• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 登録しない W03102930313233
審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 登録しない W03102930313233
管理番号 1352386 
審判番号 不服2018-2944 
総通号数 235 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2019-07-26 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2018-03-01 
確定日 2019-05-15 
事件の表示 商願2016- 20788拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲1のとおりの構成からなり、第1類、第3類、第5類、第10類、第29類ないし第33類、第42類及び第44類に属する願書記載のとおりの商品及び役務を指定商品及び指定役務として、平成28年2月26日に登録出願され、その後、指定商品及び指定役務については、原審における同年12月19日受付及び当審における同30年10月30日受付の手続補正書により、最終的に、第3類「せっけん類,化粧品,香料,薫料,歯磨き,つけづめ,つけまつ毛,口臭用消臭剤,動物用防臭剤」、第10類「業務用美容マッサージ器,医療用機械器具,家庭用電気マッサージ器,医療用血液分析機械器具,吸い飲み,哺乳用具,魔法哺乳器,人工鼓膜用材料,医療用手袋」、第29類「豆,加工野菜及び加工果実,乳製品,食用油脂,豆乳,食用たんぱく」、第30類「菓子,茶,紅茶飲料,コーヒー,ココア,コーヒー豆,調味料」、第31類「野菜,果実,種子類,未加工のコルク,やしの葉,生花の花輪,生花,プリザーブドフラワー,木,草,芝,ドライフラワー,苗,苗木,花,牧草,盆栽」、第32類「清涼飲料」及び第33類「泡盛,合成清酒,焼酎,白酒,清酒,直し,みりん,洋酒,果実酒,中国酒,薬味酒」と補正されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
原査定は、「本願商標は、『キラルアミノ酸』及び『Chiral Amino Acid』の文字を普通に用いられる方法で上下二段書きに表してなるところ、医薬品・食品等ならびにその研究開発・検査等において、『キラルアミノ酸』の語は、アミノ酸の一種類を表示する物質、成分として使用されている実情が認められるところ、本願の指定商品及び指定役務との関係においては、『鏡像異性体のアミノ酸』及び『鏡像異性体のアミノ酸に関する役務』程の意味合いを理解させるものといえる。そうすると、本願商標を、その指定商品及び指定役務中、例えば第1類の『アミノ酸及びその他の化学品』及び第42類『アミノ酸の分析・構造解析・研究又は試験』、第44類『アミノ酸の解析による健康状態及び疾病リスクの診断,アミノ酸の解析による健康状態及び疾病リスクの検査及び評価,アミノ酸の解析による健康状態及び疾病リスクの診断に係わる情報の提供,アミノ酸の解析による健康状態及び疾病リスクの検査及び評価に係わる情報の提供』に使用しても、これに接する需要者は、『鏡像異性体のアミノ酸』及び『鏡像異性体のアミノ酸の分析・構造解析・研究又は試験』等を認識するにとどまるといえる。以上のことから、本願商標は、自他商品役務の識別標識としての機能を果たし得ないものといわざるを得ず、商標法第3条第1項第3号に該当するものであり、『鏡像異性体のアミノ酸』及び『鏡像異性体のアミノ酸に関する役務』以外の商品、役務に使用するときは、商品の品質及び役務の質の誤認を生じさせるおそれがあるから、同法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審における審尋及び請求人の回答
審判長は、請求人に対し、別掲2に係る証拠を示して、本願商標が商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当する旨の審尋を発し意見を求めたが、請求人からは、何ら応答がなかった。

4 当審の判断
(1)商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号該当性について
本願商標は、別掲1のとおり、「キラルアミノ酸」の文字と「Chiral Amino Acid」の欧文字とを上下二段に書してなるところ、構成中の「キラル」、「Chiral」の文字は、「光学異性の性質」の意味を有しており、また、「アミノ酸」、「Amino Acid」の文字は、「塩基性のアミノ基と酸性のカルボキシル基とをもつ有機化合物の総称」の意味を有する語(いずれも「大辞林第3版」三省堂)として知られていることから、構成全体として「光学異性の性質のアミノ酸」程の意味合いを理解させるものである。
そして、「キラルアミノ酸」の文字は、上記の意味合いを有するアミノ酸の一種を表す語として、原審で示したインターネット情報、新聞記事情報に加え、別掲2のとおり、食品や医薬品の分野の研究開発において使用されており、さらに、「アミノ酸」は、医薬品、食品、飲料、化粧品等様々な分野において原材料等として利用されている実情がある。
以上のことからすれば、「キラルアミノ酸」の文字と「Chiral Amino Acid」の欧文字とを上下二段に書した構成からなる本願商標が付された商品に接する取引者、需要者は、「キラルアミノ酸を使用した商品」であると理解するにすぎないものである。
そうすると、本願商標をその指定商品に使用しても、単に商品の品質、原材料を普通に用いられる方法で表したものと認識され、自他商品の識別標識としては認識し得ないものと認められる。
したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当し、「キラルアミノ酸を使用した商品」以外の商品について使用するときには、商品の品質について誤認を生じさせるおそれがあるから、同法第4条第1項第16号に該当する。
(2)請求人の主張について
請求人は、当審においてした平成30年9月14日付け審尋に対する回答書において、「補正後の指定商品については、拒絶査定において、商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するとの言及はなされておらず、また、本願商標より理解される可能性のある意味合いと何ら直接的な関係を有さないものであるから、拒絶の理由は解消した。」旨主張している。
しかしながら、拒絶査定において、本願商標が、商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するとして示した指定商品及び指定役務は、一例を示したにすぎず、例示した指定商品及び指定役務以外の商品及び役務が、商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当しないものとはいえない。
また、本願商標は、「光学異性の性質のアミノ酸」の意味合いを理解させるものであり、本願の補正後の指定商品との関係においても、商品の品質、原材料を認識させることは、上記(1)のとおりである。
したがって、請求人の主張は、いずれも採用できない。
(3)まとめ
以上のとおり、本願商標は、商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当し、登録することができない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲1(本願商標)


別掲2(平成30年12月13日付け証拠調べ通知書で示した事実)
(1)「キラルアミノ酸」の文字の使用例(下線は審判長が付加)
ア 「株式会社島津製作所」のウェブサイトにおいて、「2017年3月17日|プレスリリース」に「誘導体化を必要とせず、わずか10分でキラルアミノ酸を高感度に一斉分析する『LC/MS/MSメソッドパッケージ DLアミノ酸』発売/-発酵食品や臨床分野、アンチエージング研究などに貢献-」の見出しの下、「タンパク質を構成する20種のアミノ酸は、鏡像の関係となる光学異性体、D-アミノ酸(D体)とL-アミノ酸(L体)(キラルアミノ酸)が存在します・・・本メソッドパッケージを使用することで、発酵食品を取り扱っている食品会社、D-アミノ酸の生理機能解析を行っている大学、研究所などの商品開発や研究を飛躍的に加速させることができます。」の記載がある。
(https://www.shimadzu.co.jp/news/press/n00kbc000000axhw.html)
イ 「積水メディカル株式会社」のウェブサイトにおいて、「2016年11月4日」のリリースに「岩手工場に医薬品原薬製造棟を増設」の見出しの下、「当社は、1947年に第一化学薬品株式会社として創業後、輸液用アミノ酸をはじめキラルアミノ酸製造技術をベースに、種々の医薬品原薬(Active Pharmaceutical Ingredients:API)および中間体を提供して参りました。」の記載がある。
(https://www.sekisuimedical.jp/news/release/161104.html)
(2)「アミノ酸」の用途についてウェブサイトの記載
ア 「協和発酵バイオ株式会社」のウェブサイトにおいて、「アミノ酸の多様な用途」の見出しの下、「アミノ酸は広く私たちの生活に活用されています。」の説明とともに「医薬品原料」、「医療食」、「健康食品」、「食品、飲料」、「化粧品」等の項目について解説が記載されている。
(http://www.kyowahakko-bio.co.jp/rd/aminonavi/usage/)
イ 「味の素株式会社」のウェブサイトにおいて、「タンパク質をつくるだけじゃない!アミノ酸のチカラ」の見出しの下、「化粧品やシャンプーなど、美容にも大活躍!」、「アミノ酸はおいしさのカギ」等の項目について解説が記載されている。
(https://www.ajinomoto.co.jp/amino/aminosan/kaisetsu04.html)


審理終結日 2019-03-13 
結審通知日 2019-03-18 
審決日 2019-04-02 
出願番号 商願2016-20788(T2016-20788) 
審決分類 T 1 8・ 13- Z (W03102930313233)
T 1 8・ 272- Z (W03102930313233)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 大島 康浩 
特許庁審判長 山田 正樹
特許庁審判官 小俣 克巳
木住野 勝也
商標の称呼 キラルアミノサン、キラルアミノアシド、キラル 
代理人 田中 尚文 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ