• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項8号 他人の肖像、氏名、著名な芸名など 登録しない 009
管理番号 1001384 
審判番号 審判1995-28064 
総通号数
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2000-02-25 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 1995-12-28 
確定日 1999-08-30 
事件の表示 平成5年 商標登録願 第19468号拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 1、本件商標
本願商標は、「シャープ・プラス」の片仮名文字を書してなり、第9類「電子応用機械器具及びその部品」を指定商品として、平成5年2月26日に登録出願されたものであるが、指定商品については、平成7年7月20日付け差し出しの手続補正書で「旅行に関する情報の調査、旅行に関する契約、旅行に関する予約状況の調査、旅行に関する予約手続等の旅行産業に使用する電子計算機用プログラムを記憶させた電子回路・磁気ディスク・磁気テープ・その他の記憶媒体、システムシュミレーションについての電子計算機用プログラムを記憶させた電子回路・磁気ディスク・磁気テープ・その他の記憶媒体」と補正されているものである。
2、原査定の拒絶理由
これに対し、原査定は、「この商標登録出願に係る商標は、『大阪市阿倍野区長池町22番地22号』に住所を有する『シャープ株式会社』の著名な略称と認められる『シャープ』の文字を有するものであって、かつその者の承諾を得ているものでもない。したがって、本願商標は、商標法第4条第1項第8号に該当する。」として拒絶したものである。
3、当審の判断
よって判断するに、大阪市阿倍野区長池町22番地22号所在の「シャープ株式会社]は、「松下電器産業株式会社」、「ソ二ー株式会社」等と共に、我が国でも有数の家電、電子応用機械器具製造メーカーである。そして、該企業が我が国内において、本願商標の出願前より「シャープ」とも略称され著名であることは、取引者、需要者間にもよく知られているところである。
また、本願商標は、その構成中の一部に、上記企業の著名な略称と認められる「シャープ」の文字を有してなり、かつその者の承諾を得ているものとは認められないものである。
したがって、本願商標は、商標法第4条第1項第8号に該当するものとして拒絶した原査定は妥当であって、取り消す限りでない。
よって、結論のとおり審決する。
審理終結日 1999-03-12 
結審通知日 1999-03-30 
審決日 1999-04-08 
出願番号 商願平5-19468 
審決分類 T 1 8・ 23- Z (009 )
最終処分 不成立 
前審関与審査官 渡口 忠次鈴木 斎 
特許庁審判長 寺島 義則
特許庁審判官 宮下 行雄
野上 サトル
商標の称呼 1=シ+ヤ-ププラス 2=シ+ヤ-プ 3=プラス 
代理人 西尾 章 
代理人 廣江 武典 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ