• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項6号 1号から5号以外のもの 取り消して登録 W31
管理番号 1336287 
審判番号 不服2017-4524 
総通号数 218 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2018-02-23 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2017-03-31 
確定日 2018-01-15 
事件の表示 商願2015-88427拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標について
本願商標は、別掲1のとおりの構成からなり、第31類に属する願書に記載のとおりの商品を指定商品として、平成27年5月14日に登録出願された商願2015-45359に係る商標法第10条第1項の規定による商標登録出願として、同年9月14日に登録出願されたものである。
その後、本願の指定商品については、当審における平成29年11月13日付け手続補正書により、第31類に属する別掲2のとおりの商品に補正されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
原査定は、「本願商標を、この商標登録出願に係る指定商品に使用しても、これに接する需要者は、単に『大麦若葉』や『大麦若葉に関するもの』、または、『麦の葉』や『麦の葉に関するもの』であることを理解するにとどまり、これをもって自他商品の識別標識とは認識し得ないものであるから、本願商標は、需要者が何人かの業務に係る商品であることを認識することができない商標と判断するのが相当である。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第6号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審における手続の経緯
当審において、審判長は、請求人に対し、平成29年10月31日付け審尋により、「本願商標は、その指定商品中の『麦の苗,大麦の苗,緑葉の苗,葉菜の苗』との関係においては、自他商品の識別標識としての機能を果たし得ないものであり、需要者が何人かの業務に係る商品であることを認識することができない商標というべきであるから、商標法第3条第1項第6号に該当する」旨を開示し、回答を求めた。
これに対し、請求人は、前記1のとおり、本願の指定商品を第31類に属する別掲2のとおりの商品に補正した。

4 当審の判断
本願商標は、別掲1のとおり、写実的に表した緑葉の植物(葉の部分の全容は明らかではない。)の土付きの株であって、根の長さが異なる二つの株を左右に並べて表示してなるものであるところ、これを願書に記載のとおりの指定商品中、「麦の苗,大麦の苗,緑葉の苗,葉菜の苗」について使用しても、これに接する取引者、需要者は、麦、大麦、緑葉及び葉菜の土付きの株状の苗を二つ並べて写実的に表したものと理解、認識するにすぎないといわざるをえないから、本願商標は、「麦の苗,大麦の苗,緑葉の苗,葉菜の苗」との関係においては、自他商品の識別標識としての機能を果たし得ないものであり、需要者が何人かの業務に係る商品であることを認識することができない商標というべきである。
しかしながら、本願の指定商品は、前記1のとおり、「麦の苗,大麦の苗,緑葉の苗,葉菜の苗」を含まない別掲2のとおりの商品に補正されており、本願商標をその補正後の指定商品について使用したときは、本願商標は、自他商品の識別標識としての機能を果たし得ないものとはいい難く、需要者が何人かの業務に係る商品であることを認識することができない商標ではない。
したがって、本願商標は商標法第3条第1項第6号に該当するものではないから、これを理由として本願を拒絶した原査定は、妥当でなく、取消しを免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲1
(本願商標)※色彩については原本を参照されたい。


別掲2
(本願の指定商品)
第31類 麦の葉,大麦の葉,大麦若葉,葉菜の葉,麦の種子類,大麦の種子類,緑葉の種子類,葉菜の種子類,青汁その他食品原材料用の大麦若葉,青汁その他食品原材料用の緑葉,青汁その他食品原材料用の葉菜,無農薬の麦の葉,無農薬の大麦の葉,無農薬の大麦若葉,無農薬の緑葉,無農薬の葉菜,有機栽培された麦の葉,有機栽培された大麦の葉,有機栽培された大麦若葉,有機栽培された緑葉,有機栽培された葉菜,青汁その他食品原材料用の有機栽培された麦の葉,青汁その他食品原材料用の有機栽培された大麦の葉,青汁その他食品原材料用の有機栽培された大麦若葉,青汁その他食品原材料用の有機栽培された緑葉,青汁その他食品原材料用の有機栽培された葉菜,青汁その他食品原材料用の麦の葉,青汁その他食品原材料用の大麦の葉

審決日 2017-12-21 
出願番号 商願2015-88427(T2015-88427) 
審決分類 T 1 8・ 16- WY (W31)
最終処分 成立 
前審関与審査官 小岩井 陽介椎名 実守屋 友宏 
特許庁審判長 大森 健司
特許庁審判官 尾茂 康雄
田中 敬規
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ