• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 一部申立て  登録を維持 W14202435
審判 一部申立て  登録を維持 W14202435
審判 一部申立て  登録を維持 W14202435
管理番号 1337234 
異議申立番号 異議2017-900236 
総通号数 219 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標決定公報 
発行日 2018-03-30 
種別 異議の決定 
異議申立日 2017-07-28 
確定日 2018-02-16 
異議申立件数
事件の表示 登録第5943648号商標の商標登録に対する登録異議の申立てについて、次のとおり決定する。 
結論 登録第5943648号商標の商標登録を維持する。
理由 1 本件商標
本件登録第5943648号商標(以下「本件商標」という。)は、別掲1のとおりの構成からなり、平成29年2月14日に登録出願、別掲2に記載のとおりの商品及び役務を指定商品及び指定役務として、同年4月6日に登録査定、同年4月28日に設定登録されたものである。

2 引用商標
登録異議申立人(以下「申立人」という。)の引用する国際登録第1234969号商標(以下「引用商標」という。)は、「DRAGONFLY」の欧文字を書してなり、2014年2月13日にSwitzerlandにおいてした商標登録出願に基づきパリ条約第4条による優先権を主張し、2014年(平成26年)8月12日に国際商標登録出願、別掲3に記載のとおりの商品及び役務を指定商品及び指定役務として、平成28年5月20日に設定登録され、現に有効に存続しているものである。

3 登録異議の申立ての理由
申立人は、本件商標の指定商品及び指定役務中、第14類「身飾品,貴金属製靴飾り」、第20類「木製・竹製又はプラスチック製の包装用容器」、第24類「織物製テーブルナプキン,ふきん」、第35類「身の回り品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」(以下、「申立てに係る商品及び役務」という。)については、商標法第4条第1項第11号に該当するものであるから、同法第43条の2第1号により、その登録は取り消されるべきであると申立て、その理由を要旨以下のように述べ、証拠方法として甲第1号証ないし甲第7号証を提出した。
(1)商標法第4条第1項第11号について
ア 本件商標
本件商標は、別掲1のとおり、中央にトンボと思しき図形を大きく描き、そのやや下部に「DRAGONFLIES」の欧文字を大きく横書きしてなるものである。
また、本件商標の最上部には、「HIROSHIMA」の欧文字を横書きしてなるが、該文字は、「DRAGONFLIES」が大きく、かつ、目立つ位置にあるのに対し、「HIROSHIMA」の欧文字は、小さく書してなるから、該文字は、目立たず、それぞれが分離して把握されるものである。
したがって、かかる場合、簡易迅速を旨とする商取引にあっては、大きく、かつ、目立つ位置に横書きされた「DRAGONFLIES」の文字をもって商取引に当たるとするのが相当である。
してみれば、本件商標中の「DRAGONFLIES」の文字からは、「ドラゴンフライズ」の称呼を生じるものである。
また、「DRAGONFLY(IES)」は、「トンボ」を意味する語として親しまれており、中学生レベルの英和辞書にも掲載されているほか、インターネット上の「研究社 新英和中辞典」にも掲載されている(甲3)。
したがって、本件商標からは、「トンボ」の観念も生じるものである。
イ 引用商標
引用商標は、「DRAGONFLY」の欧文字からなるから、これより、「ドラゴンフライ」の称呼と「トンボ」の観念を生じる商標であることは明らかである。
ウ 本件商標と引用商標との類否
そこで、両商標の類否についてみると、本件商標「DRAGONFLIES」からは「ドラゴンフライズ」の称呼を生じ、他方、引用商標「DRAGONFLY」からは「ドラゴンフライ」の称呼を生じるものといえる。
そうすると、両称呼を比較すると語尾において「ズ」の音の有無に差異を有するにとどまり、しかも「ズ」の音は語尾に位置する鼻音であるから、称呼全体に及ぼす影響は少なく、よって、それぞれを一連に称呼するときは互いに相紛れるおそれのある称呼上類似する商標といわなければならない。
また、「DRAGONFLY」及びその複数形の「DRAGONFLIES」からは、「トンボ」の観念を生ずるものである。
したがって、本件商標と引用商標とは、称呼及び観念において類似する商標である。
(2)本件商標と引用商標の指定商品及び指定役務の類否について
本件商標の指定商品及び指定役務中、申立てに係る商品及び役務は、「指定商品・指定役務の類似関係表」(甲4)のとおり、引用商標の指定商品と同一又は類似する。
(3)審決例について
本件商標と引用商標とが類似の商標であることは、審決例(甲5ないし甲7)等からも明らかである。
(4)結語
以上のとおり、本件商標と引用商標とは、称呼上類似し、観念においても同一であるから、両商標は、外観上の差異があるとしても、称呼、観念において類似する商標である。
また、本件商標の指定商品及び指定役務中、申立てに係る商品及び役務については、引用商標の指定商品と同一又は類似するものである。
したがって、本件商標の指定商品及び指定役務中、申立てに係る商品及び役務については、商標法第4条第1項第11号に該当する。

4 当審の判断
(1)本件商標について
本件商標は、別掲1のとおり、オレンジ色の盾型図形と青色縦線を中心として左右に広がった青色と黄色の組み合わせからなる曲線が下部へいくほど該縦線に巻き付くように描かれた図形を重ね、図形上部には「HIROSHIMA」、中央やや下に「DRAGONFLIES」の各欧文字を配した構成からなるところ、その構成は、全体がまとまりよく表されており、あたかも一つのエンブレム(紋章)の様な図形として認識、記憶されるものとみるのが相当である。
そして、本件商標の構成中の「HIROSHIMA」及び「DRAGONFLIES」の各文字は、図形全体と融合しており、どちらかの文字のみが強く支配的な印象を与えるものとはいえない。
そうすると、本件商標は、不可分一体のものと捉えるのが自然であり、その構成中の文字に相応して「ヒロシマドラゴンフライズ」の一連の称呼のみを生じるというべきであって、特定の観念は生じないものである。
(2)引用商標
引用商標は、前記2に示したとおり、「DRAGONFLY」の欧文字からなるところ、該文字に相応して「ドラゴンフライ」の称呼を生じ、「トンボ」の観念を生じるものである。
(3)本件商標と引用商標の類否
本件商標と引用商標とを対比するに、上記(1)及び(2)に記載のとおりの構成からなる、本件商標と引用商標とは、その構成態様が明らかに相違するものであるから、外観上、判然と区別し得るものである。
次に、称呼においては、本件商標から生じる「ヒロシマドラゴンフライズ」の称呼と引用商標から生じる「ドラゴンフライ」の称呼とは、その構成音数を明らかに異にするものであるから、称呼上、明確に聴別し得るものである。
さらに、観念においては、本件商標は、特定の観念を生じるとはいえないものであり、引用商標は「トンボ」の観念を生じるから、観念上、比較することができないものである。
してみれば、本件商標と引用商標とは、観念において比較することができないとしても、外観及び称呼において明らかに相違するものであるから、両者は、非類似の商標というべきである。
(4)小括
以上のとおり、本件商標は、引用商標とは非類似の商標であるから、本件商標の指定商品及び指定役務が引用商標の指定商品と同一又は類似のものであるとしても、商標法第4条第1項第11号に該当するということはできない。
(5)申立人の主張
申立人は、「本件商標の最上部には、『HIROSHIMA』の欧文字を横書きしてなるが、該文字は、『DRAGONFLIES』が大きく、かつ、目立つ位置にあるのに対し、『HIROSHIMA』の欧文字は、小さく書してなるから、該文字は、目立たず、それぞれが分離して把握されるものである。したがって、かかる場合、簡易迅速を旨とする商取引にあっては、大きく、かつ、目立つ位置に横書きされた『DRAGONFLIES』の文字をもって商取引に当たるとするのが相当である。してみれば、本件商標中の『DRAGONFLIES』の文字からは、『ドラゴンフライズ』の称呼を生じるものである。また、『DRAGONFLY(IES)』は、『トンボ』を意味する語として親しまれており、・・・したがって、本件商標からは、『トンボ』の観念も生じるものである。」旨を主張する。
しかしながら、本件商標は、上記(1)に記載のとおり、その構成は、全体としてまとまりよく表されており、図形と文字とが一体となったあたかも一つのエンブレム(紋章)の様な標章として認識、記憶されるものとみるのが相当であって、本件商標の構成中の「HIROSHIMA」及び「DRAGONFLIES」の各文字は、図形全体と融合しており、どちらかの文字のみが強く支配的な印象を与えるとはいえないものであるから、殊更その構成中の「DRAGONFLIES」の文字部分を分離、抽出して、これより生じる称呼及び観念をもって、商取引に当たるとみることはできない。
そうすると、本件商標は、その構成を不可分一体のものと捉えるのが自然であり、構成中の文字に相応して「ヒロシマドラゴンフライズ」の一連の称呼のみを生じるというべきで、特定の観念は生じないものというのが相当である。
したがって、申立人の上記主張は採用することができない。
(5)まとめ
以上のとおり、本件商標の登録は、申立てに係る商品及び役務について、商標法第4条第1項第11号に違反してされたものではないから、同法第43条の3第4項の規定に基づき、その登録を維持すべきでものである。
よって、結論のとおり決定する。
別掲 別掲1(本件商標:色彩については原本参照)



別掲2(本件商標の指定商品及び指定役務)
第9類「写真機械器具,映画機械器具,光学機械器具,携帯電話機用ストラップ,携帯電話機用ホルダー,携帯電話機並びにその部品及び附属品,電気通信機械器具,スマートフォン用ストラップ,スマートフォンの液晶画面保護フィルム,スマートフォン並びにその部品及び附属品,電子応用機械器具及びその部品,眼鏡,運動用保護ヘルメット,レコード,インターネットを利用して受信し及び保存することができる音楽ファイル,インターネットを利用して受信し及び保存することができる画像ファイル,録画済みビデオディスク及びビデオテープ,電子出版物」
第14類「貴金属,宝玉及びその原石並びに宝玉の模造品,キーホルダー,記念カップ,記念たて,身飾品,貴金属製靴飾り,時計」
第16類「事務用又は家庭用ののり及び接着剤,紙製包装用容器,紙製のぼり,紙製旗,衛生手ふき,紙製タオル,紙製テーブルナプキン,紙製手ふき,紙製ハンカチ,文房具類,カレンダー,ポスター,印刷物,写真,写真立て」
第20類「クッション,座布団,まくら,マットレス,木製・竹製又はプラスチック製の包装用容器,うちわ,扇子,愛玩動物用ベッド,犬小屋,小鳥用巣箱,買物かご,家具,サインボール」
第24類「タオル,ハンカチ,布製身の回り品,かや,敷布,布団,布団カバー,布団側,まくらカバー,毛布,織物製テーブルナプキン,ふきん,のぼり及び旗(紙製のものを除く。),織物製椅子カバー,織物製壁掛け,カーテン,テーブル掛け,どん帳,織物製のティッシュケース用カバー,布製ティッシュペーパーカバー」
第25類「被服,履物,仮装用衣服,運動用特殊衣服,運動用特殊靴」
第28類「おもちゃ,人形,囲碁用具,将棋用具,歌がるた,さいころ,すごろく,ダイスカップ,ダイヤモンドゲーム,チェス用具,チェッカー用具,手品用具,ドミノ用具,トランプ,花札,マージャン用具,遊戯用器具,ビリヤード用具,運動用具,釣り具,昆虫採集用具」
第30類「茶,コーヒー,ココア,菓子,パン,サンドイッチ,中華まんじゅう,ハンバーガー,ピザ,ホットドッグ,ミートパイ,調味料,穀物の加工品,ぎょうざ,しゅうまい,すし,たこ焼き,弁当,ラビオリ,即席菓子のもと」
第32類「ビール,清涼飲料,果実飲料,飲料用野菜ジュース,乳清飲料」
第35類「広告業,経営の診断又は経営に関する助言,市場調査又は分析,商品の販売に関する情報の提供,ホテルの事業の管理,文書又は磁気テープのファイリング,コンピュータデータベースへの情報編集,広告用具の貸与,求人情報の提供,織物及び寝具類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,被服の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,履物の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,かばん類及び袋物の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,身の回り品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,電気通信機械器具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,電気機械器具類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,印刷物の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,紙類及び文房具類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,運動用特殊衣服の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,運動用特殊靴の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,運動具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,おもちゃ・人形及び娯楽用具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,ダウンロード可能な音楽又は音声の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,録音済み記録媒体の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,楽器及びレコードの小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,サングラスの小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,時計及び眼鏡の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,ダウンロード可能な映像又は画像の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,録画済み記録媒体の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,電子出版物の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」
第41類「技芸・スポーツ又は知識の教授,セミナーの企画・運営又は開催,電子出版物の提供,図書及び記録の供覧,図書の貸与,スポーツの興行の企画・運営又は開催,興行の企画・運営又は開催(映画・演芸・演劇・音楽の演奏の興行及びスポーツ・競馬・競輪・競艇・小型自動車競走の興行に関するものを除く。),運動施設の提供,興行場の座席の手配,通信を用いて行う映像又は画像の提供,映画の上映・制作又は配給,通信を用いて行う音楽又は音声の提供,演芸の上演,演劇の演出又は上演,音楽の演奏」

別掲3(引用商標の指定商品及び指定役務)
第3類「Cosmetic products in cream, milk, oil, emulsion, fluid and lotion form, aerosol and gel products for the face, body and hands, anti-wrinkle care creams, non-medical energizing and toning creams, day cream, night cream; perfumed body milks, perfumed body creams; perfumed body lotions; moisturizing creams and lotions; cosmetic scrubs in cream form; scented bath and shower products; exfoliating body balm; non-medical skin care preparations for the body, face, eyes, lips, neck, bust, hands, legs and feet; masks for cosmetic purposes, namely masks for face care, beauty masks; moisturizing masks, anti-shine masks, anti-wrinkle masks; cosmetic products for bathing and showering; sun care products for cosmetic use; sun care products (cosmetic sun-tanning preparations); toiletries, namely hair masks, bath salts (not for medical use), bath and shower gels, foam baths, toilet soaps and cakes of soap; treatment for hair cleaning and beautification for cosmetic use; cosmetic products for foot, hand and leg care; essential oils; oils for perfumes and scents; make-up removing preparations, namely cleansing water, foaming cleansing gel, cleansing foam, make-up removing cream, make-up removing wipes, make-up removing lotion for the eyes; perfumery products, namely perfume, eau de parfum, eau de Cologne, toilet water, deodorants for personal use, perfumed body care products; shaving products, after-shave lotions, air-freshening perfumes, namely perfumed stones, scented wood, scented potpourris, incense; sachets for perfuming linen; dentifrice.」
第16類「Plastic materials for packaging, namely bags, sachets, films and sheets; aquarelles.」
第21類「Figurines [statuettes] of porcelain, terra-cotta or glass; table plates; glass [receptacles]; dishes; trivets [table utensils]; disposable tableware; household or kitchen utensils and containers; combs and sponges; brush-making materials; articles for cleaning purposes; glassware, porcelain and earthenware not included in other classes; unworked or semi-worked glass (except building glass); goblets; beer mugs; flower pots; candy boxes; butter dishes; china ornaments; soap boxes; tea caddies; sugar bowls; egg cups; buckets; vinegar bottles; cruet stands for oil and vinegar; chopsticks; figurines of porcelain, ceramic, earthenware or glass; drinking flasks for travelers; bottles; kitchen containers; vegetable dishes; cooking pot sets; tableware other than knives, forks and spoons; spice sets; glass balls; painted glassware; crystal (glassware); decanters; cheese-dish covers; cookie jars; ceramics for household purposes; candelabra, candlesticks; cookery molds; baskets for household use; fitted picnic baskets, including dishes; cake molds; porcelain, terracotta or glass artwork; knife rests for the table; fruit cups; pepper pots; lunch boxes; salad bowls; salt cellars; bowls; dishes for soap; soap dispensers; napkin rings; soup bowls; cups; teapots; tea services; table tops; pots; pottery; saucers; vases; holders and stands for bath and toilet utensils, namely soap dishes, shaving brush holders, toilet paper roll holders; porcelain and earthenware, not included in other classes.」
第44類「Hygienic and beauty care for human beings, beauty salons; beauty care and consulting services, nutritional and perfume consulting; fitness services using saunas, hammams and baths with high-pressure water jets; physiotherapy, beauty salon services.」


異議決定日 2018-02-08 
出願番号 商願2017-16460(T2017-16460) 
審決分類 T 1 652・ 263- Y (W14202435)
T 1 652・ 262- Y (W14202435)
T 1 652・ 261- Y (W14202435)
最終処分 維持 
前審関与審査官 佐藤 松江 
特許庁審判長 井出 英一郎
特許庁審判官 中束 としえ
山田 正樹
登録日 2017-04-28 
登録番号 商標登録第5943648号(T5943648) 
権利者 株式会社広島ドラゴンフライズ
商標の称呼 ヒロシマドラゴンフライズ、ドラゴンフライズ 
代理人 特許業務法人はなぶさ特許商標事務所 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ