• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 観念類似 取り消して登録 W03
審判 査定不服 外観類似 取り消して登録 W03
審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 W03
管理番号 1321338 
審判番号 不服2016-11096 
総通号数 204 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2016-12-22 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2016-07-22 
確定日 2016-11-08 
事件の表示 商願2015-32107拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「KUSCHEL J」の欧文字を標準文字で表してなり、第3類「化粧水,ボディミスト,ボディオイル,ボディローション,ボディクリーム,ボディシャンプー,香水,オードトワレ,オーデコロン,石鹸,歯磨粉,シャンプー,リンス,洗顔料,洗濯用柔軟剤,せっけん類,歯磨き,化粧品,植物性天然香料,動物性天然香料,合成香料,精油からなる食品香料,薫料,つけづめ,つけまつ毛,香料」を指定商品として、平成27年4月6日に登録出願されたものである。

2 引用商標
原査定において、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして、本願の拒絶の理由に引用した登録第5659340号商標(以下「引用商標」という。)は、「Cushel」の欧文字を標準文字で表してなり、平成25年9月11日に登録出願、第3類「せっけん類,歯磨き,化粧品,香料,つけづめ,つけまつ毛」を指定商品として、同26年3月28日に設定登録され、現に有効に存続しているものである。

3 当審の判断
本願商標は、上記1のとおり、「KUSCHEL J」の文字を書した構成からなるものである。
そして、その構成中「KUSCHEL」の文字と「J」の文字との間に1文字分の空白があるものの、殊更「KUSCHEL」と「J」とに分けて観察される態様であるとまではいえず、むしろ、各文字は、同じ書体、同じ大きさで、まとまりよく一体的に表されているものといえる。
また、「KUSCHEL」の文字は、辞書等に掲載がなく、特定の意味を有する語として知られているものでもないから、我が国で親しまれた英語読みに倣って「クシェル」と称呼されるとみるのが相当である。
そうすると、本願商標は、その構成文字全体から「クシェルジェイ」の称呼を生じるものであり、その称呼はよどみなく一連に称呼し得るものである。
してみると、本願商標のかかる構成及び称呼においては、これに接する取引者、需要者は、殊更に「KUSCHEL」の文字部分のみに着目することなく、「KUSCHEL J」の構成文字全体をもって、特定の観念を生じない一体不可分の造語を表したものとして認識し、把握するとみるのが自然である。
また、他に本願商標の構成中「KUSCHEL」の文字部分が、取引者、需要者に対し商品の出所識別標識として強く支配的な印象を与えるものと認めるべき特段の事情は見いだせない。
したがって、本願商標の構成中「KUSCHEL」の文字部分を分離、抽出し、その上で、本願商標と引用商標とが類似するものとして、本願商標を商標法第4条第1項第11号に該当するとした原査定は、取消しを免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2016-10-24 
出願番号 商願2015-32107(T2015-32107) 
審決分類 T 1 8・ 262- WY (W03)
T 1 8・ 261- WY (W03)
T 1 8・ 263- WY (W03)
最終処分 成立 
前審関与審査官 赤星 直昭大橋 良成 
特許庁審判長 大森 健司
特許庁審判官 板谷 玲子
松浦 裕紀子
商標の称呼 クシェルジェイ、クシェル 
代理人 辻田 朋子 
代理人 久野 恭兵 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ