• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 登録しない W03
審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 登録しない W03
管理番号 1344988 
審判番号 不服2017-8597 
総通号数 227 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2018-11-30 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2017-06-13 
確定日 2018-09-28 
事件の表示 商願2014-99597拒絶査定不服審判事件について,次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は,成り立たない。
理由 1 本願商標
本願商標は,「ゲルファンデ」の文字を標準文字で表してなり,第3類「家庭用帯電防止剤,家庭用脱脂剤,さび除去剤,染み抜きベンジン,洗濯用柔軟剤,洗濯用漂白剤,せっけん類,歯磨き,化粧品,香料,薫料,つけづめ,つけまつ毛」を指定商品として,平成26年11月26日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
本願商標の指定商品中「化粧品」を取り扱う業界においては,「ゲル」の語は,商品の形状を表すものとして,また,「ファンデ」の語は,化粧品の一種である「ファンデーション」の略語として,それぞれ一般に使用,認識されている。
また,同業界においては,当該「ファンデ」の語が,「パウダーファンデ」や「リキッドファンデ」等のように,商品の形状を表す他の語と結合し「○○+ファンデ」の形で,商品の品質(「○○状のファンデーション」)を表すものとして一般に使用されているのが実情であるところ,ゲル状のファンデーションも一般に取引されている。
以上の事実を総合的に考慮すると,商品の形状を表す「ゲル」の語及び商品の種類を表す「ファンデ」の語を一連に書した本願商標は,その指定商品中「化粧品」との関係においては,その構成全体としても「ゲル状のファンデーション」を認識させるにすぎないというべきある。
したがって,本願商標は,これをその指定商品である「化粧品」のうち,「ゲル状のファンデーション」に使用するときは,単に商品の品質,形状を普通に用いられる方法で表示するにすぎず,また,「ゲル状のファンデーション」以外の「化粧品」に使用するときには,商品の品質について誤認を生じさせるおそれがあるから,商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当する。

3 当審における証拠調べ通知
本願商標が商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するか否かについて,職権に基づく証拠調べを実施した結果,別掲に示すとおりの事実を発見したので,同法第56条第1項で準用する特許法第150条第5項の規定に基づき,請求人に対し,意見を申し立てる機会を与えるべく,相当の期間を指定して,平成30年3月2日付けで証拠調べの結果を通知したところ,請求人からは,何ら応答がなかった。

4 当審の判断
(1)商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号の該当性について
ア 本願商標は,上記1のとおり,「ゲルファンデ」の文字を標準文字で表してなり,その指定商品中には「化粧品」を含むものである。
イ 本願商標の構成中,「ゲル」の文字は,「コロイド溶液が流動性を失い,多少の弾性と固さをもってゼリー状に固化したもの」の意味を有する語であり,また,「ファンデ」の文字は,「化粧の下地をつくる化粧品」の意味を有する「ファンデーション」の略語であって,それぞれ,化粧品を取り扱う分野においては一般に使用されている語である(別掲1?3)。
そして,化粧品の一であるファンデーションについては,その特徴,カバー力及び仕上がりの違いなどから,クリーム状,パウダー状,リキッド状及びスティック状等の様々な種類(タイプ)のものが製造,販売されているところ,取引の実際においては,それらを「クリームファンデ」(クリーム状のファンデーションの意),「パウダーファンデ」(パウダー状のファンデーションの意),「リキッドファンデ」(リキッド状のファンデーションの意)」及び「スティックファンデ」(スティック状のファンデーションの意)といったように,商品の種類(タイプ)を表す語(クリーム,パウダー,リキッド及びスティック等)と「ファンデーション」の略語である「ファンデ」の語とを一連に表記したものが,その商品の品質(性状)を表す略称として一般に使用されていることが認められ,ゲル状のファンデーションについても多数の事業者によって製造,販売されており,上記と同様に「ゲルファンデ」とも略称されている(別掲4?6)。
ウ 本願商標は,「ゲルファンデ」の文字を標準文字で表してなるものであるから,普通に用いられる方法で表示する標章のみからなるものである。
エ そうすると,本願商標は,これをその指定商品中の「化粧品」に使用するときは,取引者,需要者をして,「ゲル状のファンデーション」であることを容易に認識,理解させるというのが相当であるから,単に商品の品質を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標に該当し,また,これを「ゲル状のファンデーション」以外の「化粧品」に使用するときは,商品の品質について誤認を生じさせるおそれがある。
したがって,本願商標は,商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当する。
(2)請求人の主張に対して
ア 請求人は,「ファンデ」の文字は,辞書類に掲載されておらず,本来の意味は不明な用語であるため,化粧品の一である「ファンデーション」を示すものとして一般に使用され認識されているとはいえない旨,また,原査定で示された「リキッドファンデ」や「パウダーファンデ」の使用事例は,インターネット上の広告手法の一つであるリスティング広告で行われている検索用キーワードとしての使用であり,「○○状のファンデーション」の意味合いで使用されたものではない旨,及び,化粧品を指定商品とした「ファンデ」,「ボディファンデ」,「ライトファンデ」などの各文字よりなる商標登録の存在からみても,「ファンデ」の文字は自他商品の識別力を有しないとする理由はない旨主張し,本願商標は,特定の意味や観念を有しない一体不可分の造語であると主張する。
しかしながら,上記(1)イのとおり,「ファンデ」の文字は,「化粧の下地をつくる化粧品」の意味を有する「ファンデーション」の略語であって,化粧品を取り扱う分野においては一般に使用されている語であると認められること,また,「クリームファンデ」,「パウダーファンデ」,「リキッドファンデ」,「スティックファンデ」及び「ゲルファンデ」が,それぞれ,「クリーム状のファンデーション」,「パウダー状のファンデーション」,「リキッド状のファンデーション」,「スティック状のファンデーション」及び「ゲル状のファンデーション」の意を表す略称として一般に使用されていることからすれば,本願商標「ゲルファンデ」からは「ゲル状のファンデーション」を容易に認識させるというべきである。
なお,登録出願に係る商標が商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するものであるか否かの判断は,当該商標登録出願の査定時又は審決時において,当該商標の構成態様と指定商品の取引の実情等に基づいて,個別具体的に判断されるべきものであるから,他の登録例の存在によって,上記判断が左右されるものではない。
イ また,請求人は,原査定は,化粧品を取り扱う分野において「ゲル状のファンデーション」が一般に取引されている実情にあると認定しているが,「ゲル状のファンデーション」は,本件出願人が新たに開発したオールインワンタイプのオリジナル化粧品であり,現在業界では本件出願人だけが販売しているものである旨主張する。
しかしながら,上記(1)イのとおり,化粧品を取り扱う分野においては,ゲル状のファンデーションが多数の事業者によって製造,販売されており,「ゲルファンデ」とも略称されていることが認められるから,請求人の主張は採用できない。
(3)まとめ
以上のとおり,本願商標は,商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するから,これを登録することはできない。
よって,結論のとおり審決する。
別掲 別掲(平成30年3月2日付けで証拠調べにより開示した事実)
1 「ゲル」の語の辞書等への記載
(1)「ゲル【Gel ドイツ】」の項に,「コロイド溶液が流動性を失い,多少の弾性と固さをもってゼリー状に固化したもの。」の記載がある(広辞苑第6版 株式会社岩波書店)。
(2)「ゲル【ド Gel<Gelatine(ゼラチン)】」の項に,「膠化体(こうかたい)。コロイド溶液がゼリー状に固まったもの。」の記載がある(コンサイスカタカナ語辞典第4版 株式会社三省堂)。

2 「ファンデ」の語の辞書等への記載
(1)「ファンデーション[foundation]」の項に,「略してファンデ。」の記載がある(現代用語の基礎知識2014 株式会社自由国民社発行)。
(2)「ファーデーション[foundation]」の項に「化粧の下地をつくる化粧品。*ファンデとも。」の記載がある(大きな字のカタカナ新語辞典 第2版 株式会社学習研究所 2009年1月19日発行)。

3 化粧品を取り扱う分野における「ファンデ」の語の使用例
(1)「日経WOMAN 2008年10月号」(2008年10月1日発行 日経BP社)の154頁において,「・・・職種別・秋のおすすめファンデーション」の見出しの下,「至近距離でも不自然じゃない!薄づきファンデでふんわり肌に・・・『化粧が濃い』というイメージにならないように,薄づきタイプのファンデーションで自然に仕上げよう」の記載がある。
(2)「an・an No.2020」(2016年9月21日発売) マガジンハウス)の78頁において,「もう悩まない!10min ミネラルファンデは,3種の中から,目的に合わせて選ぶだけ!」の見出しの下,「10min ミネラルファンデは3種類。・・・私たち,ファンデーション選びに悩んでいます!・・・長時間崩れにくいファンデはある?・・・カバー力に優れて崩れにくい,スティックファンデをセレクト 10minミネラルスティックファンデ(SPF50+,PA++++)・・・」の記載がある。
(3)「今っぽい顔になれるメイクのヒミツ。」(2016年3月17日発行 主婦の友社)の49頁において,ファンデーションの写真とともに,「ベースメイクのお悩みといえば,“ヨレ”。お直しなしでも,長時間崩れないベーステクをご紹介。」の記載,「メイクがよれちゃう原因はこの3つ!」の見出しの下,「原因1 乾燥 密着度が悪くファンデがのらない」の項に「乾燥している肌だとメイクが密着しなくてファンデのノリが最悪。」の記載,「原因2 毛穴 毛穴が開くとファンデがまだらに」の項に,「・・・ゆるんでパッカリ開いた毛穴は,ファンデが落ちて影が出たり,ファンデがムラになるからNG。」の記載,及び「原因3 皮脂」の項に,「皮脂とファンデがまざると液状化しドロドロ&毛穴が開く原因に。」の記載がある。
(4)「25ans ヴァンサンカン 2018年3月号」(2018年1月27日発売 株式会社講談社)の43頁において,「Comfortable Foundation 楽々ファンデで肌を更新!」の見出しの下,「肌の衣替えに向けて,春夏の新作ファンデが気になるシーズン。・・・春の肌に自信がもてる注目ファンデーションをご紹介します!」の記載がある。
(5)「VoCE 2017年4月号」(2017年4月1日発行 株式会社講談社)の55頁において,「『ムース生まれのファンデーション』-。そんな衝撃的なキャッチコピーでデビューし,瞬く間にメキメキと頭角を現して,いまやベストセラー&ご指名ファンデとして常連入りしているのが,マキュアージュのドラマティックパウダリー UV。毎年胸躍る新作ファンデが多数誕生するにもかかわらず,このファンデが絶大なる人気を誇るファンデとして常にランクインするのはどうしてなのだろう。」の記載がある。
(6)「カネボウ化粧品」のウェブサイトに,「大人の肌映えファンデの秘密・・・それは赤の隠し技」の見出しの下,「メディアはファンデーションシリーズ売り上げ個数 9年連続 国内No.1 ブランド」の記載,「年齢を重ねるにつれて,肌の明るさの低下と黄色味への変化で,くすみが気になり始める・・・そんな大人の悩みをメディアのファンデーションは解決してくれる!・・・メディアのファンデーションは,大人の肌悩みを考えた,僅かに赤みを感じさせる色設計」の記載がある。
(http://www.kanebo-cosmetics.jp/media/makeup/kakushiwaza/index.html)
(7)化粧品・健康食品・生活雑貨などの販売店「はぴねすくらぶ」のウェブサイトに,「オールインワンファンデーション三優美(みゆうび)」の見出しの下,「乳液・化粧下地・ファンデがひとつになった,オールインワンファンデーション。」の記載,「『時間がなくても,忙しくてもキレイでいたい』という,お客様の声に応えて開発された『三優美』。乳液と化粧下地,ファンデーションがひとつになっているため洗顔後はこれだけでOK,という画期的なアイテムは登場と同時に大ヒットしました。」の記載がある。
(http://www.e-hapi.com/beautycosme/miyubiseries/makeup/product.html?PROD_CD=042676&PROD_CD_SKU=42676000000)

4 化粧品を取り扱う分野における「ゲルファンデ」又はこれを含む語に関する使用例
(1)「エルベ・プランズ」のウェブサイトに,「オールインワンゲルファンデ ALL IN ONE GEL FOUNDATION」の見出しの下,「『オールインワンゲル』と『BBクリーム』の機能を1つにした新発想の1品8役のゲルファンデーション。洗顔後,これ1つでスキンケアとメイクが完了!スルスルなめらかにのびて,ムラなく自然な仕上がりに。美容液成分を約80%も配合しているので化粧水なしでもしっかり潤います。」の記載がある。
(http://www.elveplans.jp/item/show/611?act=usages)
(2)「はぴねすくらぶ」のウェブサイトに,「コラゲナージュ ボーテ リフトカバーファンデーションの見出しの下,「たるみ引き上げファンデ!・・・贅沢に50%も配合されたコラーゲン原液が,メイク中ずっと肌に浸透。さらにリフトアップ。・・・ゲルファンデだから高いカバー力と透明感が同時に叶う!」の記載がある。
(http://www.e-hapi.com/beautycosme/makeupfoundation/basemake/product.html?PROD_CD=051589&PROD_CD_SKU=51589000000&serec=1)
(3)「Amazon.co.jp」のウェブサイトに,「Amazon ウアオ ゲルファンデーションEX/ウアオ/クリームファンデーション 通販」の見出しの下,「商品説明 商品紹介」の項に,「忙しい朝のメイクも洗顔後にこれ1本あればOK。化粧水+乳液+美容液+化粧下地+ファンデーションが1つに。ゲル状だから毛穴の凹凸をカバーしながらしっかり保湿。・・・野菜・果実エキス・5種のヒアルロン酸・5種のセラミド3種のコラーゲン・スクワラン・アスタキサンチン ゲル状ファンデでパーフェクトカバー。」の記載がある。
(https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%82%AA-4951901157170-%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-EX/dp/B00NIFJ16S)
(4)「エミュアール化粧品」のウェブサイトに,「アクアゲルカラーファンデーション・・・まるですっぴんみたいに軽いつけ心地!なのに長時間崩れ知らず。一度使うと,オイルたっぷりのファンデが重く感じるはずです。看護師や介護職など,清潔なナチュラルメイクを長時間キープしたい方や,厚塗りメイクが苦手な方にも高く評価されている,オイルフリーの『アクアゲルファンデーション』。」の記載,及び「天然ゲルの吸着力で肌にぴたっと密着して,メイクのりの悩みを解決!・・・美肌づくりに必要のない成分は一切使っていない自然派ファンデ。」の記載がある。
(http://www.emuart.jp/tokusetsu1.php)
(5)「@cosme」のウェブサイトに,「Pafetto(パフェット) ゲルファンデーション パーフェクトメイク」の見出しの下,「スーパーウォーターゲルを使用したオールインワンファンデーション。水分と美容成分を含み保湿にすぐれたゲルファンデです。さらっと軽い塗り心地。」の記載がある。
(http://www.cosme.net/product/product_id/2941489/top)
(6)「@cosme」のウェブサイトに,「ウィズアウトEX ゲルファンデーション」の見出しの下,「肌本来の美しさを引き出す,ゲル状ファンデーション。ノビが良く,吸い付くような密着感と高いカバー力で肌を魅力的に演出します。」の記載がある。
(http://www.cosme.net/product/product_id/10069725/top)
(7)「@cosme」のウェブサイトに,「フェース インシスト ラメラ ゲルファンデーション」の見出しの下,「自然なカバー力と高い密着感で,素肌のような仕上がりが実現。スキンケア機能も充実し,しっとりなめらかな肌に。」の記載がある。
(http://www.cosme.net/product/product_id/10032724/top)
(8)化粧品販売店「ピュールナチュラ」のウェブサイトに,「商品コード:011 UVゲルファンデーション」の見出しの下,「配合成分」の項に,「加水分解コンキオリン・DNA-Kオリザノール・ヒアルロン酸Na・アロエベラエキス・甘草フラボノイド・褐藻エキス・ユキノシタエキス・オタネニンジンエキス・シコンエキス]」の記載がある。
(http://www.purenatura.jp/products/detail.php?product_id=11)
(9)「らしゅしゅ」の楽天市場店のウェブサイトに,「【スキンヴェリテ ブライトアップゲルファンデーション】」の見出しの下,「塗るだけタッタの1分で誰でも-10歳肌♪リキッドでもクリームでもパウダーでもない高級美容ゲルとファンデーションの融合」の記載がある。
(https://item.rakuten.co.jp/lachou/pi00000071/?s-id=review_PC_il_item_01)
(10)「Amazon.co.jp」のウェブサイトに,「水の天使ゲルファンデーション 30g 美々堂」の見出しの下,「生コラーゲン配合。カバー力のあるゲルファンデーション。・・・ゲルベースなので,みずみずしい使い心地なのに,気になるシミ,シワをしっかりカバー。」の記載がある。
(https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%80%85%E5%A0%82-4560276-%E6%B0%B4%E3%81%AE%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-30g/dp/B00F933SLQ)
(11)「ラティアxラヴニーズ」のウェブサイトに,「【&Ratia】アンドラティア ゲルファンデーション 24g」の見出しの下,「適量のゲルファンデーションを顔全体にムラなくのばします。」の記載がある。
(https://ratia.loveneeds.jp/eccube/products/detail.php?product_id=21)
(12)「資生堂,ベースメイクアップ技術を開発,毛穴の凹凸を埋め平滑化」の見出しの下,「資生堂は,毛穴を消して肌を滑らかに演出するベースメイクアップ技術を開発した。毛穴の凹凸を埋めて平らにするリキッドタイプの『プルランゲルファンデーション』と,表面が平らになったことで生じるテカリを抑える『ポリエチレンパウダー』からなるもので,今秋をめどに商品化する。・・・同社では偏光写真を用いて肌を解析した結果,毛穴が目立つのは毛穴でない部分との凹凸と色の違いによることを明らかにし,リキッドファンデーション『プルランゲルファンデーション』とパウダー『ポリエチレンパウダー』を開発した。『プルランゲルファンデーション』は,ゲル『シリコーン化プルラン』に粉末『シリコーンゴムパウダー』を組み合わせたもの。」の記載がある(化学工業日報 2000年4月28日 5頁)。

5 化粧品を取り扱う分野における,「ゲル状のファンデーション」に関する情報
(1)「【新商品】「ホワイトディアマンテ ウォーターデューエターナルフィット」の見出しの下,「・・・□ゲル状ファンデーション『ホワイトディアマンテ ウォーターデューエターナルフィット』つやのある明るい肌を演出。美容液にも使われる成分を70%配合し,潤いのある肌を長く保つ。全2色。5775円。販売中。」の記載がある(Fuji Sankei Business i. 2013年11月4日 14頁)。
(2)「ドクター吉木のやさしいスキンケア:第6回 肌にやさしいメーク」の見出しの下,「・・・メークアップ化粧品の中で,・・・最近出てきたゲル状の化粧品も,高分子ポリマー(ゲル化剤)が刺激になることがあります。ゲル状ファンデーション,リップグロスなどがその例で,肌が弱い人は気をつけて。・・・」の記載がある(毎日新聞 東京朝刊 2010年9月2日 24頁)。
(3)「コーセー,ファンデーション容器が受賞」の見出しの下,「コーセーは優れた容器・包装技術を対象とする日本包装技術協会(東京都中央区)の『第39回木下賞」の『研究開発部門賞」を受賞した。受賞したのはファンデーション容器(写真)。スポンジで取るときはリキット状に,肌になじませるときにはゲル状に変化するファンデーションの特性を生かすために容器を新開発。同容器を使った商品は2014年10月にメーキャップブランド『エスプリーク」から発売された。」の記載がある(日刊工業新聞 2015年6月11日 13頁)。
(4)「プレゼント マリオン」の見出しの下,「■ゲル状ファンデーション」の項に,「フューチャーラボが,新発売の『フューチャーラボ ボーテ モイストリフトファンデーション』(30g,3456円)を読者25人に。伸びがよいゲル状で,化粧下地やパウダー不要。メイク効果だけでなく,微粒子のヒアルロン酸が肌内部に浸透してうるおいとハリを与えるという。」の記載がある(朝日新聞,2015年8月6日 東京夕刊 5頁)。

6 化粧品を取り扱う分野における,商品の形状や原材料を表す語と「ファンデ」が結合した語の使用例
(1)「an・an No.2020」(2016年9月21日発売 マガジンハウス)の78頁において,「もう悩まない!10min ミネラルファンデは,3種の中から,目的に合わせて選ぶだけ!」の見出しの下,「10min ミネラルファンデは3種類。」の記載,「フェス空きの布川桃花さんの場合」の項に「カバー力に優れて崩れにくい,スティックファンデをセレクト 10minミネラルスティックファンデ」,「秘書の斉藤克衣さんの場合」の項に「高い保湿力でつや感のある,クリームファンデをセレクト 10minクリームファンデ」,「看護師のこままりえさんの場合」の項に「簡単に手軽に塗れる,パウダーファンデをセレクト 10minパウダーファンデセット」の記載がある。
(2)「25ans ヴァンサンカン 2018年3月号」(2018年1月27日発売 株式会社講談社)の43頁において,「Comfortable Foundation 楽々ファンデで肌を更新!」の見出しの下,「Chanel」の項に「フォーミュラの70%がオイル成分と水分で,フレッシュな感覚が広がる大人のクリームファンデ。・・・シャネル/ル ブラン コンパクト クレーム」,及び「Lunasol」の項に「水の透明感,清らかさを備えた“水ツヤ肌”を目指すリキッドファンデ。・・・カネボウ化粧品/ルナソル グロウイングウォータリーオイルリクイド」の記載がある。
(3)「VoCE 2017年4月号」(2017年4月1日発行 株式会社講談社)の27頁において,「麻友子の大切なコスメコレクション まゆこれ。Vol.11」の見出しの下,「最近クッションファンデを使うことが増えました。湿度が高い感じの肌になりつつ,気になるとことはカバーしてくれるのでお気に入りです。・・・スキン ファンデーション クッション コンパクト SPF50/PA+++ ミディアム」の記載がある。
(4)「日経ヘルス 2017年12月号」(2017年11月2日発行 日経BP社)の72頁において,「落としすぎ『まずはメイクに合った“ゆる”クレンジングを選ぶ』」の見出しの下,「BBクリーム,リキッドファンデの時は・・・クリーム系やリキッド系のファンデーションには,油分となじみやすいオイル系がお薦め。」の記載がある。また,73頁において,「パウダーファンデの時は・・・『パウダーやミネラルファンデだけなど,ごく薄いメイクの時は,洗浄力のやさしいミルク系が適している。』」の記載がある。
(5)「株式会社コーセー」のウェブサイトにおいて,「カテゴリー別商品一覧」の「ベースメイク【ファンデーション】」に掲載されている商品は,「パウダーファンデ」,「リキッドファンデ」,「クリームファンデ」,及び「その他のファンデ」の4つのカテゴリーに分かれており,そのうち,「パウダーファンデ」のカテゴリーの下には,「雪肌精シュープレム パウダーファンデーション」などの商品が,「リキッドファンデ」のカテゴリーの下には「プレディア スパ・エ・メール ミネラルケア リキッドファンデーション EX」などの商品が,「クリームファンデ」のカテゴリーの下には「インフィニティ ファイネスト ペール リフティング クリームファンデーション」などの商品が記載されている。
(https://www.kose.co.jp/jp/ja/product/category/2/10)
(6)株式会社講談社の雑誌「VOCE」のウェブサイトに,「2017.09.08【実験VOCE】秋冬最強リキッド&クッションファンデをガチ検証!」の見出しの下,「乾燥する秋冬の強い味方,リキッド&クッション8品の実験がこちら。薄づきでナチュラルな傾向はありつつ,自然なカバー力のファンデも増加中。・・・ファンデーション徹底比較!・・・実験したのはこの8アイテム!」の見出しの下,「07:【マキアージュ】ドラマティックリキッド UV SPF30・PA++ 全7色 27g ¥3200 (編集部調べ)/資生堂」の項に「内側はしっとり,表面はサラリ。カバーしているのに素肌っぽいスフレファンデ。」の記載がある。
(https://i-voce.jp/feed/7422/)
(7)株式会社小学館の雑誌「CanCam」のウェブサイトに,「あっ…瞬間肌サラサラに ケイトから新感覚すぎるパウダーファンデ登場」の見出しの下,「『KATE(ケイト)』より,THE BASE ZEROシリーズから 新・液状パウダーファンデーション『パウダリースキンメイカー』が誕生!」の記載がある。
(https://cancam.jp/archives/532473)

審理終結日 2018-06-20 
結審通知日 2018-07-13 
審決日 2018-07-24 
出願番号 商願2014-99597(T2014-99597) 
審決分類 T 1 8・ 272- Z (W03)
T 1 8・ 13- Z (W03)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 林 悠貴和田 恵美箕輪 秀人 
特許庁審判長 早川 文宏
特許庁審判官 田村 正明
庄司 美和
商標の称呼 ゲルファンデ、ファンデ 
代理人 大津 洋夫 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ