• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 外観類似 取り消して登録 W0942
審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 W0942
審判 査定不服 観念類似 取り消して登録 W0942
管理番号 1351524 
審判番号 不服2019-3270 
総通号数 234 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2019-06-28 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2019-03-08 
確定日 2019-05-10 
事件の表示 商願2018-124129拒絶査定不服審判事件について,次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は,登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は,別掲1のとおりの構成からなり,第9類及び第42類に属する願書に記載のとおりの商品及び役務を指定商品及び指定役務として,平成30年10月2日に登録出願されたものである。
その後,指定商品及び指定役務については,原審における平成30年11月28日受付の手続補正書により,第9類「インターネットを利用して受信し、及び保存することができる音楽ファイル,コンピュータソフトウェア(記憶されたもの),コンピュータプログラム(記憶されたもの),インターネットを利用して受信し、及び保存することができる画像ファイル,電子出版物,電子計算機用プログラム」及び第42類「コンピュータプログラムのインストール,電子計算機のプログラムの設計・作成又は保守,オンラインによるアプリケーションソフトウェアの提供(SaaS),クラウドコンピューティング,ウェブサイト経由によるコンピューター技術及びコンピュータプログラミングに関する情報の提供,デザインの考案(広告に関するものを除く。),ウェブサイトの作成又は保守,ウェブサーバーの貸与,電子計算機・自動車その他その用途に応じて的確な操作をするためには高度の専門的な知識・技術又は経験を必要とする機械の性能・操作方法等に関する紹介及び説明,電子計算機用プログラムの提供,電子計算機の貸与,コンピュータソフトウエアのバージョンアップ,コンピュータソフトウェアの設計・作成・保守に関する助言,コンピュータソフトウエアの保守,コンピュータソフトウエアの貸与」と補正されたものである。

2 引用商標
原査定において,本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして,本願の拒絶の理由に引用した登録第4812315号商標(以下「引用商標」という。)は,別掲2のとおりの構成からなり,平成16年3月29日に登録出願,第9類及び第42類に属する別掲3のとおりの商品及び役務を指定商品及び指定役務として,同年10月22日に設定登録され,現に有効に存続しているものである。

3 当審の判断
(1)本願商標
本願商標は,別掲1のとおり,「Joboco」の欧文字を,やや太めの角の丸い書体により表してなるところ,これらの文字の間隔は,やや広くほぼ同一の幅で設けられ,各文字のベースライン(文字の下部が位置する基準線)がそろえられ,前から2文字目,4文字目及び語尾の「o」の各文字の内側に,それぞれ水色,ピンク色及び黄色の同じ半円状の図形が配された構成態様からなることから,全体的に,統一的な印象を与えるデザインが施されているものである。
また,「Joboco」の欧文字は,辞書類に載録された成語とは認められないから,特定の語義を有しない一種の造語として理解されるものである。
そして,欧文字からなる造語の場合は,我が国で一般に普及したローマ字又は英語の読みに倣って称呼されるものであるから,本願商標は,英語の読みに倣って「ジョボコ」の称呼を生じるものである。
したがって,本願商標は,「ジョボコ」の称呼を生じ,特定の観念を生じないものである。
(2)引用商標
引用商標は,別掲2のとおり,「JOBCO」の欧文字を,セリフ(字画末端部にある爪のような張り出し部)を有するやや細めで縦長の書体により表してなるところ,当該文字は,辞書類に載録された成語とは認められないから,特定の語義を有しない一種の造語として理解されるものである。
そして,欧文字からなる造語の場合は,我が国で一般に普及したローマ字又は英語の読みに倣って称呼されるものであるから,引用商標は,英語の読みに倣って「ジョブコ」の称呼を生じるものである。
したがって,引用商標は,「ジョブコ」の称呼を生じ,特定の観念を生じないものである。
(3)本願商標と引用商標との類否
本願商標と引用商標との類否について検討するに,本願商標と引用商標とは,外観においては,「Job(JOB)」と「co(CO)」のつづりが共通するとしても,中間部において「o」の有無という明らかな差異があること,また,その文字の態様においても,やや太めの角の丸い書体とセリフを有するやや細めで縦長の書体とで異なること,さらに,文字のデザイン化及び色彩の有無の差異を有することからすれば,両者は,視覚的な印象が著しく相違し,外観上,判然と区別し得るものである。
次に,称呼においては,本願商標から生じる「ジョボコ」の称呼と引用商標から生じる「ジョブコ」の称呼とは,第2音において,「ボ」と「ブ」の差異を有するものであるが,共に全体がわずか3音からなるごく短い称呼においては,第2音の差異が,称呼全体に及ぼす影響は決して小さいものとはいえず,両称呼をそれぞれ一連に称呼した場合,語調,語感を異にし,称呼上,明瞭に聴別し得るものである。
そして,観念においては,本願商標と引用商標は,特定の観念を生じないものであるから,両者は,観念上,比較することができないものである。
そうすると,本願商標と引用商標とは,観念においては比較することができないとしても,外観においては,両者の構成文字及び態様に目立った差異を有するものであって,その印象が著しく相違し,判然と区別し得るものであり,称呼においても明瞭に聴別し得るものであるから,これらを総合して全体的に考察すれば,本願商標は,引用商標と商品又は役務の出所について混同を生ずるおそれのない非類似の商標というのが相当である。
(4)まとめ
以上のとおり,本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして本願を拒絶した原査定は,取消しを免れない。
その他,本願について拒絶の理由を発見しない。
よって,結論のとおり審決する。
別掲 別掲1 本願商標(色彩については、原本参照。)


別掲2 引用商標


別掲3 引用商標の指定商品及び指定役務
第9類「耳栓,加工ガラス(建築用のものを除く。),アーク溶接機,金属溶断機,電気溶接装置,オゾン発生器,電解槽,検卵器,金銭登録機,硬貨の計数用又は選別用の機械,作業記録機,写真複写機,手動計算機,製図用又は図案用の機械器具,タイムスタンプ,タイムレコーダー,パンチカードシステム機械,票数計算機,ビリングマシン,郵便切手のはり付けチェック装置,自動販売機,ガソリンステーション用装置,駐車場用硬貨作動式ゲート,救命用具,消火器,消火栓,消火ホース用ノズル,スプリンクラー消火装置,火災報知機,ガス漏れ警報器,盗難警報器,保安用ヘルメット,鉄道用信号機,乗物の故障の警告用の三角標識,発光式又は機械式の道路標識,潜水用機械器具,業務用テレビゲーム機,電動式扉自動開閉装置,乗物運転技能訓練用シミュレーター,運動技能訓練用シミュレーター,理化学機械器具,写真機械器具,映画機械器具,光学機械器具,測定機械器具,配電用又は制御用の機械器具,回転変流機,調相機,電池,電気磁気測定器,電線及びケーブル,電気アイロン,電気式ヘアカーラー,電気ブザー,電気通信機械器具,電子応用機械器具及びその部品,磁心,抵抗線,電極,消防艇,ロケット,消防車,自動車用シガーライター,事故防護用手袋,防じんマスク,防毒マスク,溶接マスク,防火被服,眼鏡,家庭用テレビゲームおもちゃ,携帯用液晶画面ゲームおもちゃ用のプログラムを記憶させた電子回路及びCD-ROM,スロットマシン,ウエイトベルト,ウエットスーツ,浮袋,運動用保護ヘルメット,エアタンク,水泳用浮き板,レギュレーター,レコード,メトロノーム,電子楽器用自動演奏プログラムを記憶させた電子回路及びCD-ROM,計算尺,映写フィルム,スライドフィルム,スライドフィルム用マウント,録画済みビデオディスク及びビデオテープ,電子出版物」
第42類「気象情報の提供,建築物の設計,測量,地質の調査,機械・装置若しくは器具(これらの部品を含む。)又はこれらの機械等により構成される設備の設計,デザインの考案,電子計算機のプログラムの設計・作成又は保守,電子計算機・自動車その他その用途に応じて的確な操作をするためには高度の専門的な知識・技術又は経験を必要とする機械の性能・操作方法等に関する紹介及び説明,医薬品・化粧品又は食品の試験・検査又は研究,建築又は都市計画に関する研究,公害の防止に関する試験又は研究,電気に関する試験又は研究,土木に関する試験又は研究,農業・畜産又は水産に関する試験・検査又は研究,機械器具に関する試験又は研究,計測器の貸与,電子計算機の貸与,電子計算機用プログラムの提供,理化学機械器具の貸与,製図用具の貸与」


審決日 2019-04-23 
出願番号 商願2018-124129(T2018-124129) 
審決分類 T 1 8・ 263- WY (W0942)
T 1 8・ 261- WY (W0942)
T 1 8・ 262- WY (W0942)
最終処分 成立 
前審関与審査官 赤澤 聡美 
特許庁審判長 榎本 政実
特許庁審判官 平澤 芳行
渡邉 あおい
商標の称呼 ジョボコ 
代理人 小林 健一郎 
代理人 特許業務法人Toreru 
代理人 宮崎 超史 
代理人 辻本 依子 
代理人 土野 史隆 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ