• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
不服201412723 審決 商標
不服201411133 審決 商標
不服20147821 審決 商標
異議2014900150 審決 商標
不服201513171 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 登録しない W28
審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 登録しない W28
管理番号 1296248 
審判番号 不服2013-13463 
総通号数 182 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2015-02-27 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2013-07-12 
確定日 2015-01-08 
事件の表示 商願2012- 60926拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 第1 本願商標
本願商標は、「萌えスロ」の文字を標準文字で表してなり、第28類「遊戯用器具,ビリヤード用具,囲碁用具,将棋用具,歌がるた,さいころ,すごろく,ダイスカップ,ダイヤモンドゲーム,チェス用具,チェッカー用具,手品用具,ドミノ用具,トランプ,花札,マージャン用具,おもちゃ,人形,愛玩動物用おもちゃ,運動用具(登山用・サーフィン用・水上スキー用・スキューバダイビング用のものを除く。),釣り具,遊園地用機械器具」を指定商品として、平成24年7月27日に登録出願されたものである。

第2 原査定の拒絶の理由
原査定は、「本願商標は、『萌えスロ』の文字を標準文字で表示してなるところ、該文字は『萌えスロ』の語が、萌えキャラクターなどのイメージや商品写真と共に掲載されていることから、本願を構成する『萌えスロ』の文字は、『萌えキャラを使用したパチスロ機』の意味を表示したものと容易に看取することができるものである。加えて『萌えスロ』の文字が『パチスロ機』を取り扱う業界やパチンコ愛好家のブログにおいて広く用いられており、また、該文字を謳い文句にしたパチスロ機も販売されている実情が認められる。そうとすると、本願商標をその指定商品中の『パチスロ機』に使用するときには、これに接する取引者、需要者は、その商品が『萌えキャラを使用したパチスロ機であること』を表示したものと理解するにすぎないというのが相当であるから、本願商標は単に商品の品質(内容)を普通に用いられる方法で表示したものといえる。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当し、前記商品以外の商品に使用するときは、商品の品質について誤認を生じさせるおそれがあるので、商標法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

第3 当審における手続の経緯
当審において、請求人に対し、平成26年2月20日付けの審尋(以下「審尋」という。)により、「萌えスロ」の文字の使用事実を提示した上で、本願商標は、商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するとして、意見を求めた。
これに対し、請求人は、平成26年4月7日付け回答書(以下「回答書」という。)を提出した。

第4 当審の判断
1 商標法第3条第1項第3号及び商標法第4条第1項第16号に該当することについて
(1)本願商標は、「萌えスロ」の文字を標準文字で表してなるものであるところ、「萌えスロ」の文字(語)は、パチスロ機を取り扱う業界において、人気アイドルやアニメの美少女キャラクターを起用するなど「萌えの要素を取り入れたパチスロ機」を表す語として、パチスロ機の一つのジャンルとなっていること、「萌えスロ」と称する機種を製造しているパチスロ機メーカーが存在すること、「萌えスロ」と称するパチスロ機を設置しているパチスロ店が存在する。(以下アないしコ)
ア 「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」のウェブサイトにおいて、「萌えスロ」の見出しの下、「萌えスロ(もえスロ)とはパチスロ機の中でも、特に液晶画面での演出において『萌え』に重点を置いた機種の俗称である。」の記載がある。
(http://ja.wikipedia.org/wiki/萌えスロ)
イ 「777@nifty」のウェブサイトにおいて、「各社の『萌え』キャラがコミケ78に登場!」の見出しの下、「2010年8月13日(金)?15日(日)の3日間、東京ビッグサイトで開催される世界最大の同人誌即売会『コミックマーケット78』内の企業ブースにて、パチンコ・パチスロメーカー数社による出展が行われる。今や『戦国』と並ぶまでの主要ジャンルに育ちつつある『萌えパチ・萌えスロ』。今回は、この暑い夏に『萌え』を投入するメーカーの展示情報をご紹介しよう。」の記載がある。
(http://777.nifty.com/cs/catalog/777_87/catalog_100806166241_1.htm)
ウ 「ITmedia Gamez」のウェブサイトにおいて、「思わずスロットを回すのも忘れちゃう!? “萌えスロ”ヒロイン大集合!」の見出しの下、「アニメやマンガ、ゲームで萌え萌えなキャラクターが活躍するのは、もはや当たり前となった昨今、パチスロ界でも美少女ヒロインたちが大活躍しています。」、「僕たちを夢中にさせてくれる“萌えスロ”ヒロインズ!」及び「彼女らのような、萌え萌えなキャラクターが登場するパチスロ“萌えスロ”が、いまやパチスロ業界ではひとつのジャンルとして浸透しています。」の記載がある。
(http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0809/02/news029.html)
エ 「無料で楽しむオンラインスロット」のウェブサイトにおいて、「萌えスロ『スパイガール(SPY GIRL)』に嵌った」の見出しの下、「『萌えスロ』というジャンルがあります。液晶画面での演出において女性キャラクターの演出が多かったり、恋愛シュミレーションゲームを基にしたパチスロ機などの俗称です。」の記載がある。
(http://www.senkokikaku.com/467/)
オ 「アニメ!アニメ!」のウェブサイトにおいて、「萌えスロのパイオニアがTVアニメ化『Rio RainbowGate!』」の見出しの下、「パチンコやパチスロに『萌え』要素を取り入れた『萌えパチ・萌えスロ』は、現在では必ずしも珍しい存在ではない。こうした『萌えパチ・萌えスロ』のパイオニアというべきキャラクター Rio(リオ)がこのほどテレビアニメ化されることになった。」の記載がある。
(http://animeanime.jp/article/2010/11/27/7249.html)
カ 「777@nifty」のウェブサイトにおいて、「純正萌えスロが誕生『まじかるすいーとプリズムナナ』が発表!」の見出しの下、「DAXELより新機種『まじかるすいーとプリズムナナ』が発表された。・・・2012年のコミケで話題が沸騰。今後の展開にも期待されているが、その先駆けとしてパチスロとなって登場する。まさに、職人が作った純正の萌えスロと言えよう。」の記載とともにパチスロ機の写真が掲載されている。
(http://777.nifty.com/cs/catalog/777_87/catalog_130403178919_1.htm)
キ 「PachinkoVista.com」のウェブサイトにおいて、「シークレット・プリンセス」の見出しの下、「機種コメント」の欄に「IGTジャパンから、同社初となる萌えスロ『シークレット・プリンセス』が登場した。」の記載とともにパチスロ機の写真が掲載されている。
(http://www.pachinkovista.com/pfactory/model.php?nid=17676)
ク 「K-Navi」のウェブサイトにおいて、「アキバ系萌えスロの決定版!『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』の登場!」の見出しの下、「株式会社ジェイピーエスより、『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』が発売される。JPS初のパチスロ5号機となる本機は、数々の名作アニメを作り出したタツノコプロの大人気オリジナルビデオアニメ『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』とのタイアップとなる。」の記載とともにパチスロ機の写真が掲載されている。
(http://p-kn.com/topics/news/66/)
ケ 「B2-ZONE 各務原店」のウェブサイトにおいて、「基本情報」の「特徴」の欄に「スロット専門店」の記載があり、また、「萌えスロコーナー計12台」の記載とともにパチスロ機の写真が掲載されている。
(http://www.p-world.co.jp/gifu/b-2.htm)
コ 「SLOT CLUB/LE PARC DE S MARCHE 蕨店」のウェブサイトにおいて、「7月19日(木)『新装開店』10時OPEN!!」の見出しの下、「蕨駅前最大級の『萌えスロコーナー』に最新台2機種導入!・シンデレラ×ブレイド(ネット)・アイドルマスター(サミー)マルシェの『萌えスロ』がこの夏をもっと“熱く”する!!」の記載がある。
(http://locoplace.jp/t000198646/push)
(2)加えて、インターネットを経由したパチスロ機のオンラインショップにおいて、「萌えスロ」の商品ジャンルの下で、例えば「オリンピア」、「メーシー」、「KPE」、「京楽」などの複数の社の中古のパチスロ機が取引されている。(以下アないしカ)
ア 「オリンピア 戦国乙女 剣戟に舞う白き剣聖 西国参戦編実機の販売価格を比較!」の見出しの下、「萌えスロ」のジャンルが存在し、中古のパチスロ機が取引されている。
(http://slot-kakaku.com/%E6%88%A6%E5%9B%BD%E4%B9%99%E5%A5%B3%E8%A5%BF%E5%9B%BD%E5%8F%82%E6%88%A6%E7%B7%A8%E5%AE%9F%E6%A9%9F/)
イ 「メーシー パチスロ魔法少女まどか☆マギカ実機の販売価格を比較!」の見出しの下、「萌えスロ」のジャンルが存在し、中古のパチスロ機が取引されている。
(http://slot-kakaku.com/%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%81%BE%E3%81%A9%E3%81%8B%E2%98%86%E3%83%9E%E3%82%AE%E3%82%AB%E5%AE%9F%E6%A9%9F/)
ウ 「NET パチスロなでしこ侍実機の販売価格を比較!」の見出しの下、「萌えスロ」のジャンルが存在し、中古のパチスロ機が取引されている。
(http://slot-kakaku.com/%E3%81%AA%E3%81%A7%E3%81%97%E3%81%93%E4%BE%8D%E5%AE%9F%E6%A9%9F/)
エ 「KPE パチスロマジカルハロウィン4実機の販売価格を比較!」の見出しの下、「萌えスロ」のジャンルが存在し、中古のパチスロ機が取引されている。
(http://slot-kakaku.com/%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B34%E5%AE%9F%E6%A9%9F/)
オ 「京楽 ぱちスロAKB48実機の販売価格を比較!」の見出しの下、「萌えスロ」のジャンルが存在し、中古のパチスロ機が取引されている。
(http://slot-kakaku.com/%E3%81%B1%E3%81%A1%E3%82%B9%E3%83%ADakb48%E5%AE%9F%E6%A9%9F/)
カ 「JPS クインーンズブレイド 玉座を継ぐ者の販売価格を比較!」の見出しの下、「萌えスロ」のジャンルが存在し、中古のパチスロ機が取引されている。
(http://slot-kakaku.com/jps-%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%89-%E7%8E%89%E5%BA%A7%E3%82%92%E7%B6%99%E3%81%90%E8%80%85%E3%81%AE%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E4%BE%A1%E6%A0%BC/)
(3)以上のことからすれば、「萌えスロ」の文字(語)は、パチスロ機を取り扱う業界において、「萌えの要素を取り入れたパチスロ機」を表す語として使用され、かつ、取引者、需要者に認識されているといるというのが相当である。
そうとすると、「萌えスロ」の文字からなる本願商標は、これをその指定商品中「パチスロ機」に使用するときは、これに接する取引者、需要者は、本願商標を「萌えの要素を取り入れたパチスロ機」であるという商品の品質を表示したものと認識するにすぎず、自他商品の識別標識としての機能を果たし得ないものといわなければならない。
また、本願商標の指定商品中「パチスロ機以外の遊技用具」に使用するときはこれに接する取引者、需要者は、「萌えの要素を取り入れたパチスロ機」を認識し、当該商品があたかも「パチスロ機」であるかのように、商品の品質の誤認を生じさせるおそれがあるといわなければならない。
したがって、本願商標は商標法第3条第1項第3号及び商標法第4条第1項第16号に該当するものである。
2 請求人の主な主張について
(1)請求人は、要するに「萌えスロ」は、「萌え」という語と、「スロ」という語との組み合わせからなる結合商標であり、全体として「ある物や人に対する行為を感じる要素を取り入れたパチスロ機」程の意味合いを看取させ得るとしても、商品の品質等を直接的、具体的に表したものとは到底いうことはできず、本願商標は構成全体をもって、特定の観念を生じない一種の造語である旨、主張する。
しかしながら、「萌えスロ」の語が造語であるとしても、前記1のとおり「萌えスロ」の文字(語)は、「萌えの要素を取り入れたパチスロ機」を表す語として、パチスロ機の一つのジャンルとして使用されている事実等が認められるものであるから、請求人の主張は採用することができない。
(2)請求人は、「スロ」の語がパチスロ機を直接的かつ具体的に表すものとする事実はなく、また「萌えスロ」自体も特定の観念を生じない一種の造語であることからして、「パチスロ機以外の遊戯用具,遊園地用機械器具」に当該商標を使用しても、これに接する取引者・需要者が、当該商品があたかも「パチスロ機」に関連するかのように商品の品質誤認を生じるおそれがない旨、主張する。
しかしながら、前記1のとおり「萌えスロ」の文字(語)が、「萌えの要素を取り入れたパチスロ機」を表す語として認識されるものであるから、パチスロ機と用途、需要者等を共通にすることが多い「パチスロ機以外の遊戯用具」に使用するときには、該商品があたかも「パチスロ機」であるかのように、商品の品質の誤認を生じさせるおそれがあるので、商標法第4条第1項第16号に該当するものである。
3 むすび
以上のとおり、本願商標は商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当し、登録することができない。
よって、結論のとおり審決する。
審理終結日 2014-10-23 
結審通知日 2014-10-28 
審決日 2014-11-25 
出願番号 商願2012-60926(T2012-60926) 
審決分類 T 1 8・ 272- Z (W28)
T 1 8・ 13- Z (W28)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 鈴木 斎 
特許庁審判長 小林 由美子
特許庁審判官 大森 健司
網谷 麻里子
商標の称呼 モエスロ 
代理人 多賀 久直 
代理人 山本 喜幾 
代理人 山田 健司 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ