• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申立て  登録を維持 Y09
審判 全部申立て  登録を維持 Y09
審判 全部申立て  登録を維持 Y09
管理番号 1100173 
異議申立番号 異議2003-90567 
総通号数 56 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標決定公報 
発行日 2004-08-27 
種別 異議の決定 
異議申立日 2003-09-16 
確定日 2004-06-30 
異議申立件数
事件の表示 登録第4682378号商標の商標登録に対する登録異議の申立てについて、次のとおり決定する。 
結論 登録第4682378号商標の商標登録を維持する。
理由 第1 本件商標
本件登録第4682378号商標(以下「本件商標」という。)は、商標の構成を「MDDR」の欧文字とし、平成14年10月16日に登録出願され、第9類「写真機械器具,電気通信機械器具,電子応用機械器具及びその部品,電池」を指定商品として、平成15年6月13日に設定登録されたものである。

第2 登録異議申立の理由(要旨)
(1)本件商標は、これをその指定商品中、半導体・コンピュータ製品に使用しても、その用途あるいは品質が「モバイル機器向けの2倍データ転送速度のもの」であることを表示するに止まり、自他商品識別標識として機能せず、また、独占適応性を欠くものである。さらに、本件商標が、上記商品以外の指定商品に使用されるときは、商品の品質について誤認を生じさせるおそれがある。したがって、本件商標は、商標法3条1項3号及び商標法4条1項16号に該当する。
(2)本件商標は、その構成中の「DDR」の文字は、メモリ製品の品質を表す技術用語として一般に広く使用されているものであり、また、「M」のローマ字1文字は、自他商品識別標識として機能し得ないばかりか、殊に、半導体製品分野では、既成の技術用語の冒頭に付加して新しい技術用語を作成することが通常行われているところから、全体として、需要者が何人の業務に係る商品であることを認識することができないものである。したがって、本件商標は、商標法3条1項6号に該当する。

第3 当審の判断
本件標は、「MDDR」の欧文字を同書、同大、等間隔で一連に表してなるものであるところ、登録異議申立人(以下「申立人」という。)より提出された証拠によれば、ときに、構成中の「DDR」の文字が「Double Data Rate」(2倍に転送速度を得るもの)の略語として用いられることがあるとしても、上記のとおり、欧文字4文字を一連に表示してなる本件商標が、申立人が主張する如き意味合いを認識させるものとして、取引者・需要者に知られるに至っているものとは認め得ないものである。
してみれば、本件商標を、その指定商品に使用しても、自他商品識別標識としての機能を果たし得ないとすることはできず、また、独占適応性を欠くともいえず、さらに、需要者が何人の業務に係る商品であることを認識することができない商標とするべき理由もないと判断するのが相当である。
そして、本件商標が指定商品中の「半導体・コンピュータ製品」の品質等をあらわすものといえない以上、これをその指定商品中の前記商品以外の商品に使用しても、商品の品質について誤認を生ずるおそれがあるとは認められない。
したがって、本件商標は、商標法3条1項3号、同項6号及び同法4条1項16号に違反して登録されたものでないから、同法43条の3第4項の規定により、その登録を維持すべきものである。
よって、結論のとおり決定する。
異議決定日 2004-06-14 
出願番号 商願2002-87282(T2002-87282) 
審決分類 T 1 651・ 13- Y (Y09)
T 1 651・ 16- Y (Y09)
T 1 651・ 272- Y (Y09)
最終処分 維持 
前審関与審査官 矢代 達雄 
特許庁審判長 佐藤 正雄
特許庁審判官 宮川 久成
山本 良廣
登録日 2003-06-13 
登録番号 商標登録第4682378号(T4682378) 
権利者 三星電子株式会社
商標の称呼 エムデイデイアアル 
代理人 柳田 征史 
代理人 鈴江 武彦 
代理人 小出 俊實 
代理人 石川 義雄 
代理人 佐久間 剛 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ