• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 Z29
管理番号 1118081 
審判番号 不服2002-14828 
総通号数 67 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2005-07-29 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2002-08-05 
確定日 2005-05-25 
事件の表示 商願2001- 71882拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「ECMR」の文字と「エコマー」の文字とを上下2段に横書きしてなり、第29類に属する願書記載のとおりの商品を指定商品として、平成13年8月7日に登録出願されたものである。

2 引用商標
原査定において本願の拒絶の理由に引用した登録第2092093号商標(以下「引用商標」という。)は、「EICOMAR」の文字を横書きしてなり、昭和61年11月6日に登録出願され、第32類に属する商標登録原簿に記載のとおりの商品を指定商品として、同63年11月30日に設定登録され、その後、平成10年7月14日に商標権の存続期間の更新登録がなされ、現に有効に存続しているものである。

3 当審の判断
本願商標は、前記のとおりの構成よりなるから、その構成文字に相応して「エコマー」の称呼を生ずるものである。
他方、引用商標は、前記のとおりの構成よりなるから、その構成文字に相応して「エイコマー」の称呼を生ずるものと認められる。
そこで、本願商標より生ずる「エコマー」の称呼と引用商標より生ずる「エイコマー」の称呼とを比較するに、両称呼は、「コマー」の称呼を共通にするものの、称呼の識別上重要な要素を占める語頭部において「エ」と「エイ」の差異を有するものであり、前者が3音構成で一気に称呼されるのに対し、後者は4音構成で「エイ」「コマー」と2音節風に称呼されるといえるから、これらの差異が、比較的短い両称呼の全体に及ぼす影響は、決して小さいものでなく、両称呼を全体として称呼したときには、十分に聴別し得る差異を有するものというべきである。
また、本願商標と引用商標は、特定の観念を生じない造語と認められるものであるから、両者は観念上比較し得ないものであり、それぞれの構成よりみて外観上容易に区別し得るものである。
したがって、本願商標を商標法第4条1項第11号に該当するものとして、本願を拒絶した原査定は、妥当でなく取消しを免れない。
その他、政令で定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2005-04-26 
出願番号 商願2001-71882(T2001-71882) 
審決分類 T 1 8・ 262- WY (Z29)
最終処分 成立  
前審関与審査官 岩内 三夫 
特許庁審判長 山田 清治
特許庁審判官 小林 薫
岩崎 良子
商標の称呼 エコマー、イイシイエムアアル 
代理人 野中 誠一 
代理人 福島 三雄 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ