• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項8号 他人の肖像、氏名、著名な芸名など 取り消して登録 W1937
管理番号 1333381 
審判番号 不服2017-8108 
総通号数 215 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2017-11-24 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2017-06-06 
確定日 2017-10-24 
事件の表示 商願2016-79749拒絶査定不服審判事件について,次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は,登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は,「株式会社クワザワ」の文字を標準文字で表してなり,第19類「合成建築専用材料,リノリューム製建築専用材料,プラスチック製建築専用材料,アスファルト及びアスファルト製の建築用又は構築用の専用材料,ゴム製の建築用又は構築用の専用材料,しっくい,石灰製の建築用又は構築用の専用材料,石こう製の建築用又は構築用の専用材料,繊維製の落石防止網,セメント及びその製品,木材,石材,建築用ガラス,建具(金属製のものを除く。)」及び第37類「建設工事,建築工事に関する助言,建築設備の運転・点検・整備,建築物の外壁の清掃,窓の清掃,床敷物の清掃,床磨き」を指定商品及び指定役務として,平成28年7月26日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由
原査定においては,本願商標は,「株式会社クワザワ」の文字を表してなるところ,これは「株式会社クワザワ」(長野県塩尻市大門一番町15番17号)の名称を含む商標であり,かつ,その他人の承諾を得ているものとは認められないため,商標法第4条第1項第8号に該当するものである旨認定,判断し,本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は,上記1のとおり,「株式会社クワザワ」の文字を表してなるところ,当審が職権をもって調査した「株式会社クワザワ」(長野県塩尻市大門一番町15番17号)の平成29年9月5日付け履歴事項全部証明書によれば,同社は,本願商標の登録出願時には既に存在していた株式会社であることは認められるものの,同年3月31日に株主総会の決議により解散し,その登記が同年4月21日になされていることが認められる。そのため,同社は,清算の目的の範囲内において存続しているにすぎず,その固有の営業を遂行する能力を失っている。
したがって,本願商標は,商標法第4条第1項第8号に該当するものではない。
その他,本願について拒絶の理由を発見しない。
よって,結論のとおり審決する。
審決日 2017-10-10 
出願番号 商願2016-79749(T2016-79749) 
審決分類 T 1 8・ 23- WY (W1937)
最終処分 成立 
前審関与審査官 安達 輝幸 
特許庁審判長 早川 文宏
特許庁審判官 田村 正明
阿曾 裕樹
商標の称呼 クワザワ 
代理人 江森 健二 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ