• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
異議2014900323 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 一部申立て  登録を維持 W09
管理番号 1304203 
異議申立番号 異議2015-900051 
総通号数 189 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標決定公報 
発行日 2015-09-25 
種別 異議の決定 
異議申立日 2015-02-09 
確定日 2015-07-24 
異議申立件数
事件の表示 登録第5716240号商標の商標登録に対する登録異議の申立てについて、次のとおり決定する。 
結論 登録第5716240号商標の商標登録を維持する。
理由 1 本件商標
本件登録第5716240号商標(以下「本件商標」という。)は,「NEXUS」の文字を標準文字で表してなり,平成26年7月1日に登録出願,第9類「電気磁気測定器,電線及びケーブル,電気通信機械器具,電子計算機用プログラム(電気通信回線を通じてダウンロードにより販売されるものを含む。),その他の電子応用機械器具及びその部品,磁心,抵抗線,電極」,第10類「医療用超音波診断装置,医療用超音波画像の画像処理をするためのコンピュータソフトウェアとコンピュータディスプレイとコンピュータハードウェアを備えた医療診断装置,その他の医療用機械器具」及び第42類「医療用画像解析用の電子計算機用プログラムの設計・作成又は保守,医療用画像解析用の電子計算機用プログラムの設計・作成又は保守に関する情報の提供」に属する商標登録原簿に記載のとおりの商品及び役務を指定商品及び指定役務として,平成26年11月7日に設定登録されたものである。

2 登録異議の申立ての理由
商標登録異議申立人(以下「申立人」という。)は,本件商標は,商標法第4条第1項第15号に該当するものであるから,同法第43条の2第1項の規定により、その登録は取り消されるべきものである旨申立て,その理由を要旨以下のように述べ,証拠方法として甲第1号証ないし甲第16号証を提出した。
(1)引用商標
申立人は,「Nexans」及び「NEXANS」の各文字よりなる商標並びに別掲のとおりの構成よりなる商標(以下,順に「引用商標1」,「引用商標2」及び「引用商標3」といい,これらをまとめていうときは,単に「引用商標」という。)は,フランスの総合電線メーカーである申立人のハウスマークとして広く知られており,その周知性の程度は極めて高い(甲2?甲11)。
(2)本件商標と引用商標との混同のおそれ
本件商標は,その構成文字より「ネクサス」の称呼を生ずるものであり,引用商標は,その構成文字より「ネクサンス」の称呼を生ずるものであるから,両商標は,互いに紛らわしいものである。
してみると,本件商標をその指定商品中の「電線及びケーブル,磁心,抵抗線,電極」について使用するときは,申立人の業務に係る商品との間に出所の混同を生ずるおそれがある。
したがって,本件商標は,商標法第4条第1項第15号に該当するものである。

3 当審の判断
(1)引用商標の著名性
申立人の提出した証拠によれば,申立人は,主として電線及び電線関連製品の製造販売を業とするフランス国の企業であり,2012年(平成24年)の時点における上記製品の売上高は,世界第2位であったこと(甲3,甲5),2008年(平成20年)12月頃,申立人は,住友電気工業株式会社との間でヨーロッパ市場における光ファイバーケーブル事業分野で提携したこと(甲8,甲9),申立人は,2009年(平成21年)12月頃,ロンドン・アレー海上風力発電所と英国の配電網を結ぶ高圧海底送電ケーブルを設計,製造,供給する約1億ユーロ相当の契約を獲得したこと(甲10),申立人は,2011年(平成23年)11月頃,ノルウェー海のアスガルド石油・ガス田向けに電力ケーブル,アンビリカル,付属品を供給する7500万ユーロの契約をスタトイルから獲得したこと(甲11),などを認めることができる。
上記事実からすれば,申立人ないし「NEXANS」等の表示は,フランスの電線及びその関連製品を取り扱う業者ないしその使用に係る商標として,我が国の電線及びその関連製品を取り扱う業界においては,一定の周知性を有していたものと推認することができる。
しかし,引用商標を使用した商品「電線,ケーブル」等について,我が国において,本件商標の登録出願日(平成26年7月1日)までに,どの程度の売上があり,どの程度の宣伝広告等を行ったのかなど,引用商標が我が国において著名といえる程度に広く認識されていたと認めるに足りる証拠の提出は一切ない。その他,引用商標が申立人の業務に係る商品「電線,ケーブル」等を表示するものとして,本件商標の登録出願日及び登録査定日において,我が国の取引者,需要者の間に広く認識されるに至っていたと認めるに足りる証拠は見いだせない。
したがって,引用商標は,申立人の業務に係る商品「電線,ケーブル」等を表示するものとして,我が国の取引者,需要者の間に広く認識されていたものと認めることはできない。
(2)本件商標と引用商標との類似性
本件商標は,「NEXUS」の文字を標準文字で表してなるものであるところ,該文字は「連鎖,結び」等を意味する英単語を表したものということができ,その構成文字に相応して「ネクサス」の称呼を生じ,「連鎖,結び」の観念を生じるものである。
これに対し,引用商標は,前記2のとおり,「Nexans」及び「NEXANS」の文字をそれぞれ普通の書体で横書きにしたもの並びに別掲のとおり「Nexans」の文字のうちの「N」をやや図案化して表し,構成全体を横書きにしたものであるところ,これらの文字を我が国において外国語の中で最も普及している英語と捉えて英語風に発音した場合,無理なく自然に「ネクサンス」と称呼できるものであるから,これらの構成文字に相応して「ネクサンス」の称呼を生ずるものである。また,引用商標は,特定の意味合いを有しない造語とみるのが相当である。
そこで,本件商標と引用商標の外観は,本件商標が「NEXUS」の文字を同書,同大同間隔で表してなるものであるのに対し,引用商標1は,語頭を大文字で表し,これに続く文字を小文字で表してなるばかりでなく,両者は,末尾部分において,本件商標における「U」の文字と引用商標1における「an」の文字との差異を有するものである。また,本件商標と引用商標2とは,いずれも簡潔な文字構成よりなるうち,末尾部分において,本件商標における「U」の文字と引用商標2における「AN」の文字との差異を有するものである。さらに,本件商標と引用商標3とは,引用商標3は,語頭をやや図案化した大文字で表し,これに続く文字を小文字で表してなるばかりでなく,両者は,末尾部分において,本件商標における「U」の文字と引用商標3における「an」の文字との差異を有するものである。
してみれば,本件商標と引用商標は,上記外観上の差異を有するものであるから,通常の注意力をもってすれば,これらを時と所を異にして離隔的に観察した場合においても,外観上相紛れるおそれはないものである。
また,本件商標より生ずる「ネクサス」の称呼と引用商標より生ずる「ネクサンス」の称呼を比較すると,両称呼は,「ン」の音の有無の差異を有するものである。そして,本件商標を全体として称呼するときは,「ネクサス」と一気一連に,かつ,発音上の高低の差なく平坦に称呼される場合が多いといえるのに対し,引用商標を全体として称呼するときは,「ネク」の音と「サンス」の音の間に,発音上,段落が生ずるといえるから,「ン」の音の有無の差異が,比較的短い音構成よりなる両称呼全体に及ぼす影響は決して小さいものとはいえない。
してみれば,「ネクサス」の称呼と「ネクサンス」の称呼は,それぞれを一連に称呼するときは,称呼全体の語調,語感が相違したものとなり,互いに聞き誤るおそれはないものである。
さらに,本件商標は,「連鎖,結び」等の観念を生ずるものであるのに対し,引用商標は,特定の観念を有しない造語よりなるものであるから,両商標は,観念上比較することはできない。
したがって,本件商標と引用商標は,称呼,外観及び観念のいずれも点についても互いに紛れるおそれのない非類似の別異の商標というべきものである。
(3)出所の混同
上記(1)及び(2)によれば,本件商標と引用商標とは,非類似の別異の商標であり,かつ,引用商標は,申立人の業務に係る商品を表示する商標として広く認識されているものということはできないものであるから,本件商標に接する取引者,需要者は,引用商標を想起又は連想することはないというべきである。
してみれば,本件商標は,これを本件登録異議の申立てに係る指定商品「電線及びケーブル,磁心,抵抗線,電極」について使用しても,その取引者,需要者をして,該商品が申立人又はこれと何らかの関係を有する者の業務に係る商品であるかのように,商品の出所について混同を生じさせるおそれがある商標ということはできない。
したがって,本件商標は,商標法第4条第1項第15号に該当しない。
(4)むすび
以上のとおり,本件商標の登録は,本件登録異議の申立てに係る指定商品について,商標法第4条第1項第15号に違反してされたものではないから,同法第43条の3第4項の規定に基づき,その登録を維持すべきである。
よって,結論のとおり決定する。
別掲 別掲 引用商標3



異議決定日 2015-07-15 
出願番号 商願2014-54705(T2014-54705) 
審決分類 T 1 652・ 271- Y (W09)
最終処分 維持 
前審関与審査官 岩本 和雄 
特許庁審判長 金子 尚人
特許庁審判官 井出 英一郎
榎本 政実
登録日 2014-11-07 
登録番号 商標登録第5716240号(T5716240) 
権利者 富士フイルム株式会社
商標の称呼 ネクサス 
代理人 井関 勝守 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ