• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 外観類似 取り消して登録 W3545
審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 W3545
審判 査定不服 観念類似 取り消して登録 W3545
管理番号 1320301 
審判番号 不服2016-9019 
総通号数 203 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2016-11-25 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2016-06-16 
確定日 2016-10-17 
事件の表示 商願2015-43993拒絶査定不服審判事件について,次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は,登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は,別掲1のとおりの構成からなり,第25類,第35類,第41類及び第45類に属する願書記載のとおりの商品及び役務を指定商品及び指定役務として,平成27年5月11日に登録出願され,その後,指定商品及び指定役務については,審判請求と同時に提出された同28年6月16日付け手続補正書により,第35類及び第45類に属する別掲2に掲げる指定役務に補正されたものである。

2 引用商標
原査定において,本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして引用した登録商標は,以下のとおりであり,いずれの商標権も現に有効に存続している。
(1)登録第4539749号商標
商標の構成 「ジェイスタイル」及び「J-STYLE」を上下二段に書したもの
指定役務 第41類及び第42類に属する商標登録原簿に記載のとおりの役務
出願日 平成12年6月28日
登録日 平成14年2月1日
(2)登録第5253225号商標
商標の構成 「J-STYLE」
指定商品 第24類及び第25類に属する商標登録原簿に記載のとおりの商品
出願日 平成20年12月18日
登録日 平成21年7月31日
(3)商標登録第5525136号商標
商標の構成 「J-STYLE」(標準文字)
指定商品 第21類及び第25類に属する商標登録原簿に記載のとおりの商品
出願日 平成24年4月10日
登録日 平成24年9月28日

3 当審の判断
(1)本願商標
本願商標は,別掲1のとおり,大きく筆記体風に表された「J」の文字の右側に,「-Style」の文字を書し,同文字の下部に,「J」の文字と近接するように小さく「OYFUL ELI」の文字を書してなり,「J」の文字の飾りひげに相当する部分の先端には,ピンク色のハート状の図形が,また,「-Style」中の「y」の文字の上部にはピンク色の小さな「y」の文字が重なるように配されてなるものである。そして,その構成中,大きく筆記体風に表された「J」の文字と,小さく書された「OYFUL ELI」中の「OYFUL」の文字部分が近接して表されていること及び「JOYFUL」の文字が「楽しい」を意味する英単語として広く一般に親しまれていることからすれば,両文字は一連として「JOYFUL」の英単語を表したものと容易に看取されるとみるべきである。
そうすると,本願商標からは,その構成文字に相応して,「J-Style」の文字部分から「ジェイスタイル」の称呼が,「JOYFUL ELI」の文字部分から「ジョイフルエリ」の称呼が生じ,特定の観念は生じないものというべきである。
なお,請求人は,本願商標の構成中の「J」の文字部分は,正しくは「T」と認定すべき旨主張するが,通常,筆記体風に表された「T」の上部横線は下部円弧部分に比して同じか又は大きく,水平方向に表すのに対し,当該文字部分の上部横線の占める割合が下部円弧部分に比して約半分程度にすぎず,右上がり斜め方向に表わされていること,また,上記のとおり,本願商標から看取される「JOYFUL」の文字が「楽しい」を意味する英単語として広く一般に親しまれていることからすれば,「J」の文字を表したものと判断するのが自然である。
(2)引用商標
引用商標の構成は上記2のとおりであり,それぞれの構成文字に相応して,「ジェイスタイル」の称呼が生じ,特定の観念は生じないというべきである。
(3)本願商標と引用商標との類否について
まず,外観については,本願商標と引用商標の構成は,それぞれ上記のとおりであるから,文字数及び構成の差異,図形の有無から,両者の外観は明らかに相違するものであり,両者は,外観上,明確に区別できるものである。
次に,称呼については,「ジェイスタイル」の称呼において本願商標と引用商標の称呼は共通することがある。
また,観念については,本願商標及び引用商標はともに特定の観念を生じないものであるから,両商標は,観念上,比較することができないことから,観念において相紛れるおそれはない。
そうすると,本願商標と引用商標とは,「ジェイスタイル」の称呼を共通にする場合があるとしても,これが外観における顕著な差異を凌駕するものではなく,観念において相紛れるおそれはないものであるから,取引者,需要者に与える印象,記憶,連想等を総合して全体的に考察すると,両商標は,これを同一又は類似の役務に使用しても,役務の出所について混同を生じるおそれのない非類似の商標というべきである。
(4)まとめ
以上のとおり,本願商標と引用商標とは非類似の商標であるから,本願商標は,商標法第4条第1項第11号に該当しない。
その他,本願について拒絶の理由を発見しない。
よって,結論のとおり審決する。
別掲 別掲1(本願商標)

(色彩は原本参照)

別掲2(本願商標の指定役務)
第35類
「インターネットを利用した広告,ダイレクトメール・ファクシミリによる広告,その他の広告,インターネットホームページ・電子メール・雑誌・新聞・ダイレクトメール・ファクシミリによる広告の代理,その他の広告の代理,インターネットを利用した広告に関する情報の提供,その他の広告に関する情報の提供,トレーディングスタンプの発行,ポイントカードの発行,ポイント蓄積式カードの発行,割引等の特典付カードの発行,販促用・営業促進用トレーディングカードの発行・管理及び清算,その他の販促用・営業促進用カードの発行・管理及び清算,販売又は営業促進のためのトレーディングカードの加盟店・会員の募集及びその管理又はそれらの代行及び仲介,インターネットを利用した経営の診断及び指導,その他の経営の診断及び指導,インターネットを利用した市場調査(アンケート・モニタリング業務を含む。),その他の市場調査(アンケート・モニタリング業務を含む。),インターネットを利用した商品の販売・商品の在庫管理に関する情報の提供,その他の商品の販売・商品の在庫管理に関する情報の提供,インターネットを利用した顧客情報に関する情報の提供,その他の顧客情報に関する情報の提供,インターネットを利用した経営に関する情報の提供,その他の経営に関する情報の提供,インターネットを利用した商品売買契約の代理・媒介・取次,その他を利用した商品売買契約の代理・媒介・取次,インターネットを利用した職業のあっせん,その他の職業のあっせん,インターネットを利用した顧客情報の管理の受託,その他を利用した顧客情報の管理の受託,インターネットを利用した顧客情報の管理の受託の代理,その他を利用した顧客情報の管理の受託の代理,インターネットを利用した市場調査(アンケート・モニタリング業務を含む。)の代行,その他を利用した市場調査(アンケート・モニタリング業務を含む。)の代行,インターネットを利用した市場調査(アンケート・モニタリング業務を含む。)に関する情報提供,その他の市場調査(アンケート・モニタリング業務を含む。)に関する情報提供,インターネットを利用したフランチャイズシステムの事業の運営・経営に関するコンサルティング,その他を利用したフランチャイズシステムの事業の運営・経営に関するコンサルティング,被服の小売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,履物の小売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」
第45類
「衣服の貸与,装身具の貸与,ファッション情報の提供,結婚又は交際を希望する者への異性の紹介,婚礼(結婚披露を含む。)のための施設の提供,占い,身の上相談,インターネットを利用した婚礼(結婚披露を含む。)の施設に関する情報の提供,インターネットを利用した婚礼(結婚披露を含む。)の施設の提供の契約の媒介又は取次ぎに関する情報の提供,インターネットを利用したファッション情報の提供,その他のファッション情報の提供,インターネットを利用した結婚又は交際を希望する者への異性の紹介に関する情報の提供,占星術に関する情報の提供,インターネットを利用した衣服の貸与に関する情報の提供,インターネットを利用した占いの提供,その他の占いの提供」



審決日 2016-10-05 
出願番号 商願2015-43993(T2015-43993) 
審決分類 T 1 8・ 261- WY (W3545)
T 1 8・ 262- WY (W3545)
T 1 8・ 263- WY (W3545)
最終処分 成立 
前審関与審査官 日向野 浩志 
特許庁審判長 今田 三男
特許庁審判官 冨澤 武志
田中 幸一
商標の称呼 ジェイスタイルジョイフルエリ、ジェイスタイル、スタイル、ジョイフルエリ、ジョイフル、エリ、イイエルアイ 
代理人 阿部 綽勝 
代理人 白崎 真二 
代理人 勝木 俊晴 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ