• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 外観類似 取り消して登録 W4143
審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 W4143
審判 査定不服 観念類似 取り消して登録 W4143
管理番号 1310841 
審判番号 不服2015-15131 
総通号数 195 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2016-03-25 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2015-08-12 
確定日 2016-02-16 
事件の表示 商願2014-97692拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「1 OAK」の文字を標準文字で表してなり、第41類「ナイトクラブの提供,娯楽の提供及び娯楽の提供に関する情報の提供」及び第43類「バーにおける飲食物の提供,カクテルラウンジにおける飲食物の提供,飲食物の提供」を指定役務として、平成26年11月19日に登録出願されたものである。

2 引用商標
原査定において、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして、本願の拒絶の理由に引用した登録商標は、以下の(1)及び(2)のとおりであり、いずれも現に有効に存続しているものである。
(1)登録第3033571号商標(以下「引用商標1」という。)は、「OAK」の欧文字を書してなり、平成4年9月21日に登録出願、第42類「西洋料理の提供,茶・コ?ヒ?・ココア・清涼飲料又は果実飲料の提供」を指定役務として、同7年3月31日に特例商標及び重複商標として設定登録されたものである。
(2)登録第3088706号商標(以下「引用商標2」という。)は、「Executive Bar」及び「Oak」の欧文字を上下二段に書してなり、平成4年9月30日に登録出願、第42類「アルコール飲料を主とする飲食物の提供」を指定役務として、同7年10月31日に特例商標及び重複商標として設定登録されたものである。

3 当審の判断
本願商標は、前記1のとおり、数字の「1」と「OAK」の欧文字とを、「1 OAK」と横書きしてなるところ、該「1」の数字は、数を表す文字であって、「ひとつ」等の意味を有するものであり、「OAK」の欧文字は、「(植物の)オーク(樫。また、ブナ科コナラ属の高木の総称。)」等の意味を有する英語であるから、その構成文字全体は英語読みした「ワンオーク」の称呼を生ずるものというのが相当である。
そして、「1」の数字が、商品の品番・型番等を表示する記号・符号として一般に用いられているものであるとしても、本願商標は数字が語頭に配されていることから、その指定役務との関係においては、サービスの種類等を表す記号や、「○○ 1号店(○○は店舗名)」などのように店舗の番号(種類)として認識されるとはいい難いものである。
また、「1」及び「OAK」の各文字は、標準文字でスペースを表示する場合の通常の表し方である1文字分のスペースを介して同書、同大に一連に書され、一体的なものとして看取されるといえるから、構成文字全体をもって一体不可分の造語とみるのが相当であり、「1 OAK」の文字からは、特定の観念を生じないものである。
してみれば、本願商標は、その構成中の「1」を省略し、「OAK」の文字部分のみが独立した標識部分として認識されるものとはいえず、これに相応した「オーク」の称呼及び「(植物の)オーク」の観念が生ずるということもできない。
したがって、本願商標から「オーク」の称呼及び「(植物の)オーク」の観念をも生ずるとし、その上で本願商標と引用商標とが称呼上及び観念上類似するものとして、本願商標を商標法第4条第1項第11号に該当するとした原査定は、取消しを免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2016-02-01 
出願番号 商願2014-97692(T2014-97692) 
審決分類 T 1 8・ 263- WY (W4143)
T 1 8・ 261- WY (W4143)
T 1 8・ 262- WY (W4143)
最終処分 成立 
前審関与審査官 綾 郁奈子 
特許庁審判長 井出 英一郎
特許庁審判官 榎本 政実
清棲 保美
商標の称呼 ワンオーク、イチオーク、オーク、オオエイケイ 
代理人 木村 満 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ