• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 称呼類似 登録しない 033
管理番号 1047505 
審判番号 審判1998-16097 
総通号数 23 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2001-11-30 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 1998-10-12 
確定日 2001-09-25 
事件の表示 平成 7年商標登録願第 25757号拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 1 本願商標
本願商標は、「伏見の竜馬」の文字を書してなり、第33類「日本酒」を指定商品として、平成7年3月15日に登録出願されたものである。
2 引用商標
原査定において、登録異議申立の結果、本願の拒絶の理由に引用した登録第2406288号商標(以下「引用A商標」という。)は、「竜馬」の文字を書してなり、昭和58年9月14日に登録出願、旧第28類「酒類」を指定商品として、平成4年4月30日に設定登録され、同じく、登録第2406289号商標(以下「引用B商標」という。)は、「龍馬」の文字を書してなり、昭和58年9月14日に登録出願、旧第28類「酒類」を指定商品として、平成4年4月30日に設定登録され、それぞれ現に有効に存続しているものである。
3 当審の判断
本願商標は、「伏見の竜馬」の文字を表示してなるものであるところ、その文字全体として特定の意味を有する熟語ではないことから、単に「伏見の」及び「竜馬」の語を結合した商標と認識されるものであって、他にこれを一体不可分のものとしてのみ把握しなければならないとする格別の理由はないものと認める。
しかして、その構成中、前半の「伏見」の文字部分は、灘と並ぶ清酒の産地である京都市南端の地区名であって、日本酒を取り扱う業界のみならず、一般的にも、その産地として周知、著名であるものと認める。
そのことは、平成元年12月22日株式会社講談社発行の「カラー版日本語大辞典」及び株式会社三省堂発行の「大辞林」における「伏見」の項の記載からも容易に認められるところである。
そうとすると、本願商標をその指定商品「日本酒」に使用した場合、これに接する取引者、需要者にあっては、前半の「伏見の」の文字部分を単に「伏見で生産され若しくは販売されたものであること」、すなわち、商品の産地、販売地を表示するにすぎないものと認識し、後半の「竜馬」の文字部分を自他商品の識別機能を果たすものと理解し、これより生ずる「リョウマ」の称呼をもって取引に当たることも決して少なくないものと判断するのが相当である。
他方、引用A商標及び引用B商標より、それぞれその構成文字に相応して、「リョウマ」の称呼を生ずるものと認める。
してみれば、本願商標と引用A商標及び引用B商標は、外観において差異を有する点があるとしても、前記のとおり、それぞれ生ずる「リョウマ」の称呼を共通にする類似の商標であり、また、本願の指定商品は、引用A商標及び引用B商標の指定商品のそれぞれの指定商品に包含されているものである。
なお、請求人は、過去の審決例及び登録例を挙げ、本願商標も非類似とすべきである旨主張しているが、請求人が挙げる事例をもって、本件についての前記認定を左右するものではない。
したがって、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして、本願を拒絶した原査定は、妥当であって、取り消すことはできない。
よって、結論のとおり審決する。
審理終結日 2001-01-04 
結審通知日 2001-01-16 
審決日 2001-02-05 
出願番号 商願平7-25757 
審決分類 T 1 8・ 262- Z (033)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 木村 幸一小林 薫 
特許庁審判長 為谷 博
特許庁審判官 米重 洋和
滝沢 智夫
商標の称呼 フシミノリョーマ 
代理人 藤本 英夫 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ