現在、審決メルマガは配信を一時停止させていただいております。再開まで今暫くお待ち下さい。

  • ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 取り消して登録 Z12
管理番号 1080063 
審判番号 不服2000-4269 
総通号数 44 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2003-08-29 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2000-03-27 
確定日 2003-07-14 
事件の表示 平成10年商標登録願第 29256号拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標(標準文字による商標)は、「DAKOTA」の欧文字を書してなり、第12類「自動車並びにその部品及び附属品,二輪自動車・自転車並びにそれらの部品及び附属品,陸上の乗物用の動力機械器具(その部品を除く。),陸上の乗物用の機械要素,陸上の乗物用の交流電動機又は直流電動機(その部品を除く。),タイヤ又はチューブの修繕用ゴムはり付け片,乗物用盗難警報器」を指定商品として、平成10年4月7日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由
原査定は、「本願商標は、アメリカ合衆国中西部に位置する州『NORTH DAKOTA』と『SOUTH DAKOTA』の双方或いはいずれか一方を指称するものと認められる『DAKOTA』の文字を普通に用いられる方法で横書きしてなるから、これを指定商品に使用しても、単に商品の産地、販売地を表示するにすぎないものと認める。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当する。」旨認定、判断して、拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、上記の構成よりなるところ、該文字が原審説示の如く、アメリカ合衆国中西部に位置する州「NORTH DAKOTA」と「SOUTH DAKOTA」の双方或いはいずれか一方を指称するものと認められるとはいえず、「DAKOTA(ダコタ)」は、古くは金銀の採鉱が盛んであって、1861年にDAKOTA準州を制定したが、その後1889年には「サウスダコタ」と「ノースダコタ」の2州に分離、現存する地名ではなく、また、該名称は、我が国において地名として広く知られているものとは言い難いばかりでなく、本願の指定商品に関して、商品の産地、販売地を表示するものとして普通に使用されている事実も見出せないものである。
してみれば、本願商標をその指定商品に使用しても、商品の産地、販売地を表示するものではなく、自他商品の識別標識としての機能を果たし得るといえるものである。
したがって、本願商標が、商標法第3条第1項第3号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、取り消しを免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2003-06-20 
出願番号 商願平10-29256 
審決分類 T 1 8・ 13- WY (Z12)
最終処分 成立 
前審関与審査官 柳原 雪身 
特許庁審判長 小林 薫
特許庁審判官 岩崎 良子
大橋 信彦
商標の称呼 ダコタ 
代理人 足立 泉 
代理人 青木 博通 
代理人 柳生 征男 
代理人 中田 和博 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ