• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服  取り消して登録 X35
管理番号 1238284 
審判番号 不服2010-9684 
総通号数 139 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2011-07-29 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2010-05-06 
確定日 2011-06-13 
事件の表示 商願2007-74526拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲のとおり異なった色彩を有する三つの四角形内に「食彩館」の文字を白抜きしてなり、第35類に属する出願時の願書記載のとおりの役務を指定役務として平成19年7月2日に登録出願され、その後、小売等役務に係る使用に基づく特例の主張がなされ、指定役務については、原審における同20年5月26日付け及び当審における同22年7月4日付け及び同23年3月4日付け手続補正書により、最終的に「豆の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,コーヒー及びココアの小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,茶の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,調味料の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,菓子及びパンの小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」と補正された。

2 原査定の拒絶の理由の要点
原査定は、「この特例小売商標登録出願は、意匠法等の一部を改正する法律(平成18年6月7日法律第55号、以下「改正法」という。)附則第7条第4項の規定によりこの出願と同日に出願したものとみなされる商標登録願2007-67436と同一又は類似の商標であり、同一又は類似の指定役務に使用するものと認められるが、その指定役務中に使用していない小売等役務を含むものであるから、提出された『小売等役務に係る使用に基づく特例の適用主張』(及び商標の使用の事実を示す書類)によっては、使用に基づく特例の適用主張を認めることができない。したがって、改正法附則第8条第4項の規定により読み替えて適用する商標法第8条第5項に規定された商標登録を受けることができる使用特例商標登録出願の商標登録出願人であるとは認められないため、本願は同商標法第8条第5項の規定に違反する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したのである。

3 当審の判断
本願商標は、その指定役務について前記1のとおり補正された結果、指定した小売等役務について、使用に基づく特例の適用主張を認めることができるものとなった。
してみれば、請求人は、附則第8条第4項により読み替えて適用する商標法第8条第5項に規定された使用特例商標登録出願の商標登録出願人と認められるから、原査定の拒絶の理由は解消した。
なお、本願は、これを使用特例商標登録出願と認め、また、重複に係る他の出願は商標登録願2007-67436である。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲(本願商標)(色彩については原本参照)


審決日 2011-05-26 
出願番号 商願2007-74526(T2007-74526) 
審決分類 T 1 8・ 945- WY (X35)
最終処分 成立 
前審関与審査官 津金 純子門倉 武則 
特許庁審判長 野口 美代子
特許庁審判官 小川 きみえ
大橋 良成
商標の称呼 ショクサイカン、ショクサイ 
代理人 西 良久 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ