• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
不服201425704 審決 商標
不服201426278 審決 商標
不服201421432 審決 商標
不服20156508 審決 商標
不服201612534 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 登録しない W25
管理番号 1317120 
審判番号 不服2015-14407 
総通号数 200 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2016-08-26 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2015-07-31 
確定日 2016-06-20 
事件の表示 商願2014-19154拒絶査定不服審判事件について,次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は,成り立たない。
理由 1 本願商標
本願商標は,「かんたんゆかた」の文字を標準文字で表してなり,第25類「ゆかた」を指定商品として,平成26年3月13日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
本願商標は,「かんたんゆかた」の文字を標準文字で表してなるが,その構成中の「かんたん」の文字は,「てがるなこと。」の意味を表す語として普通に用いられており,さらに,商品「ゆかた」を取り扱う業界においては,簡単に着られることを商品の特徴としてあげて,広告,宣伝が一般に行われているとともに,そのような広告、宣伝において,「かんたんゆかた」,「簡単に着られる浴衣」等の文字が広く使用されている実情にある。そうすると,本願商標全体としては,「簡単に着られるゆかた」程度の意味合いを容易に理解,認識させるから,本願商標をその指定商品ついて使用するときは,「簡単に着られるゆかた」ほどの意味合いにおいて,単に商品の品質を表示するにすぎない。したがって,本願商標は,商標法第3条第1項第3号に該当する。

3 当審における証拠調べ
本願商標が商標法第3条第1項第3号に該当するか否かについて,職権に基づく証拠調べを実施した結果,別掲に示すとおりの事実を発見したので,同法第56条第1項で準用する特許法第150条第5項の規定に基づき,請求人に対し,意見を申し立てる機会を与えるべく,相当の期間を指定して,平成28年1月28日付けで証拠調べの結果を通知したところ,請求人は,同年3月8日に意見書を提出した。

4 証拠調べ通知に対する請求人の意見(要旨)
(1)「かんたん」は多義語であり,「簡単」の他に「感嘆」や「感歎」などの意味を示す語であるから,本願商標の「かんたん」の文字部分が「簡単」を意味するものであると特定することはできず,仮に本願商標の「かんたん」の文字部分が「簡単」を意味するものであるとしても,「簡単」は「行為や動作などに手間がかからない様子」を示す語であり,本願商標に行為や動作を示す用語が含まれていないこと,さらに,ゆかたに関しては着付け以外にも仕立て方,洗い方,シワのとり方,畳み方など様々な面で難しいことが知られていることから,取引者,需要者は「ゆかた」についての何が「簡単」であるのかを認識することはできない。
(2)「着付け」は,「着物をきちんと着せてやること」又は「衣服を体に着せ付けること。主に他人に衣服を着せ付ける場合を指す。」を意味する語であり(甲7の1及び同2参照),ゆかたを「着る」という動作と,ゆかたを「着付ける」という動作とは全く異なる動作であるところ,証拠調べで挙げられた事例においては,「かんたんゆかた」の文字は,「簡単に着られるゆかた」という意味合い又は「簡単に着付けられるゆかた」という意味合いで使用されている場合とが混在しているから,「かんたんゆかた」の文字は特定の品質を示しているということはできない。
(3)したがって,本願商標「かんたんゆかた」は,「簡単に着られるゆかた」というほどの意味合いを直ちに認識,把握させるものではなく,指定商品との関係において,商品の品質を直接的かつ具体的に表示したものではない。

5 当審の判断
(1)商標法第3条第1項第3号該当性について
本願商標は,上記1のとおり,「かんたんゆかた」の文字を標準文字で表してなり,その指定商品を第25類「ゆかた」とするものである。
そして,上記3のとおり,当審が職権で調査したところ,別掲のとおり,「かんたんゆかた」(漢字表記を含む)の文字を「簡単に着られるゆかた」ほどの意味合いで使用している事実,さらに,本願商標の指定商品「ゆかた」と流通経路,販売場所,需要者等を共通にし,これと密接な関係を有する「着物」等を取り扱う和服業界において,「かんたん+○○(着物等の商品名)」(漢字・平仮名表記を含む。)からなる文字を,「簡単に着付けられる○○」ほどの意味合いで使用している事実が認められる。
そうすると,本願商標をその指定商品に使用した場合には,これに接する取引者,需要者は,本願商標の構成中の「かんたん」の文字部分を,「こみいっていないこと。てがるなこと。てみじか。」を意味する「簡単」(広辞苑第6版)の平仮名表記であると理解し,本願商標「かんたんゆかた」全体として,「簡単に着られる(着付けられる)ゆかた」であるという,商品の品質を表示したものと認識するというのが相当であり,本願商標は,かかる意味合いを表す語として,取引に際し必要適切な表示として何人もその使用を欲するものであるから,特定人によるその独占使用を認めるのは公益上適当でないとともに,商品「ゆかた」について,一般的に使用される標章であって,商品の出所識別標識としての機能を欠くものであるといわざるを得ない。また,本願商標は標準文字で表されたものであるから,態様上顕著な特徴は認められない。
以上から,本願商標は,商品の品質を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標であるといわざるを得ない。
したがって,本願商標は,商標法第3条第1項第3号に該当する。
(2)請求人の主張について
ア 請求人は,「かんたん」は多義語であり,「簡単」の他に「感嘆」や「感歎」などの意味を示す語であるから,本願商標の「かんたん」の文字部分が「簡単」を意味するものであると特定することはできず,仮に本願商標の「かんたん」の文字部分が「簡単」を意味するものであるとしても,「簡単」は「行為や動作などに手間がかからない様子」を示す語であり,本願商標に行為や動作を示す用語が含まれていないこと,さらに,ゆかたに関しては着付け以外にも仕立て方,洗い方,シワのとり方,畳み方など様々な面で難しいことが知られていることから,取引者,需要者は「ゆかた」についての何が「簡単」であるのかを認識することはできない旨主張する。
しかしながら,「かんたん」の文字から複数の意味を生じる場合があるとしても,本願商標をその指定商品に使用した場合においては,これに接する取引者,需要者は,別掲に示した取引の実情により,本願商標全体として「簡単に着られる(着付けられる)ゆかた」であるという,商品の品質を表示したものと認識するというのが相当であることは,上記(1)のとおりである。
イ また,請求人は,「着付け」は,「着物をきちんと着せてやること」又は「衣服を体に着せ付けること。主に他人に衣服を着せ付ける場合を指す。」を意味する語であり,ゆかたを「着る」という動作と,ゆかたを「着付ける」という動作とは全く異なる動作であるところ,証拠調べで挙げられた事例においては,「かんたんゆかた」の文字は,「簡単に着られるゆかた」という意味合い又は「簡単に着付けられるゆかた」という意味合いで使用されている場合とが混在しているから,「かんたんゆかた」の文字は特定の品質を示しているということはできない旨主張する。
しかしながら,「着付け」は「着物を身に合うようにきちんと着ること。また,着せてやること。」を意味する語であり(広辞苑第6版),また,別掲のとおり,「着付け(着つけ)」の文字は,着物等を自身で着る場合及び他人に着させる場合で特に区別することなく使用されている実情もあるから,請求人の主張はその前提を欠くものである。
ウ 請求人は,過去の登録例を挙げて,本件も同様に取り扱われてしかるべきである旨主張する。
しかしながら,登録出願に係る商標が商標法第3条第1項の規定に該当するか否かは,当該商標の査定時又は審決時において,当該商標の構成態様と指定商品との関係や商品の取引の実情をも踏まえて個別具体的に判断されるべきものであるところ,請求人の挙げた審決例は,いずれも本願商標とは,使用する商品が異なるものであるばかりか,商標の構成態様においても異なるものであるから,事案を異にするものというべきであり,また,過去の登録例が存在することをもって,本願商標の上記判断が左右されるものではない。
エ したがって,請求人の主張はいずれも採用できない。
(3)まとめ
以上のとおり,本願商標は,商標法第3条第1項第3号に該当するから,これを登録することはできない。
よって,結論のとおり審決する。
別掲 別掲(平成28年1月28日付けの証拠調べ通知により開示した事実)
1 「かんたんゆかた」(漢字表記を含む)の文字を「簡単に着られるゆかた」ほどの意味合いで使用している事実
(1)1996年7月23日付け毎日新聞朝刊14頁「簡単すそ上げ,ミシン不要の製品続々--接着テープの薄地用,おはしょり付き浴衣」の記事中,「・・・すそにまつわる煩わしさを解消する工夫をした製品が増えている。・・・一方,浴衣では店で丈を直す方式を新たに取り入れている。松屋銀座本店(東京都中央区)が今年売り出した『オリジナル簡単ゆかた』(2万?2万9000円)だ。着物の丈は一定で,身丈より長い。女ものは着つけのときに余った分を腰でたくし上げ『おはしょり』をし,ひもで押さえて上から帯をする。だが,着なれないと,おはしょりを作るのは難しい。『簡単ゆかた』は,最初からおはしょりが縫い付けてあり,すそは身長180センチの人に合わせてある。店頭で試着し,丈を合わせ,すそ上げをしてもらう。・・・考案した着物研究家の祐安夏恵さんは『面倒なおはしょりを解消すれば洋服感覚で着られる,と考えた』。」との記載がある。
(2)「うれしの元気通信」中の,2012年12月11日付け「みんなが着やすい『UD浴衣』完成発表会と中村元氏講演会」のウェブサイトにおいて,「【(1)かんたん浴衣】」の見出しのもと,「上下別々のセパレートタイプで裾の方ははだけないように縫い合わせてあります。縫い付けてある紐と帯だけで着れます。上の方は左右の紐が分かりやすいように素材,先端の形,色を右と左で変えてあります。視覚、触覚でもわかりやす工夫です。飾り帯を付けて完成!簡単です!」との記載がある。
(http://www.u-genki.jp/201212/11150257000302.php)
(3)「京都キモノカフェ」のウェブサイトにおいて,商品「一人でできる 簡単浴衣 着付けセット(6点和装小物 セット)ケース付/着付小物 和装 浴衣」の説明中,「浴衣の着付けに必要な小物がそろった便利で涼しい着付けセット♪ひとりでできる♪」との記載がある。
(http://kimonocafe.co.jp/SHOP/1500080.html)
(4)「服屋100%」のウェブサイトにおいて,商品「イーティーケー 華と矢尻柄の簡単浴衣ミニ丈(赤)」の説明中,「ミニでラップフリルのスカートと上着のセパレートタイプなので着付けも簡単!」との記載がある。
(http://www.fukuya100.com/shops/1074/1952657.html)
2 「ゆかた」と流通経路,販売場所,需要者等を共通にし,これと密接な関係を有する「着物」等を取り扱う和服業界において,「かんたん+○○(着物等の商品名)」(漢字・平仮名表記を含む。)からなる文字を,「簡単に着付けられる○○」ほどの意味合いで使用している事実
(1)2010年11月22日付け大阪読売新聞夕刊5頁「[シニア探検隊]帯結びラクラク 着物を楽しんで」の記事中,「■脱着式なら1分」の見出しのもと,『もっと手軽にという方には』と,・・・通信販売や近鉄百貨店阿倍野本店で扱われている『かんたん帯』(1万4700円から)を取り出した。お太鼓が出来上がった帯に簡易脱着式のテープ『面ファスナー』が縫いつけられており,胴に巻いて張り合わせれば,1分程で身に着けられる。」との記載がある。
(2):DeNA SHOPPING内の「和さくら庵」のウェブサイトにおいて,商品「巻いてポン♪簡単浴衣ゆかた花結び(作り)兵児帯ピンク地ラメ」の説明中,「浴衣に可愛い花結び兵児帯♪帯結びが苦手な人&浴衣初心者も楽々OK!くるっと捲いてポンと差込みで出来上がり♪時間のない時でも安心♪」「帯結びが苦手でも大丈夫!半巾を巻いて可愛い結びを差し込んで出来上がりの簡単付け帯です♪」との記載がある。
(http://www.dena-ec.com/item/174102698?aff_id=kwm)
(3)「京都ナイスウェア株式会社」のウェブサイトにおいて,商品「かんたん着物『和美換』」の説明中,「着付けいらず!」,「着付けの知識がなくても,たったの2分で着付完了。」との記載,「特徴・メリット」の項中,「1.特別な技術は必要ありません!どなたでも約2分で着ることができます!」,「4.今までの簡単着物よりデザイン・色柄のセンスがいい!」,「5.着物を簡単に着用できることで,興味がわき活性化に繋がります!」との記載,「着用方法」の項中,「着付け方法はとても簡単です。普段着の上から直接着用でき,長襦袢も必要ありません。お嬢様やお子様の着付け中の待ち時間にすぐ着ることが可能です。」との記載がある。
(http://www.niceware.jp/product/other/wabikae.html)
(4)「装いの道」のウェブサイトにおいて,商品「【一重太鼓】かんたん帯(単衣調)『青海波に撫子散し』」の説明中,「●●●かんたん帯とは?●●●」の項中,「着脱の楽な伸縮性のあるヒモを使った簡単装着の帯です。」との記載がある。
(http://www.yosooi.co.jp/SHOP/kantanobi_nadesikoseikaiha.html)
(5)「つゆくさ」のウェブサイトにおいて,商品「かんたん半衿」の説明中,「付属のピンでカンタンに留められる、糸と針がいらない、大好評のつゆくさオリジナル『かんたん半衿』シリーズ。」,「・糸と針はいりません!」,「・8つのピンで留めるだけ!」との記載がある。
(http://www.tsuyukusa.co.jp/fs/tsuyukusa/c/0000000407/)
(記載中の下線は,当合議体が付加した。)



審理終結日 2016-04-25 
結審通知日 2016-04-26 
審決日 2016-05-09 
出願番号 商願2014-19154(T2014-19154) 
審決分類 T 1 8・ 13- Z (W25)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 小松 里美椎名 実 
特許庁審判長 田中 幸一
特許庁審判官 冨澤 武志
今田 三男
商標の称呼 カンタンユカタ、カンタン 
代理人 西村 竜平 
代理人 肥田 正法 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ