• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 一部申立て  登録を維持 W09164142
管理番号 1356251 
異議申立番号 異議2018-900322 
総通号数 239 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標決定公報 
発行日 2019-11-29 
種別 異議の決定 
異議申立日 2018-11-05 
確定日 2019-09-28 
異議申立件数
事件の表示 登録第6070672号商標の商標登録に対する登録異議の申立てについて、次のとおり決定する。 
結論 登録第6070672号商標の商標登録を維持する。
理由 1 本件商標
本件登録第6070672号商標(以下「本件商標」という。)は、「絵文字俳句」の文字を標準文字で表してなり、平成29年11月28日に登録出願、第9類「アプリケーションソフトウェア,電子計算機用プログラム,電子応用機械器具及びその部品,電気通信機械器具,インターネットを利用して受信し及び保存することができる画像ファイル,インターネットを利用して受信し及び保存することができる動画ファイル,レコード,インターネットを利用して受信し及び保存することができる音楽ファイル,教材としての電子出版物,電子出版物」、第16類「教材,印刷物,文房具類,紙類,紙製包装容器,書画,写真,写真立て」、第41類「俳句の作成の教授及びこれに関する情報の提供,技芸・スポーツ又は知識の教授,俳句に関する講演会・研究会の企画・運営又は開催,セミナーの企画・運営又は開催,電子出版物の提供,図書及び記録の供覧,図書の貸与,書籍の制作,教育・文化・娯楽・スポーツ用ビデオの制作(映画・放送番組・広告用のものを除く。),俳句又は短歌の展示及びこれらに関する情報の提供,俳句に関する興行の企画・運営又は開催(映画・演芸・演劇・音楽の演奏の興行及びスポーツ・競馬・競輪・競艇・小型自動車競走の興行に関するものを除く。),興行の企画・運営又は開催(映画・演芸・演劇・音楽の演奏の興行及びスポーツ・競馬・競輪・競艇・小型自動車競走の興行に関するものを除く。)」及び第42類「通信ネットワークを利用したアプリケーションソフトウェアの提供,電子計算機用プログラムの提供,電子計算機用プログラムの提供に関する情報の提供,電子計算機の貸与,データベースサーバーの貸与,電子計算機用プログラムの設計・作成又は保守,アプリケーションソフトウェアの設計・作成又は保守,デザインの考案(広告に関するものを除く。)」を指定商品及び指定役務として、同30年7月12日に登録査定、同年8月10日に設定登録されたものである。

2 引用商標
登録異議申立人(以下「申立人」という。)が、本件商標に係る登録異議の申立ての理由において引用する登録商標は、以下のとおりであり、いずれも現に有効に存続しているものである(以下、これらをまとめて「引用商標」という場合がある。)。
(1)登録第5782764号商標(以下「引用商標1」という。)
商標の構成:絵文字(標準文字)
登録出願日:平成26年9月17日
設定登録日:平成27年7月31日
指定商品及び指定役務:第16類「印刷物,製本用材料,文房具,教材(器具に当たるものを除く),プラスチック製包装材料(他の類に属するものを除く。),厚紙及びその他の紙類,書類挟み,スクラップブック,ステッカー(文房具),スタンプ,筆記用紙,印章,蛍光ペン,ノートブック,小冊子,剥ぎ取り式ノート(文房具),グリーティングカード,ポストカード,ティッシュペーパー,紙製のテーブルカバー,紙袋,筆箱,筆記用具箱(文房具),紙製又はプラスチック製の包装袋,パスポートホルダー,書籍,消しゴム,新聞,版画,石版画,包装紙,説明書,トランスペアレンシー(文房具に当たるものに限る。),波型の繊維板からなる段ボール箱,文房具としての又は家庭用の接着テープ,筆記用具,習字帳又はデッサン帳,紙製又は厚紙製の看板,封かん紙,メロディー付きグリーティングカード,りん光紙,カタログ,カレンダー,封筒,ハンドブック(マニュアル),ガムテープ(文房具),グラフィック複製画,広告・販売促進用印刷物,宣伝・販売促進用パンフレット,書式用紙,絵画(額に入っているもの又は入っていないもの),紙粘土製小立像,厚紙製又は紙製の瓶包み,ろ紙,多色刷り石版画,包装材料(文房具),こま割り漫画(印刷物),紙幣用クリップ,紙幣保管ケース,あて名スタンプ,便せん,はぎ取り式ノート(メモ帳),学用品(文房具に当たるものに限る。),チケット用印刷物,色板紙,ラベル,カードホルダー」及び第41類「カラオケ施設の提供,会員制による娯楽の提供,フィットネス施設の提供,運動施設の提供,遊園地の提供,演芸の上演,音楽の演奏,興行におけるチケットの手配,個人に対する知識の教授,通信教育による知識の教授,テレビジョン放送用娯楽番組の制作・配給,娯楽情報の提供,オーケストラによる演奏,パーティの企画・運営,ファッションショーの企画・運営(娯楽のためのもの),ショーの演出,ラジオ放送用娯楽番組の制作・配給,演劇の上演,興行(歌劇・音楽会)の企画・運営,書籍の編集(広告物を除く。),書籍の制作,コンサートの企画又は運営,ラジオの番組の制作,テレビジョンの番組の制作及び配給,音楽のプロデュース(企画・制作),オンラインによる音楽の提供(ダウンロードできないものに限る。),オンラインによるビデオの提供(ダウンロードできないものに限る。),オンラインによるゲームの提供,ディスコの提供,カジノゲームの提供,カジノゲーム施設の提供,社交パーティーの企画に関する助言,映画の制作(広告用映画の制作を除く。),映画の上映,映画フィルムの貸与」並びに第3類、第14類、第18類、第24類、第25類、第28類ないし第30類、第32類、第38類及び第45類に属する商標登録原簿に記載のとおりの商品及び役務
(2)国際登録第1176467号商標(以下「引用商標2」という。)
商標の構成:Emoji
国際登録出願日:2013年(平成25年)8月19日
優先権主張:EUIPO 2013年(平成25年)8月9日
設定登録日:平成26年10月24日
指定商品:第16類「Printed matter; bookbinding material; photographs; stationery; adhesives for stationery or household purposes; instructional and teaching material (except apparatus); plastic materials for packaging (not included in other classes); paper, boxes of paper, table cloths of paper, table napkins of paper, cardboard and cardboard articles.」並びに第3類、第14類、第18類、第25類、第29類、第30類及び第32類に属する国際登録に基づく商標権に係る商標登録原簿に記載の商品
(3)国際登録第1220980号商標(以下「引用商標3」という。)
商標の構成:emoji
国際登録出願日:2014年(平成26年)7月22日
優先権主張:EUIPO 2014年(平成26年)7月21日
設定登録日:平成27年11月27日
2016年(平成28年)5月10日に国際登録に記録された基礎出願又は基礎登録の効力の一部終了を原因とする当該商標権の登録の一部抹消があった結果の指定商品及び指定役務:第41類「Providing karaoke services; provision of club entertainment services; physical fitness centres (operation of -); providing sports facilities; amusement park services; performances (presentation of live -); ticket agency services [entertainment]; provision of tuition; correspondence courses; television entertainment; entertainment information; orchestra services; organisation of parties; organisation of fashion shows for entertainment purposes; production of shows; radio entertainment; theatre productions; organization of shows [impresario services]; editing of texts (except publicity texts); publication of books; arranging and conducting of concerts; services for the production of radio programmes; production and distribution of television programmes; production of music; providing on-line music, not downloadable; providing on-line videos, not downloadable; game services provided on-line from a computer network; discotheque services; party planning consultation; film production, other than advertising films; movie showing; rental of motion pictures; film production services; movie showing.」並びに第28類、第38類及び第45類に属する国際登録に基づく商標権に係る商標登録原簿に記載のとおりの商品及び役務
(4)国際登録第1233267号商標(以下「引用商標4」という。)
商標の構成:emoji
国際登録日:2014年(平成26年)8月26日
優先権主張:EUIPO 2014年(平成26年)8月15日
設定登録日:平成28年6月17日
指定商品 :第9類「Laptop bags; laptop covers; mouse pads (mouse mats); cabinets for loudspeakers; LEDs; magnets; animated cartoons; USB sticks; sunglasses; luminous signs; headphones; cards with integrated circuits; printed circuits; television apparatus; decorative magnets; encoded cards, magnetic; 3-d spectacles.」及び第16類「Folders for papers; document files; albums; stickers; mats for beer glasses; erasing products; used postage stamps, writing paper; stamps (seals); inking pads; marker pens; note books; stencils; files (office requisites); towels of paper; booklets; pads (stationery); greetings cards; postcards; handkerchiefs of paper; toilet paper; table covers of paper; conical paper bags; pen cases; document portfolios (stationery); bags, envelopes, pouches of paper or plastics, for packaging; bookbinding material; books; bookbindings; rubber erasers; erasing shields; newspapers; periodicals; graphic prints; drawing pads; wrapping paper; prospectuses; table napkins of paper; transparencies (stationery); packaging material of cardboard; self-adhesive tapes for stationery or household purposes; writing implements; writing or drawing books; writing cases; writing materials.」並びに第3類、第14類、第17類、第18類、第20類ないし第22類、第24類ないし第30類及び第32類に属する国際登録に基づく商標権に係る商標登録原簿に記載のとおりの商品

3 登録異議の申立ての理由
申立人は、本件商標について、その指定商品及び指定役務中、第9類、第16類及び第41類の指定商品及び指定役務(以下「申立に係る商品及び役務」という。)について商標法第4条第1項第11号に該当するものであるから、同法第43条の2第1号により、その登録は取り消されるべきであると申立て、その理由を要旨以下のように述べ、証拠方法として甲第1号証ないし甲第6号証を提出した。
(1)本件商標は、その外観、観念及び称呼において、引用商標1と類似であり、その指定商品及び指定役務も第16類「印刷物,文房具類」他、並びに第41類「俳句の作成の教授及びこれに関する情報の提供」他において同一又は類似であるから、本件商標は、その一部の指定商品及び指定役務につき、商標法第4条第1項第11号に該当する。
(2)本件商標は、その観念及び称呼において、引用商標2及び引用商標3と類似であり、その指定商品及び指定役務も第16類「印刷物,文房具類」他、並びに第41類「俳句の作成の教授及びこれに関する情報の提供,書籍の製作」他において同一又は類似であるから、本件商標は、その一部の指定商品及び指定役務につき、商標法第4条第1項第11号に該当する。
(3)本件商標は、その観念及び称呼において、引用商標4と類似であり、その指定商品も第9類「アプリケーションソフトウェア,電子計算機用プログラム,電子応用機械器具及びその部品」他、並びに第16類「印刷物,文房具類,紙類」他において同一又は類似であるから、本件商標は、その一部の指定商品につき、商標法第4条第1項第11号に該当する。

4 当審の判断
(1)商標の類否判断について
商標法第4条第1項第11号に係る商標の類否においては、「複数の構成部分を組み合わせた結合商標と解されるものについて、商標の構成部分の一部を抽出し、この部分だけを他人の商標と比較して商標そのものの類否を判断することは、その部分が取引者、需要者に対し商品又は役務の出所識別標識として強く支配的な印象を与えるものと認められる場合や、それ以外の部分から出所識別標識としての称呼、観念が生じないと認められる場合などを除き、許されない」(最高裁昭和37年(オ)第953号 最高裁平成3年(行ツ)第103号 最高裁平成19年(行ヒ)第223号)と解される。
上記の観点から、本願商標と引用商標の類否について判断する。
(2)本件商標について
本件商標は、上記1のとおり、「絵文字俳句」の文字よりなり、各文字は同書、同大、等間隔でまとまりよく表されているものであるから、外観上、「絵文字」の文字部分だけが取引者、需要者に対し商品又は役務の出所識別標識として強く支配的な印象を与えるということはできない。
また、本件商標の構成中、「俳句」の文字は、申立てに係る商品及び役務の具体的な品質及び質を表すものとして一般に使用されているともいい難いから、該文字部分が自他商品及び自他役務を識別する機能がないということはできない。
その他、本件商標について、その構成中の「絵文字」の文字部分を本件商標の要部とみるべき事情を見いだすことはできない。
また、本願商標は、辞書等に掲載がないものであって、特定の意味合いを認識するものとはいえない。
そうすると、本件商標は、一連一体のものとして看取され、該構成文字から「エモジハイク」の称呼を生じ、特定の観念は生じないものである。
(3)引用商標について
前記2のとおり、引用商標1は「絵文字」、引用商標2ないし4は、いずれも日本語の「絵文字」に通じる「Emoji」又は「emoji」の文字よりなり、その構成文字に相応して、「エモジ」の称呼、「表意文字の一種。絵を簡略化して文字として用いたもの。」(甲6:「広辞苑第5版」岩波書店発行)の観念を生じるものである。
(4)本件商標と引用商標との類否について
ア 外観
本件商標と引用商標1は、上記(2)及び(3)の構成態様からなるところ、外観においては、語頭から3文字を共通にするとしても、「俳句」の文字の有無という顕著な差異を有することから、両者は、外観上、明確に区別し得るものである。
本件商標と引用商標2ないし引用商標4は、上記(2)及び(3)の構成態様からなるところ、外観においては、本願商標が「俳句」の文字を有する
ことや漢字と欧文字という文字種の相違から、両者は、外観上、明確に区別し得るものである。
イ 称呼
称呼においては、本件商標から生ずる「エモジハイク」の称呼と引用商標のそれぞれから生ずる「エモジ」の称呼とは、その音構成及び音数において明らかな差異を有するものであるから、両者は、称呼上、明瞭に聴別されるものである。
ウ 観念
観念においては、本件商標は、特定の意味合いを認識しないものであるのに対して、引用商標は、いずれも「表意文字の一種。絵を簡略化して文字として用いたもの。」の観念を生じるものであるから、両者は、観念上、紛れるおそれはない。
エ まとめ
そうすると、本願商標と引用商標は、外観において明らかな差異を有し、称呼において明瞭に聴別されるものであり、観念において紛れるおそれのないものであるから、これらを総合して判断すれば、両者は、非類似の商標といわざるを得ない。
(5)小括
したがって、上記のとおり、本件商標は、引用商標と非類似の商標であるから、指定商品及び指定役務の類否について言及するまでもなく、商標法第4条第1項第11号に該当しない。
(6)むすび
以上のとおり、本件商標の登録は、商標法第4条第1項第11号に該当するものでなく、その登録は、同条第1項の規定に違反してされたものではないから、同法第43条の3第4項の規定に基づき、その登録を維持すべきである。
よって、結論のとおり決定する。
異議決定日 2019-09-18 
出願番号 商願2017-156681(T2017-156681) 
審決分類 T 1 652・ 1- Y (W09164142)
最終処分 維持 
前審関与審査官 根岸 克弘加藤 優紀 
特許庁審判長 冨澤 美加
特許庁審判官 山田 正樹
小俣 克巳
登録日 2018-08-10 
登録番号 商標登録第6070672号(T6070672) 
権利者 加澤 幸治
商標の称呼 エモジハイク、エモジ、ハイク 
代理人 アインゼル・フェリックス=ラインハルト 
代理人 前川 純一 
代理人 山崎 和香子 
代理人 森田 拓 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ