全体に及ぼす影響は大きなものとなり、両者をそれぞれ一連に称呼したときは、相紛れることなく十分区別し得るものと判断するのが相当である。
また、本願商標と引用商標とは、別掲のとおりの構成より見て、外観においては、明らかに区別し得るものであり、かつ、観念においては、共に特定の意味合いを有しない造語よりなるものであるから、比較することができないものである。
してみれば、本願商標と引用商標とは、その外観、称呼及び観念のいずれにおいても、何ら相紛れるおそれのない、非類似の商標であるといわざるを得ない。
したがって、本願商標が、商標法第4条第1項第11号に該当するとして本願を拒絶した原査定は妥当でなく、取消しを免れない。
その他、政令で定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲(1)
本願商標


別掲(2)
引用商標

審決日 2006-11-09 
出願番号 商願2005-11431(T2005-11431) 
審決分類 T 1 8・ 262- WY (Y12)
最終処分 成立  
前審関与審査官 渡邉 健司山田 正樹 
特許庁審判長 澁谷 良雄
特許庁審判官 海老名 友子
石田 清
商標の称呼 バネックス 
代理人 徳岡 修二 
代理人 武石 靖彦 
代理人 村田 紀子 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ