• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
不服200225215 審決 商標
不服200322975 審決 商標
不服20035262 審決 商標
不服2003853 審決 商標
不服200225216 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項8号 他人の肖像、氏名、著名な芸名など 取り消して登録 Y0102030507091729
管理番号 1162319 
審判番号 不服2006-14767 
総通号数 93 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2007-09-28 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2006-07-10 
確定日 2007-08-07 
事件の表示 商願2005- 25190拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「長瀬産業株式会社」と「NAGASE&CO.,LTD.」の文字を2段に書してなり、第1類、第2類、第3類、第5類、第7類、第9類、第17類及び第29類に属する願書に記載のとおりの商品を指定商品として、平成17年3月23日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由
原査定は、「本願商標は、神奈川県相模原市麻溝台4丁目7-20所在の『長瀬産業株式会社』と同一商号であり、かつ、その者の承諾を得ているものとは認められない。したがって、本願商標は、商標法第4条第1項第8号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、前記のとおり「長瀬産業株式会社」と「NAGASE&CO.,LTD.」の文字を2段に書してなるところ、本願商標の指定商品は、前記1のとおりである。
そして、原審で示された会社の業務は「排水設備工事(役務)」と認められ、本願商標の指定商品とは、その取り扱う商品、取引きの形態等、その業務内容を全く異にするものであって、本願商標は、化学品、合成樹脂、電子材料、健康食品、医療機器等に使用して、その業界において広く知られているものであるといえるから、他人の名称を想起しないとみるのが相当であり、原審の示した人格権の毀損するものとみることはできない。
したがって、本願商標は、商標法第4条第1項第8号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、取消しを免れない。
その他、政令で定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2007-07-25 
出願番号 商願2005-25190(T2005-25190) 
審決分類 T 1 8・ 23- WY (Y0102030507091729)
最終処分 成立 
前審関与審査官 小林 正和 
特許庁審判長 山口 烈
特許庁審判官 小田 明
寺光 幸子
商標の称呼 ナガセサンギョー、ナガセアンドカンパニーリミテッド、ナガセ 
代理人 佐藤 英二 
代理人 光野 文子 
代理人 長谷川 芳樹 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ