• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
不服2015650031 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項6号 1号から5号以外のもの 登録しない(当審拒絶理由) W0532
管理番号 1314478 
審判番号 不服2015-14506 
総通号数 198 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2016-06-24 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2015-08-03 
確定日 2016-04-27 
事件の表示 商願2014-89427拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 1 本願商標
本願商標は、「贅沢青汁」の文字を標準文字で表してなり、第5類及び第32類に属する別掲1のとおりの商品を指定商品として、平成26年10月23日に登録出願されたものである。

2 当審において通知した拒絶の理由
審判長は、請求人に対し、平成27年12月25日付け拒絶理由通知書で、次のとおりの拒絶の理由を通知した。
本願商標は、「贅沢青汁」の文字を標準文字で表してなるところ、その構成中、「贅沢」の文字は、「必要以上に金をかけること。ものごとが必要な限度を越えていること。」(株式会社岩波書店「広辞苑第六版」)等の意味を有する語として一般に親しまれた語であり、また、「青汁」の文字は、青汁を使用してなる本願の指定商品との関係において、商品の品質、原材料を表すものと理解させるものである。
そして、青汁を取り扱う業界においては、別掲2のとおり、各社から販売されている青汁の品質、産地、素材、量等にこだわった商品について、「贅沢」の文字がそれらの広告文中で使用され、加えて、「贅沢青汁」の文字もそれらの広告文中や商品の包装に顕著に表示されている事実が認められる。
そうすると、青汁を使用してなる本願の指定商品に本願商標を使用しても、本願商標は、これに接する取引者、需要者に、商品の広告において一般に用いられる語句の一種であると理解させるにとどまり、自他商品の識別標識としての機能を有するものとはいえず、需要者が何人かの業務に係る商品であることを認識することができない商標といわざるを得ない。
したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第6号に該当する。

3 請求人の意見
請求人は、上記2の拒絶の理由に対し、平成28年2月5日付け意見書において、要旨以下のとおりの意見を述べた。
拒絶理由通知書記載のインターネット情報のうち、広告文中については「贅沢青汁」の文字がその内容を補うための説明文を伴って使用され、「贅沢青汁」の文字が単独で商品の特徴等を簡潔に表す宣伝文句として使用されているとはいえないことから、本願商標は、商標法第3条1項6号に該当しない。

4 当審の判断
(1)商標法第3条第1項第6号該当性について
本願商標は、上記1のとおり、「贅沢青汁」の文字を標準文字で表してなるところ、上記2のとおり、「贅沢青汁」の文字からなる本願商標は、これを青汁を使用してなる本願の指定商品に使用しても、これに接する取引者、需要者が、商品の広告において一般に用いられる語句を表示したものと理解するにとどまり、自他商品の識別標識としての機能を有するものとはいえず、需要者が何人かの業務に係る商品であることを認識することができない商標というべきであるから、商標法第3条第1項第6号に該当する。
(2)請求人の主張について
請求人は、広告文中において、「贅沢青汁」の文字が単独で商品の特徴等を簡潔に表す宣伝文句として使用されているとはいえないことから、本願商標は、商標法第3条1項6号に該当しないと主張する。
しかしながら、「贅沢青汁」の文字は、広告文中において単独での使用がないとしても、別掲2のとおり、複数の事業者により、広告文中に使用され、また、商品の包装に顕著に表されている事実が認められるものであるから、上記(1)のとおり、自他商品の識別標識としての機能を有するものといえない。
さらに、請求人は、本願商標の登録適格性を主張するために、異議決定例、審決例及び登録例を挙げているが、登録出願に係る商標が商標法第3条第1項第6号に該当するものであるか否かの判断は、当該商標登録出願の査定時又は審決時において、当該商標の構成態様と指定商品の取引の実情等に基づいて、個別具体的に判断されるものであるから、他の異議決定例等の存在によって、上記判断が左右されるものではない。
したがって、請求人の主張は、いずれも採用することができない。
(3)まとめ
以上のとおり、本願商標は、商標法第3条第1項第6号に該当するから、登録することができない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲1 本願の指定商品
第5類「青汁を配合した薬剤,青汁を配合した栄養補給剤,青汁を配合した栄養補給用ドリンク剤,青汁を配合した栄養補強剤,青汁を配合した滋養強壮変質剤,青汁を配合したアミノ酸剤,青汁を配合したカルシウム剤,青汁を配合したビタミン剤,青汁を配合した乳幼児用粉乳,青汁を主原料とするサプリメント,青汁を主原料とする粉末状・粒状・顆粒状・液状・ペースト状・クリーム状・タブレット状・カプセル状・カプレット状・ソフトカプセル状・錠剤状・棒状・板状・ブロック状・丸薬状・固形状・ゲル状・ゼリー状・グミ状・ウエハース状・ビスケット状・飴状・チュアブル状・シロップ状・スティック状の加工食品,青汁を配合した栄養補助食品,青汁を配合した食餌療法用飲料,青汁を配合した食餌療法用食品,青汁を配合した乳幼児用飲料,青汁を配合した乳幼児用食品,青汁を配合した栄養補助用飼料添加物(薬剤に属するものを除く。)」
第32類「青汁を含有するビール,青汁を含有するビール風味の麦芽発泡酒,飲料用青汁,飲料用青汁のもと,青汁を含有する清涼飲料,青汁を含有する清涼飲料のもと,青汁を含有する果実飲料,青汁を含有する果実飲料のもと,青汁を含有する飲料用野菜ジュース,青汁を含有する飲料用野菜ジュースのもと,青汁を含有するコーヒーシロップ,青汁を含有するシャーベット水,青汁を含有するトマトジュース,青汁を含有するシロップ,青汁を含有するビール製造用ホップエキス,青汁を含有する麦芽汁,青汁を含有するビール製造用麦芽汁,青汁を含有する乳清飲料,青汁を含有する乳清飲料のもと,青汁を含有するアルコール分を含まない飲料,青汁を含有する飲料製造用調整品」

別掲2 平成27年12月25日付け拒絶理由通知書で提示した内容(下線は合議体による。)
(1)株式会社ユーワのウェブサイトにおいて、「贅沢青汁 45包」について、「商品説明」として「安心・安全の為、生産(栽培)から製造(加工、商品化)までとことん【国産】にこだわった贅沢な一品です。」と記載されるとともに、「贅沢青汁」の文字が使用されている商品の包装の写真が表示されている。(http://yu-wa.com/1158.html)

(2)「Amazon.co.jp」のウェブサイトにおいて、「コラーゲン配合 贅沢青汁 三種入り」について、「ブライト産業」、「商品紹介」として「贅沢青汁の特徴は、大麦若葉・ケール・ゴーヤの3つの素材を贅沢にブレンドし、さらにはコラーゲンを配合。」と記載されるとともに、「贅沢青汁」の文字が使用されている商品の包装の写真が表示されている。(http://www.amazon.co.jp/ブライト産業-コラーゲン配合-贅沢青汁-三種入り/dp/B0092JYRC2/ref=sr_1_3/377-2181866-7143762?ie=UTF8&qid=1422845148&sr=8-3&keywords=贅沢青汁)

(3)ステラ漢方株式会社のウェブサイトにおいて、「ステラの贅沢青汁」について、「2年かけて見つけ出した、元気の源となる素材を贅沢に配合。」、「プロが選んだ3大緑栄養分をぎゅっと、凝縮。」、「九州産にこだわった品質も安心な素材。」、「『粒状』だから実現できた高い栄養価。」、「九州産クロレラ 与那国産長命草 九州産ケール」と記載されるとともに、「贅沢青汁」の文字が使用されている商品の包装の写真が表示されている。(http://www.stella-s.com/aojiru/)

(4)株式会社ライズの「こだわりの食品屋 極匠」のウェブサイトにおいて、「国産若葉本搾り 美味美的 健康贅沢青汁」について、「食品屋が作ったスッキリ美味しい贅沢青汁」、「安全性にこだわった有機JAS認定の大麦若葉など国産原料25種類」、「400種類の栄養素を長期に渡り熟成・発酵させた酵素」、「2大美容成分 Wコラーゲン、プラセンタ 計70,000mg高濃縮」、「なんと食物繊維がレタス約20個分も濃縮」と記載されるとともに、「健康贅沢青汁」及び「贅沢青汁」の文字が使用されている商品の包装の写真が表示されている。(http://www.gokujo.jp/products/bimibiteki_kenko_zeitaku_aoujiru.html)

(5)「楽天市場」のグローバルコネクト株式会社の「キレイノワ」のウェブサイトにおいて、「つやぷる コラーゲンと酵素の贅沢青汁 PREMIUM」について、「他には負けない!!高濃度コラーゲンを贅沢にたっぷり配合しました!!」として「コラーゲン 1袋に60,000mg 贅沢配合!! 配合量60倍!」、「国産大麦若葉 1袋に30,000mg」、「熟成酵素 300種類 じっくり熟成!!」、「嬉しい6つの贅沢美容成分」として「馬プラセンタ」「水素」「ローヤルゼリー」「ヒアルロン酸」「エラスチン」「ビタミンC 3,000mg」と記載されるとともに、「コラーゲンと酵素の贅沢青汁」の文字が使用されている商品の包装の写真が表示されている。(http://item.rakuten.co.jp/media-champ/gu-ld-0113/)

(6)「スジャータ めいらくグループ」のウェブサイトにおいて、「粉末 青汁」について、「安心 安全 贅沢青汁! 5種の国産素材使用」と記載されている。(http://www.sujahta.co.jp/online/kenko/aojiru.html)
(7)大正製薬株式会社の「大正製薬ダイレクト オンラインショップ」のウェブサイトにおいて、「からだ環境青汁」について、「18種も摂れる、おいしい贅沢青汁。」と記載されている。(http://www.taisho-direct.jp/products/hm/20130PR_rt.html)
(8)オラシオン・ルナ株式会社のウェブサイトにおいて、「千寿物語」について、「国内最高級青汁」、「有機栽培にこだわった国産厳選素材を、まるごと凝縮した贅沢青汁」と記載されている。(http://oracion-luna.com/items.html)
(9)「サプリで健康生活」と称するウェブサイトにおいて、「サントリー 極の青汁」について、「品質と味のどちらにもこだわったサントリーの贅沢青汁」と記載されている。(http://www.enjoy-supplement.com/acme/)

審理終結日 2016-02-29 
結審通知日 2016-03-02 
審決日 2016-03-15 
出願番号 商願2014-89427(T2014-89427) 
審決分類 T 1 8・ 16- WZ (W0532)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 海老名 友子赤星 直昭 
特許庁審判長 大森 健司
特許庁審判官 平澤 芳行
大橋 洋子
商標の称呼 ゼータクアオジル、ゼータク 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ