• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申立て  登録を取消(申立全部取消) Y29
管理番号 1213066 
異議申立番号 異議2008-900061 
総通号数 124 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標決定公報 
発行日 2010-04-30 
種別 異議の決定 
異議申立日 2008-02-18 
確定日 2010-02-24 
異議申立件数
事件の表示 登録第5090921号商標の商標登録に対する登録異議の申立てについて,次のとおり決定する。 
結論 登録第5090921号商標の商標登録を取り消す。
理由 第1 本件商標
本件登録第5090921号商標(以下「本件商標」という。)は,「吉田松陰」の文字を標準文字により表してなり,平成17年6月30日に登録出願,第29類「食用油脂,乳製品,食肉,卵,食用魚介類(生きているものを除く。),冷凍野菜,冷凍果実,肉製品,加工水産物,加工野菜及び加工果実,油揚げ,凍り豆腐,こんにゃく,豆乳,豆腐,納豆,加工卵,カレー・シチュー又はスープのもと,お茶漬けのり,ふりかけ,なめ物,豆,食用たんぱく」を指定商品として,同19年9月4日に登録をすべき旨の審決がなされ,同年11月16日に設定登録されたものである。

第2 登録異議の申立ての理由(要旨)
本件商標は,明治維新の志士たちを教え育てた「吉田松陰」の氏名を横書きしたものである。吉田松陰は今日においても多くの人々から敬愛されており,かつ,その遺族などの承諾なしに商標登録されたものであることから,同人と無関係の他人に,その指定商品について独占排他的な使用を認めることは,吉田松陰やその遺族の名誉・名声・心情を毀損するのみならず,敬愛する人々の社会的感情を毀損し,公平な取引秩序を乱すことは明らかである。さらに,商標登録出願人の破産により,食品製造業を営まない他の事業者によりこの商標が取得されたことからも公正な取引秩序を乱すことは明らかである。
したがって,本件商標は,商標法第4条第1項第7号に該当するものであるから,商標法第43条の2第1号により取り消されるべきである。

第3 本件商標に対する取消理由(要旨)
1 本件商標は,前記第1のとおり,「吉田松陰」の文字を標準文字により表してなるところ,登録異議申立人から提出された甲各号証及び職権により調査した証拠によれば,吉田松陰の文字について以下の事実が認められる。
(1)吉田松陰の周知・著名性
吉田松陰は,1830年9月20日に現在の山口県萩市に生まれ,幕末の思想家,兵学者として知られ,明治維新の事実上の精神的指導者・理論者ともいわれ,松下村塾の主宰者として,高杉晋作,木戸孝允,伊藤博文らの多くの維新功績者を育成し,日本の近代化に多大な影響を及ぼした人物であり,数多くの書籍や映画・テレビドラマなどにおいて取り上げられていることから,一般に広く知られている人物であることが認められる(甲第3号証ないし甲第9号証)。
(2)吉田松陰の名称に対する国民又は地域住民の認識
吉田松陰の郷土山口県においては,萩市に,吉田松陰主宰の松下村塾及び吉田松陰幽因ノ旧宅が大正11年から国指定の史跡(大正11年10月12日(内務省告示第270号) http://bunkazai.ysn21.jp/general/summary/frame.asp?mid=10001=)として保存され,吉田松陰の遺髪が埋められた吉田松陰の墓並びに墓所が昭和47年から,吉田松陰が収容された野山獄が昭和48年から市指定の史跡(萩市 http://www.city.hagi.lg.jp/soshiki/detail.html?lif_id=683)として保存されている。また,松下村塾の南隣には,明治40年に吉田松陰を祀る松陰神社が建立され,これらの史跡には,今も多くの人々が訪れている(甲第11号証及び朝日新聞 平成20年2月6日西部地方版/山口)。
さらに,吉田松陰が処刑された東京には,遺体が葬られた世田谷に松陰神社が建立され,処刑地である小伝馬町に吉田松陰終焉之地の文字が刻まれた石碑が建てられている(るるぶ http://www.rurubu.com/Sight/list.aspx?ChikuCD=1311201及び中央区観光協会 http://www.chuo-kanko.or.jp/guide/spot/nihonbashi/nihonbashi_19.html)。
以上のとおり,吉田松陰は,その郷土やゆかりの地においては,郷土の偉人として敬愛の念をもって親しまれている実情にあることが認められる。
(3)吉田松陰の名称の利用状況
萩市では,平成16年4月1日に,まちじゅうを博物館としてとらえ,この都市遺産を保存・活用し,魅力あるまちづくりに努めるとともに,萩を訪れた人々に萩の良さや歴史を伝えることなどをまちじゅうで推進するため「萩まちじゅう博物館条例」を制定し,この萩まちじゅう博物館(構想)の中核施設として,萩開府400年の記念日である平成16年11月11日に,萩博物館を開館した(萩市 http://www.city.hagi.lg.jp/soshiki/detail.html?lif_id=1846)。そして,ここに吉田松陰が旅先などから家族にあてた56通の手紙を含む同市に関連する幕末の志士たちの資料を収蔵・展示し,これらの志士たちを題材とする特別展を数多く開催している(例「宝島の作者スティーブンスンがつづる吉田松陰伝(平成17年7月9日?9月4日)」,「幕末維新の群像2/幕末志士たちの手紙-山根正次コレクション-(平成18年12月18日?平成19年4月8日)」(萩博物館 http://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/event/over_event.htm))。また,同市では,吉田松陰の生誕・没及び松下村塾開塾後の区切りの年に,「吉田松陰没後140年記念(平成11年)」,「吉田松陰生誕170年記念(平成12年)」及び「松下村塾開塾150年記念(平成17年)」などのように市を挙げて記念事業を開催している(萩市 http://www.city.hagi.lg.jp/furusato/network/hn1999.html,http://www.city.hagi.lg.jp/furusato/network/hn2000.html及びhttp://www.city.hagi.lg.jp/soshiki/detail.html?lif_id=22055)。さらに,萩市観光協会では,「英傑を排出した維新のふるさと」の表題のもと,「松本エリア/吉田松陰主催の松下村塾をはじめ維新胎動の地・萩をめぐる旅はここから」として,「松下村塾,吉田松陰誕生地,松陰神社,吉田松陰の墓」を萩市の観光スポットとして紹介している(萩市観光協会 http://www.hagishi.com/miru/)。
山口県では,平成8年度に,ふるさとの歴史を明日に伝え,資料や史跡などの文化資源を活用して新しい地域文化を創造することを目的とする「維新史回廊構想」を策定するとともに,県,市,町及び文化団体によって構成される「維新史回廊構想推進協議会」を設置し関連事業を推進している。その事業の一環として「維新史回廊だより(年4回)」の発行や「維新史出前講座」の開催をするなどして,吉田松陰を含む明治維新を支えた人物などの明治維新関連の情報を県民に紹介している(山口県 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/bunka-s/ishin/index.html)。また,山口県文書館には,吉田松陰の自筆の賛文が書された吉田松陰像が収蔵されている(山口県文書館 http://ymonjo.ysn21.jp/syouin_DL/syouin_DL.html)。
以上のとおり,山口県内においては,吉田松陰に関連する史跡や資料が多く残され,山口県,萩市など県内の地方公共団体及び文化団体がこれらを保存・公開し,同人の名のもとに観光振興や地域おこしに役立てようとする取組がなされていることが認められる。
(4)前記(1)ないし(3)において認定した事実は,本件商標の出願前から現在においても継続している。
(5)吉田松陰の名称の利用状況と本件商標の指定商品との関係
一般に歴史上の人物の生誕地やゆかりの地においては,その地の特産品や土産物に,その者の名称や肖像が表示されて,観光客を対象に販売されているところ,吉田松陰についても,例えば,現時点において,「携帯ストラップ」,「色紙」,「手ぬぐい」,「トートバッグ」,「のぼり」,「フラッグ」,「名刺シール」,「だんご」,「焼き菓子」及び「ビール」などに吉田松陰又は松陰の名称や肖像が用いられている事実がある(萩博物館ミュージアムショップ http://machihaku.exblog.jp/i8/,萩市観光協会 http://hagishi.com/news/detail.php?a=2009041717281483,松陰食堂 http://hagi-yeg.sakura.ne.jp/member/eat/lunch/d_okamoto/index.html,下北沢青柳 http://aoyagi-webshop.com/SHOP/A1301.html,アイテムポスト http://www.itempost.jp/detail/2/PA01059114/14724580)。
他方,本件商標の指定商品は,山口県や萩市の特産品であるふぐなどの魚介類,魚の干物,かまぼこなどの水産加工品を含む食料品であり,これらの特産品を同県,同市が観光振興の施策として紹介している事実がある(山口県 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/theme/profile/prof04.html及び萩市 http://www.city.hagi.lg.jp/portal/tokusanhin/)。
そうとすると,吉田松陰の名称は,本件商標の指定商品を取り扱う者によって使用される可能性が極めて高いものであることが認められる。
(6)出願の経緯・目的・理由
本件商標に関する出願の経緯・目的・理由についての具体的事情は,確認できない。
(7)吉田松陰と出願人との関係
本件商標の登録審決時に出願人であった株式会社ウィングガーデン(以下「出願人」という。)と吉田松陰との関係は,確認できない。
なお,甲第10号証(吉田松陰の子孫である吉田基子氏からの上申書)には,「吉田松陰の名称が同人とはゆかりのない事業者に商標として登録され,独占排他的に使用されることは,同人の名誉・名声を傷つけるだけでなく,遺族としても極めて遺憾であり,公正な取引を阻害することと感じている。」旨記載されている。
2 以上のとおり,吉田松陰は,日本の近代化に多大な影響を及ぼした人物として一般に広く知られ,その郷土やゆかりの地において,住民に敬愛の念をもって親しまれ,かつ,山口県,萩市などの地方公共団体及び文化団体が,同人に関連する史跡や資料を活用して,同人の名称を観光振興や地域おこしなどの施策に利用している実情にある。
そして,本件商標の指定商品は,山口県における観光振興や地域おこしに欠くことのできない特産品を含む食料品である。
そうとすると,吉田松陰の文字からなる本件商標を同人との関係が認められない出願人の商標として,その指定商品について商標登録を認めることは,吉田松陰の名称を使用した観光振興や地域おこしなどの公益的な施策の遂行を阻害することとなり,社会公共の利益に反するものとみるのが相当である。
したがって,本件商標の登録は,商標法第4条第1項第7号に違反してされたものである。

第4 商標権者の意見
商標権者は,前記第3の取消理由について,指定した期間内に意見を述べていない。

第5 当審の判断
平成21年11月2日付けで前記第3の取消理由を通知し,期間を指定して意見書を提出する機会を与えたが,商標権者からは何らの応答もない。
そして,前記第3の取消理由は妥当なものであるから,本件商標の登録は,商標法第43条の3第2項の規定により取り消すべきものである。
よって,結論のとおり決定する。
異議決定日 2010-01-13 
出願番号 商願2005-60000(T2005-60000) 
審決分類 T 1 651・ 22- Z (Y29)
最終処分 取消 
前審関与審査官 水落 洋 
特許庁審判長 小林 由美子
特許庁審判官 石田 清
久我 敬史
登録日 2007-11-16 
登録番号 商標登録第5090921号(T5090921) 
権利者 株式会社東広
商標の称呼 ヨシダショウイン、ヨシダショーイン 
代理人 筒井 章子 
代理人 小塚 善高 
代理人 筒井 大和 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ