• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項6号 1号から5号以外のもの 取り消して登録 Y0709113742
管理番号 1294989 
審判番号 不服2004-6735 
総通号数 181 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2015-01-30 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2004-04-02 
確定日 2005-12-21 
事件の表示 商願2002-86693拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標(標準文字)は、「松下エコシステムズ」の文字よりなり、第7類、第9類、第11類、第37類及び第42類に属する願書記載の商品及び役務を指定して、平成14年10月11日に登録出願されたものである。
2 原査定の拒絶理由
原査定は、「本願商標は、『松下エコシステムズ』の文字を横書きしてなるところ、『松下』の文字部分は、ありふれた氏の一つと認められるものを、『エコ』の文字部分は、『環境』の意味合いのある英語『eco』の表音を、『システムズ』の文字部分は、『装置』の意味合いのある英語『systems』の表音を連綴したものと認められ、指定商品・役務との関係では、これよりは、全体として、『松下の地球環境にやさしい装置』及び『松下の地球環境にやさしい装置の工事・修理又は保守・貸与・試験・検査又は研究』程度の意味合いを容易に理解、認識させるものであるから、これをその指定商品・役務に使用しても、需要者が何人の業務に係る商品・役務かを認識することができない。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第6号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。
3 当審の判断
本願商標は、前記のとおりの構成よりなるところ、原審説示のごとく、その構成中ありふれた氏の「松下」、環境を意味する「エコ」、装置を意味する「システムズ」の意味合いがあったとしても、本願商標を構成する各文字は、同じ大きさ、同じ書体、同じ間隔よりなり、外観上もまとまりよく一体的に構成されているものであるから、かかる構成においては、構成文字全体として把握し一種の造語とみるのが相当であり、これをその指定商品・役務に使用しても、自他商品・役務の識別標識としての機能を十分果たし得るものといわなければならない。
してみれば、本願商標は、需要者が何人かの業務に係る商品・役務であることを認識することができない商標であるということはできない。
したがって、本願商標を商標法第3条第1項第6号に該当するとして、拒絶した原査定は妥当ではなく、その理由をもって本願を拒絶することはできない。
その他、政令に定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2005-12-01 
出願番号 商願2002-86693(T2002-86693) 
審決分類 T 1 8・ 16- WY (Y0709113742)
最終処分 成立 
前審関与審査官 大島 護 
特許庁審判長 佐藤 正雄
特許庁審判官 水茎 弥
福島 昇
商標の称呼 マツシタエコシステムズ、マツシタ、エコシステムズ、エコ、マツシタエコ 
代理人 中村 知公 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ