• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 X11
審判 査定不服 観念類似 取り消して登録 X11
管理番号 1249843 
審判番号 不服2010-6086 
総通号数 146 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2012-02-24 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2010-03-19 
確定日 2012-01-10 
事件の表示 商願2008- 33377拒絶査定不服審判事件について,次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は,登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は,「platinum」の欧文字と「プラチナ」の片仮名文字とを上下二段に横書きしてなり,第11類「家庭用電熱用品類」を指定商品として,平成20年4月28日に登録出願されたものである。

2 引用商標
原査定において,本願商標が商標法4条1項11号に該当するとして本願の拒絶の理由に引用した登録第4994034号の2商標(以下「引用商標」という。)は,別掲のとおりの構成よりなり,平成18年3月30日に登録出願,同年10月6日に設定登録された登録第4994034号商標の商標権の分割に係るものであって,第9類「電気アイロン,電気式ヘアカーラー,電気ブザー,テレビジョン受信機,ラジオ受信機,音声周波数機械器具,映像周波数機械器具」を指定商品として,同21年6月11日に商標権の分割移転がされ,現に有効に存続しているものである。

3 当審の判断
(1)引用商標は,別掲のとおり,正円を中心から時計の3時ないし6時に相当する範囲で切り取ったような右下方に円弧がある中心角90度の扇形と,その円弧の中間点に接するように配置された小さな正円とからなる,薄い水色で着色された幾何図形を背景にして,上から順に「GEnEralist」「ProfEssional」「Platinum」の各文字(ただし,上中段を構成する文字中の「E」は,各段の他の小文字と大きさをそろえた表示からなる。以下同じ。)を三段に並記した構成からなる結合商標である。
(2)引用商標を構成する文字部分は,上中段の「GEnEralist」及び「ProfEssional」が,「E」の表示方法に特徴を有する共通の書体で,ほぼ同じ大きさの文字からなるのに対し,下段の「Platinum」は,それとは異なる書体で,文字の大きさもやや大きく表示されている。しかしながら,上中下段の各文字は,前記のとおり,薄い水色で着色された幾何図形を背景にして,行間をほぼ均等にしてバランス良く配置されおり,また,各段の文字の太さについては,いずれもほぼ同様であるから,引用商標は,「Platinum」の部分のみが殊更目立つ態様であるともいえず,全体がまとまった印象を与えるものである。
また,「GEnEralist」(ゼネラリスト)は「多方面に能力・才能のある人」,「ProfEssional」(プロフェッショナル)は「専門家」の意味を有する英語であることから(2001年4月25日株式会社大修館書店発行「ジーニアス英和大辞典」),書体が共通するこれらの文字部分全体から,原審が説示するような「多方面に能力・才能のある専門家」程度の意味合いを認識させることがあり得るとしても,引用商標の指定商品との関係において,出所識別標識としての機能を欠く語であるとはいえないし,「GEnEralist」単体でみても,そのことは同様である。これに対し,「Platinum」(プラチナム)は「白金,プラチナ」の意味を有する英語であるから(前掲書),他の語に比して出所識別標識としての機能が格別に強い語であるということもできない。
(3)したがって,引用商標においては,「Platinum」の部分が他の構成部分に比して取引者・需要者に対し商品の出所識別標識として強く支配的な印象を与えるとまではいえず,また,それ以外の部分から出所識別標識としての称呼,観念が生じないと認められるものでもないから,商標の類否判断において,殊更「Platinum」の部分のみを抽出し,この部分だけを本願商標と比較してその類否を判断することは許されないというべきである。
そうすると,引用商標より「プラチナム」の称呼及び「白金,プラチナ」の観念をも生ずるとし,その上で,本願商標と引用商標とが称呼及び観念を同一にする類似の商標であるということはできない。
そして,他に,本願商標と引用商標とが類似するものであるとすべき理由は,見いだせない。
(4)以上のとおりであるから,本願商標が商標法4条1項11号に該当するとして本願を拒絶した原査定は,取消しを免れない。
その他,政令で定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって,結論のとおり審決する。
別掲 別掲

引用商標(登録第4994034号の2商標)


(色彩については原本参照)



審決日 2011-12-26 
出願番号 商願2008-33377(T2008-33377) 
審決分類 T 1 8・ 263- WY (X11)
T 1 8・ 262- WY (X11)
最終処分 成立 
前審関与審査官 浦辺 淑絵 
特許庁審判長 小林 由美子
特許庁審判官 小川 きみえ
田村 正明
商標の称呼 プラチナ、プラチナム 
代理人 永野 大介 
代理人 内藤 浩樹 
代理人 藤井 兼太郎 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ