• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項8号 他人の肖像、氏名、著名な芸名など 登録しない W09141825
管理番号 1365146 
審判番号 不服2019-1138 
総通号数 249 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2020-09-25 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2019-01-29 
確定日 2020-08-15 
事件の表示 商願2017-126259拒絶査定不服審判事件について,次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は,成り立たない。
理由 第1 本願商標
本願商標は,「TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.」の文字を標準文字で表してなり,第9類「サングラス,電子出版物」,第14類「ネックレス及びその他の身飾品(「カフスボタン」を除く。),宝玉及びその模造品,キーホルダー」,第18類「かばん類,袋物,傘,皮革」及び第25類「被服(「和服」を除く。),ガーター,靴下止め,ズボンつり,バンド,ベルト,靴類(「靴合わせくぎ・靴くぎ・靴の引き手・靴びょう・靴保護金具」を除く。)」を指定商品として,平成29年9月21日に登録出願されたものである。

第2 原査定の拒絶の理由(要点)
原査定は,「本願商標は,『TAKAHIROMIYASHITA』の文字を構成中に有してなるところ,氏名をローマ字表記することが社会全般において広く行われており,また,インターネット記事によれば,『宮下孝広』,『宮下貴裕』等の他人が多数存在することが認められる。そうすると,本願商標は,他人の氏名をローマ字表記したものを含む商標であって,かつ,その他人の承諾を得ているものとは認められない。したがって,本願商標は,商標法第4条第1項第8号に該当する。」旨認定,判断し,本願を拒絶したものである。

第3 当審における証拠調べ通知及びそれに対する請求人の対応
当審において,本願商標が商標法第4条第1項第8号に該当するか否かについて,職権に基づく証拠調べをした結果,別掲に示すとおりの事実を発見したので,同法第56条第1項で準用する特許法第150条第5項の規定に基づき,請求人に対して,令和元年9月30日付け証拠調べ通知書によって通知し,期間を指定してこれに対する意見を求めた。
しかしながら,請求人は,上記証拠調べ通知に対し,何ら意見を述べていない。

第4 当審の判断
1 本願商標について
(1)本願商標は,「TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.」の文字を標準文字で表してなるところ,その構成中の「TAKAHIROMIYASHITA」の文字部分はすべて欧文字の大文字で一連に書してなり,後半の「TheSoloist.」の文字部分は,親しまれた英語の定冠詞「The」,「独奏者」の意味を有する英単語「Soloist」及びピリオド「.」からなると容易に理解されるから,本願商標は,「TAKAHIROMIYASHITA」の文字部分と「TheSoloist.」の文字部分を組み合わせた結合商標であると理解されるものである。
そして,本願商標の構成中「TAKAHIROMIYASHITA」の文字部分は,無理なく一連にローマ字読みすることができ,「タカヒロミヤシタ」の称呼が自然に生じる。
(2)我が国では,パスポートやクレジットカードなどに本人の氏名がローマ字表記されるなど,氏名をローマ字表記することは少なくないこと,氏名をローマ字表記する場合に,「名」,「氏」の順で記載することが一般的であり,パスポートやクレジットカードのように,全ての文字を欧文字の大文字で記載することも少なくないこと,「ミヤシタ」を読みとする姓氏(「宮下」)及び「タカヒロ」を読みとする名前(「孝大,孝弘,貴弘,隆宏」等)は,日本人にとってありふれた氏名であることが認められる(別掲1,2)。
(3)以上によれば,本願商標は,その構成中「TAKAHIROMIYASHITA」の文字部分が,「ミヤシタ(氏)タカヒロ(名)」を読みとする人の氏名をローマ字表記したものと客観的に把握されるものであるから,人の「氏名」を含む商標であるといえる。
2 本願商標の商標法第4条第1項第8号該当性について
(1)本願商標は,上記1のとおり,人の「氏名」を含む商標である。
(2)別掲3によれば,「ミヤシタ タカヒロ」を読みとすると考えられる「宮下孝洋」という氏名の者が,新潟県妙高市に住所を有する者として,2018年12月版(掲載情報は2018年9月5日現在)及び2016年12月版(掲載情報は2016年9月7日現在)の「ハローページ(新潟県上越版)」に掲載され(別掲3(1)),「宮下隆寛」という氏名の者が,長野県下伊那郡高森町に住所を有する者として,2019年3月版(掲載情報は2018年11月28日現在)及び2017年3月版(掲載情報は2016年12月1日現在)の「ハローページ(長野県飯田版)」に掲載され(別掲3(2)),「宮下貴博」という氏名の者が,長野県松本市に住所を有する者として,2019年3月版(掲載情報は2018年11月28日現在)及び2017年3月版(掲載情報は2016年12月1日現在)の「ハローページ(長野県松本版)」に掲載され(別掲3(3)),「宮下孝弘」という氏名の者が,長野県木曽郡大桑村に住所を有する者として,2019年3月版(掲載情報は2018年11月28日現在)及び2017年3月版(掲載情報は2016年12月1日現在)の「ハローページ(長野県木曽版)」に掲載され(別掲3(4)),「宮下高広」という氏名の者が,長野県長野市に住所を有する者として,2019年9月版(掲載情報は2019年6月3日現在)及び2017年9月版(掲載情報は2017年6月5日現在)の「ハローページ(長野県長野版)」に掲載され(別掲3(5)),そのほかにも,「宮下高弘」又は「宮下貴浩」という氏名の者が,それぞれ2019年9月及び2017年9月に発行された他の地域の「ハローページ」(別掲3(6),(7))にも,当該地域に住所を有する者として掲載されていると認められる。
かかる事実によれば,これらの「宮下孝洋」,「宮下隆寛」,「宮下貴博」,「宮下孝弘」,「宮下高広」,「宮下高弘」,「宮下貴浩」という氏名の者は,いずれも本願商標の登録出願時から現在まで現存している者であると推認できる。
(3)請求人である「株式会社ソロイスト」(代表者「宮下貴裕」)と上記「宮下孝洋」,「宮下隆寛」,「宮下貴博」,「宮下孝弘」,「宮下高広」,「宮下高弘」,「宮下貴浩」という氏名の者は他人であると認められ,請求人は,上記他人の承諾を得ているものとは認められない。
(4)上記(1)ないし(3)によれば,本願商標は,その構成中に「他人の氏名」を含む商標であって,かつ,その他人の承諾を得ているものではない。
したがって,本願商標は,商標法第4条第1項第8号に該当する。
3 請求人の主張について
請求人は,本願商標はまとまりよく一連に表されており,その構成全体をもって一体不可分のものとして把握されるものであるから,かかる構成においては,これに接する取引者,需要者をして,直ちに,氏名を表したものと把握し,認識するとはいい難い旨主張する。
しかしながら,商標法第4条第1項第8号は,「他人の氏名・・・を含む商標」と規定するものであり,当該「氏名」の表記方法に特段限定を付すものではないところ,本願商標は,その構成上「TAKAHIROMIYASHITA」の文字部分と「TheSoloist.」の文字部分を組み合わせた結合商標であると理解されるものであり,「TAKAHIROMIYASHITA」の文字部分は「ミヤシタ(氏)タカヒロ(名)」を読みとする人の氏名をローマ字表記したものと客観的に把握されるものであることは,上記1のとおりであるから,本願商標は他人の「氏名」を含む商標として,商標法第4条第1項第8号に該当するものである。
したがって,請求人の上記主張は,採用できない。
4 まとめ
以上のとおり,本願商標は,商標法第4条第1項第8号に該当するものであるから,登録することができない。
よって,結論のとおり審決する。
別掲 別掲 証拠調べ通知書において示した事実
1 「ミヤシタ」を読みとする氏(「宮下」)が,日本人にとってありふれた氏であること
「ミヤシタ」を読みとする「宮下」の氏は,「姓名分布&ランキング」のウェブサイトによれば,全国で17,863件存在し,228番目に多い姓と掲載されている。
(http://www2.nipponsoft.co.jp/bldoko/index.asp)

2 「タカヒロ」を読みとする名前(「孝大,孝弘,貴弘,隆宏」等)が,日本人にとってありふれた名前であること
(1)「たまひよ 男の子のしあわせ名前事典」(2018年(平成30年)3月31日,株式会社ベネッセコーポレーション発行)の136頁において,「音から選ぶ」の「タカヒロ」を読みとする名前として,「孝大」,「孝弘」,「峻大」,「孝宏」,「貴大」及び「高弘」等の多数の名前が掲載されている。
(2)「【最新版】男の子 女の子 赤ちゃんのしあわせ名前大事典」(2017年(平成29年)5月30日,株式会社学研プラス発行)の89頁において,「Part3 みんなに愛される響きの名前にする 男の子の名前」の「タカヒロ」を読みとする名前として,「貴大」,「宇紘」,「隆広」及び「貴広」の名前が掲載されており,また,110頁において,「呼びたいニックネームから考える名前 男の子編」のニックネームが「たかちゃん」として,「たかひろ」が掲載されている。
(3)「輝く未来へはばたく赤ちゃんの名前事典」(株式会社主婦の友社発行)の101頁において,「呼び名(音の響き)から名づける」の「タカヒロ」を読みとする名前として,「貴大」,「崇大」,「崇寛」,「貴弘」,「貴博」及び「崇弘」の名前が掲載されている。
(4)「いちばん幸せになる 男の子名づけ」(成美堂出版発行)の76頁において,「響きから選ぶ名前リスト」の「タカヒロ」を読みとする名前として,「昴大」,「宇宙」,「貴寛」,「高大」,「隆弘」及び「貴比呂」の名前が掲載されている。

3 「ミヤシタ タカヒロ」を読みとすると考えられる氏名の者が本願商標の登録出願時から現在まで現存している者であると推認できること
(1)新潟県妙高市において住所を同じくする「宮下孝洋」氏は,2018年12月版(掲載情報は2018年9月5日現在)及び2016年12月版(掲載情報は2016年9月7日現在)の「ハローページ(新潟県上越版)」に掲載されている。
(2)長野県下伊那郡高森町において住所を同じくする「宮下隆寛」氏は,2019年3月版(掲載情報は2018年11月28日現在)及び2017年3月版(掲載情報は2016年12月1日現在)の「ハローページ(長野県飯田版)」に掲載されている。
(3)長野県松本市において住所を同じくする「宮下貴博」氏は,2019年3月版(掲載情報は2018年11月28日現在)及び2017年3月版(掲載情報は2016年12月1日現在)の「ハローページ(長野県松本版)」に掲載されている。
(4)長野県木曽郡大桑村において住所を同じくする「宮下孝弘」氏は,2019年3月版(掲載情報は2018年11月28日現在)及び2017年3月版(掲載情報は2016年12月1日現在)の「ハローページ(長野県木曽版)」に掲載されている。
(5)長野県長野市において住所を同じくする「宮下高広」氏は,2019年9月版(掲載情報は2019年6月3日現在)及び2017年9月版(掲載情報は2017年6月5日現在)の「ハローページ(長野県長野版)」に掲載されている。
(6)長野県上田市において住所を同じくする「宮下高弘」氏は,2019年9月版(掲載情報は2019年6月3日現在)及び2017年9月版(掲載情報は2017年6月5日現在)の「ハローページ(長野県上田版)」に掲載されている。
(7)長野県東御市において住所を同じくする「宮下貴浩」氏は,2019年9月版(掲載情報は2019年6月3日現在)及び2017年9月版(掲載情報は2017年6月5日現在)の「ハローページ(長野県上田版)」に掲載されている。
(8)東京都小平市において住所を同じくする「宮下孝弘」氏は,2019年2月版(掲載情報は2018年11月1日現在)及び2017年2月版(掲載情報は2016年11月1日現在)の「ハローページ(小平・西東京・東村山市版)」に掲載されている。
(9)神奈川県幸区において住所を同じくする「宮下貴博」氏は,2018年11月版(掲載情報は2018年7月26日現在)及び2016年11月版(掲載情報は2016年8月3日現在)の「ハローページ(川崎市川崎・幸・中原区版)」に掲載されている。



審理終結日 2019-11-21 
結審通知日 2019-11-25 
審決日 2019-12-06 
出願番号 商願2017-126259(T2017-126259) 
審決分類 T 1 8・ 23- Z (W09141825)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 吉沢 恵美子 
特許庁審判長 早川 文宏
特許庁審判官 渡邉 あおい
平澤 芳行
商標の称呼 タカヒロミヤシタザソロイスト、タカヒロミヤシタ、ミヤシタタカヒロ、ザソロイスト、ソロイスト 
代理人 磯野 富彦 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ