• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 外観類似 取り消して登録 W35
審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 W35
審判 査定不服 観念類似 取り消して登録 W35
管理番号 1299492 
審判番号 不服2014-23297 
総通号数 185 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2015-05-29 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2014-11-15 
確定日 2015-04-10 
事件の表示 商願2013-100865拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「金松」の文字を標準文字で表してなり、第35類「かつお節を主材とする飲食料品(「酒類」を除く。)の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」を指定役務として、平成25年12月24日に登録出願されたものである。

2 引用商標
原査定において、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして、本願の拒絶の理由に引用した登録第5285799号商標(以下「引用商標」という。)は、別掲のとおりの構成よりなり、平成19年7月2日登録出願、第35類「野菜及び果実の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,加工野菜及び加工果実の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,油揚げ・凍り豆腐・こんにゃく・豆乳・豆腐・納豆の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,米穀類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,穀物の加工品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」を指定役務として、同21年12月4日に設定登録され、現に有効に存続しているものである。

3 当審の判断
(1)本願商標
本願商標は、「金松」の文字を標準文字で表してなるところ、該文字は、辞書等に載録された成語とは認められないものであるが、その構成中の「金」の文字は、「かね、かなもの、こがね、ゴールド、おかね」等の意味を有し、「松」の文字は、「マツ科の一属、常緑の高木。」等の意味を有する一般に親しまれた漢字よりなるものであり、いずれも平易、常用、かつ、意味を容易に想起し得る漢字であるから、これらの漢字からは、「金の松の木、金色の松の木」程の意味合いを想起させるというのが相当である。
また、本願商標は、その構成文字に相応して、「カネマツ」、「カナマツ」、「キンショウ」及び「キンマツ」の称呼を生じるものである。
(2)引用商標
引用商標は、別掲のとおり、四隅が丸い正方形内に、「京都」及び「錦」の文字を2段に書してなり、その下に、「かね松」の文字を書してなるものであるところ、その構成からすれば、上段の正方形部分と、下段の「かね松」の文字部分とが分離して看取され得るものである。
そして、引用商標全体からは、「キョウトニシキカネマツ」及び「キョウトニシキカネショウ」の称呼が、また、それぞれの構成部分からは、「キョウトニシキ」、「カネマツ」及び「カネショウ」の称呼が生じるものである。
また、「京都錦」の文字からは、「京都の錦(華麗な文様を織り出した紋織物の総称。)」程の意味合いが想起され、「かね松」の文字は、辞書類に載録された成語とは認められず、また、特定の意味合いを有する語として一般に知られたものとも認められないことからすると、特定の観念を生じないものである。
(3)本願商標と引用商標との類否について
本願商標と引用商標は、前記のとおりの構成よりなるところ、外観においては、その構成文字及び態様において、明らかに相違するものであるから、外観上、容易に区別し得るものである。
そして、称呼においては、本願商標からは、「カネマツ」、「カナマツ」、「キンショウ」及び「キンマツ」が生じ、引用商標からは、「キョウトニシキカネマツ」、「キョウトニシキカネショウ」、「キョウトニシキ」、「カネマツ」及び「カネショウ」の称呼が生じるものであって、両者は、「カネマツ」の称呼を共通にする場合があるとしても、それ以外の称呼は、構成音、音数などが相違し、それぞれ聴別し得るものである。
また、観念においては、本願商標は、「金の松の木、金色の松の木」程の意味合いが想起されるのに対し、引用商標は、「京都の錦」程の意味合いが想起されるものであるから、観念上、類似するところはなく、また、引用商標の「かね松」の文字は、特定の観念を生じないものであるから、両商標は、観念上類似するとはいえないものである。
してみれば、本願商標と引用商標とは、ともに生じる複数の称呼の一つにおいて同一であるとしても、外観においてその構成文字及び態様が明らかに相違し、観念においても、相紛れるおそれはないものであるから、これらを総合すれば、役務の出所について誤認混同を生じさせるおそれのない非類似の商標というのが相当である。
また、他に本願商標と引用商標とが、類似するというべき事情は見いだせない。
(4)まとめ
したがって、本願商標と引用商標とは非類似の商標であるから、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、取消しを免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲
引用商標(登録第5285799号商標)


審決日 2015-03-27 
出願番号 商願2013-100865(T2013-100865) 
審決分類 T 1 8・ 263- WY (W35)
T 1 8・ 262- WY (W35)
T 1 8・ 261- WY (W35)
最終処分 成立 
前審関与審査官 渡邉 あおい 
特許庁審判長 井出 英一郎
特許庁審判官 田中 亨子
大井手 正雄
商標の称呼 カネマツ、キンマツ、キンショー 
代理人 山本 真一 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ