• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
不服201315340 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項11号一般他人の登録商標 取り消して登録 W09
管理番号 1282361 
審判番号 不服2013-15378 
総通号数 169 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2014-01-31 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2013-08-08 
確定日 2013-12-10 
事件の表示 商願2012-76200拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲のとおりの構成からなり、第9類に属する願書記載のとおりの商品を指定商品として、平成24年9月20日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
原査定は、「本願商標は、登録第4845600号商標、登録第5205459号商標、登録第5526198号商標及び登録第5573753号商標とは、『リアル』又は『ウルティモ』の称呼を共通にする称呼上類似の商標であり、かつ、その指定商品も同一又は類似するものであるから、商標法第4条第1項第11号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。
上記登録商標をまとめて「引用商標」という。

3 当審の判断
本願商標は、別掲のとおり、赤色の二つの正方形と黄色の長方形で顔のように図案化されている「M」様の図形を有してなるものの、中央に大きく表された緑色部分に着目すると「REMO」の欧文字を表したものと看取されることも少なくなく、該「REMO」の欧文字部分の4分の1程度の大きさで、その上段に「REAL」の欧文字及び黒色の細い横線を配し、また、該「REMO」の文字の下段に黒色の細い横線及び「ULTIMO」の欧文字を配し、「REAL」の文字及び「ULTI」の文字部分を青色、「MO」の文字部分を「REMO」の文字と同じ緑色で表した構成からなるところ、各段は横幅がそろえられ、近接して配置されていることとも相俟って、構成全体として極めてまとまりよく、一体に表されたものといえる。
そして、たとえ、構成文字の大きさ及び書体が相違するものであるとしても、かかる構成からなる本願商標においては、これに接する取引者、需要者をして、その構成全体をもって一体不可分の一種の造語として認識し、把握されるとみるのが相当であり、ほかにその構成中の「REAL」又は「ULTIMO」の欧文字部分のみが独立して認識されるとみるべき特段の事情を見いだせない。
また、構成全体から生じる「リアルレモウルティモ」の称呼は格別冗長であるとはいい難く、よどみなく一連に称呼できるものである。
したがって、本願商標から、「リアル」又は「ウルティモ」の称呼をも生じるとし、その上で、本願商標と引用商標とが類似するものとして、本願商標が、商標法第4条第1項第11号に該当するとした原査定は、取消しを免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲
本願商標(色彩は原本参照)




審決日 2013-11-22 
出願番号 商願2012-76200(T2012-76200) 
審決分類 T 1 8・ 26- WY (W09)
最終処分 成立 
前審関与審査官 小出 浩子山田 正樹 
特許庁審判長 寺光 幸子
特許庁審判官 根岸 克弘
手塚 義明
商標の称呼 リアルレモウルティモ、リアルリモウルティモ、リアルレモ、リアルリモ、リモ、ウルティモ 
代理人 井口 亮祉 
代理人 伊藤 高順 
代理人 碓氷 裕彦 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ