• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
不服20144812 審決 商標
不服201124474 審決 商標
不服201322799 審決 商標
不服20143360 審決 商標
不服201414788 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 外観類似 取り消して登録 W03
審判 査定不服 観念類似 取り消して登録 W03
審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 W03
管理番号 1292816 
審判番号 不服2014-10240 
総通号数 179 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2014-11-28 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2014-06-03 
確定日 2014-10-22 
事件の表示 商願2013-66355拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲のとおりの構成からなり、第3類「せっけん類,化粧品,ヘアー用及びボディ用コンディショナー」を指定商品として、平成25年8月27日に登録出願されたものである。

2 引用商標
原査定において、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するものとして、拒絶の理由に引用した登録第656136号商標(以下「引用商標」という。)は、「ミオ」の片仮名を横書きしてなり、昭和38年7月31日に登録出願、第4類に属する商標登録原簿に記載のとおりの商品を指定商品として、同39年10月21日に設定登録され、その後、指定商品については、平成16年11月10日に、第3類「せっけん類,香料類,化粧品,歯磨き」及び第30類に属する商標登録原簿に記載のとおりの商品に指定商品の書換登録がされ、同26年5月27日に、更新登録を求める商品及び役務の区分を第3類として存続期間の更新登録がされているものである。

3 当審の判断
(1)本願商標
本願商標は、別掲のとおり、花の図形をあしらってやや図案化してなるものの、漢字一文字を表したものと容易に認識される部分(以下「漢字部分」という。)と、漢字部分に比べかなり小さく書された「【MI-O】」の文字部分によって構成されるものである。
そして、本願商標は、その構成中の漢字部分における偏(へん)にあたる部分が「さんずい」、旁(つくり)にあたる部分が「雨」及び「令」から構成されていると理解し得るものであることからすれば、該漢字部分は、これらの構成からなる「澪」の漢字であると容易に認識されるものであり、そうすると、「【MI-O】」の文字部分は、漢字部分の読みをローマ字で表したものと理解されるものといえる。
してみれば、本願商標は、その構成文字に相応して「ミオ」の称呼が生じるものであり、また、観念については、漢字部分である「澪」の語に相応した「河・海の中で、船の通行に適する底深い水路。」(広辞苑第六版)の意味合いによる観念が生ずることも否定できないものといえる。
(2)引用商標について
引用商標は、上記2のとおり、「ミオ」の片仮名を横書きしてなるものであるから、その構成文字に相応して「ミオ」の呼称を生じるものであるところ、片仮名だけで親しまれた特定の語を想起させるとまではいえないものであるから、特定の観念は生じないものといえる。
(3)本願商標と引用商標との類否について
本願商標と引用商標は、上記(1)及び(2)のとおりの構成からなるところ、外観においては、一見して判然と区別し得る顕著な差異を有するものである。
次に、称呼においては、本願商標と引用商標は、「ミオ」の称呼を共通にするものである。
さらに、観念においては、本願商標は上記(1)のとおり、「河・海の中で、船の通行に適する底深い水路。」の観念が生ずることが否定し得ないものであり、他方、引用商標は、特定の観念は生じないものであるから、本願商標と引用商標は、観念上、相紛れるおそれがあるということはできないものである。
そうとすれば、本願商標と引用商標とは、「ミオ」の称呼を共通にするとしても、外観において顕著な差異を有し、観念についても相紛れるおそれがないものであるから、取引者、需要者に与える印象、記憶、連想等を総合的に勘案すれば、相紛れるおそれがあるということができない非類似の商標といわなければならない。
(5)まとめ
以上のとおり、本願商標と引用商標とは非類似の商標であるから、その指定商品が同一又は類似のものであったとしても、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するということはできない。
したがって、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、取消しを免れない。
その他、本願について拒絶をすべき理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲(本願商標)


審決日 2014-10-10 
出願番号 商願2013-66355(T2013-66355) 
審決分類 T 1 8・ 263- WY (W03)
T 1 8・ 261- WY (W03)
T 1 8・ 262- WY (W03)
最終処分 成立 
前審関与審査官 小川 敏 
特許庁審判長 林 栄二
特許庁審判官 梶原 良子
中束 としえ
商標の称呼 ミオ、レー 
代理人 伊藤 研一 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ