• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
不服201312525 審決 商標
異議2013900091 審決 商標
不服201220419 審決 商標
異議2013900180 審決 商標
不服20131776 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 登録しない W44
管理番号 1281511 
審判番号 不服2012-25100 
総通号数 168 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2013-12-27 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2012-12-18 
確定日 2013-10-28 
事件の表示 商願2012-3466拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 1 本願商標
本願商標は、「ストレッチサロン」の文字を標準文字により表してなり、第44類「ストレッチを取り入れたあん摩・マッサージ及び指圧」を指定役務として、平成24年1月21日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
原査定は、「本願商標は、全身の筋肉と関節を伸張する体操『ストレッチング』を意味する『ストレッチ』の文字と、『ヘアサロン,ビューティサロン』のように役務の提供場所を表示するものとして普通に使用されている『サロン』の文字とを一連に『ストレッチサロン』と標準文字で表してなり、全体として『ストレッチングを行う店(サロン)』程の意味合いを認識させるにすぎないから、これを本願指定役務に使用しても、単に役務の質(提供の場所)を表示するにすぎないものと認める。したがって、この本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審における証拠調べ通知
当審において、本願商標が、商標法第3条第1項第3号に該当するか否かについて、職権に基づく証拠調べをした結果、別掲のとおりの事実を発見したので、同法第56条第1項で準用する特許法第150条第5項の規定に基づき、請求人に対し、平成25年6月4日付け証拠調べ通知書により通知し、相当の期間を指定し、これに関する意見を求めた。
請求人は、所定の期間を経過するも、何ら意見を述べていない。

4 当審の判断
(1)商標法第3条第1項第3号の該当性について
本願商標は、前記1のとおり、「ストレッチサロン」の文字を標準文字により表してなるところ、その構成中「ストレッチ」の文字は、「ストレッチング」と同意であって、「全身の筋肉と関節を伸張する体操。スポーツのトレーニングと準備運動・健康増進のために行う。」(広辞苑 第六版)の意味を有し、「サロン」の文字は、「(服飾・美容の)店」(ベーシック ジーニアス英和辞典 初版」の「salon」の項)の意味を有することから、全体として「ストレッチングを提供する店」ほどの意味合いを容易に理解させるものである。
そして、前記3の証拠調べの結果のとおり、「ストレッチサロン」の文字は、本願の指定役務を取り扱う業界において、「ストレッチングを取り入れた施術を提供する店」として多数使用されている実情がある。
そうすると、本願商標は、これをその指定役務「ストレッチを取り入れたあん摩・マッサージ及び指圧」に使用するときには、全体として「ストレッチングを取り入れた施術を提供する店」ほどの意味を認識させるに止まり、役務の質、提供の場所を普通に用いられる方法で表示してなる標章のみからなる商標といわざるを得ない。
したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当する。
(2)請求人の主張
請求人は、本願商標は、請求人が独自に創作したものであり、構成文字全体をもって一体不可分の造語である旨主張している。
しかしながら、本願商標が、本願の指定役務との関係において、「ストレッチングを取り入れた施術を提供する店」ほどの意味で使用されていることは、前記3における証拠調べ通知書により通知したとおりである。そして、当該事実からすれば、本願商標は、これに接する需要者に、上記意味であることを認識させるにすぎないというのが相当であるから、役務の質、提供の場所を普通に用いられる方法で表示するにすぎないものといわなければならない。
したがって、請求人の主張は採用することができない。
(3)まとめ
以上のとおり、本願商標が商標法第3条第1項第3号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、妥当であって、取り消すことができない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲(証拠調べの通知内容)
以下の例によれば、「サロン」の文字が「(服飾・美容の)店」の意味を有する語である事実(1)、「エステティックサロン」や「ネイルサロン」等、サービスの提供内容「○○」と「サロン」を組み合わせて、「○○サロン」の一連の語として一般に使用されている事実(2及び3)、そして、本願の指定役務を取り扱う業界において、「ストレッチサロン」の文字が、「ストレッチングを行う(提供する)店(サロン)」であることを表す語として一般に使用されている事実(4ないし9)が窺える。

〔辞書関係〕
1 株式会社大修館書店発行「ベーシック ジーニアス英和辞典」初版
「salon」の項において、「(服飾・美容の)店」との記載がある。2 株式会社三省堂発行「コンサイスカタカナ語辞典第4版」
「エステティック-サロン」の項において、「髪型だけでなくエステティック美容を行う総合美容院。」との記載がある。
「ネイル-サロン」の項において、「爪の手入れやネイル-アートをほどこす美容院。」との記載がある。
〔インターネット情報関係〕
3 iタウンページのウェブサイト
ジャンル検索において、「美容・コスメ」のジャンル名として、「エステティックサロン」、「ネイルサロン」、「フェイシャルエステティックサロン」、「リラクゼーションサロン」、「日焼けサロン」及び「まつげサロン」との記載がある。
(http://itp.ne.jp/genre/4/102/)
「サロン」の文字を検索キーとした業種検索において、「業種候補一覧」の見出しの下、「エステティックサロン」、「ネイルサロン」、「日焼けサロン」、「フェイシャルエステティックサロン」、「まつげサロン」、「メンズエステティックサロン」及び「リラクゼーションサロン」との記載がある。
(http://itp.ne.jp/ids/select/?ikw=%83%54%83%8D%83%93)
4 美整ストレッチSOUのウェブサイト
「ストレッチ専門店、京都初登場!」、「ストレッチサロンSOUとは?」の見出しの下、「プロから受けるストレッチは、リラックス?ボディメイクまでを可能にする。」、さらに「ストレッチSALON SOUはこんな方にオススメ」との記載がある。
(http://www.studio-sou.com/stretch/)
5 B3 stretch salonのウェブサイト
「B3(ビーキューブ)ストレッチサロンは、脳科学を活かし、痛くなく肩コリ・腰痛・膝痛など1回受けただけでも羽が生えたように軽くなり、即効性のある最新ストレッチを提供しています。」との記載がある。
(http://b-cube-program.com/)
6 クレアーレ ストレッチサロンのウェブサイト
「ストレッチ整体」との記載がある。
(http://www.e-ino.jp/okayama/shop.asp?id=01510006)
7 サロン・ド・ビスクドールのウェブサイト
「広尾にある顔と体のマッサージ&ストレッチサロンです」との記載がある。
(http://s982026.bizloop.jp/s1/)
8 松戸市北小金のリラクゼーションサロン菜の花のウェブサイト
「菜の花のマッサージは、ストレッチでしっかり筋肉を伸ばしてから手のひらを使って深部にある筋肉をしっかり揉みほぐしていきます。もみ返しの無い施術が自慢のストレッチサロンです。」との記載がある。
(http://relax-nanohana.com/index.html)
9 プレスリリースゼロのウェブサイト
2012年11月29日付け株式会社セナングループ 東京本部のプレスリリース「日本初!女性起業家のためのフランチャイズ ?美容と健康を求める女性のためのタイ式ストレッチサロンYurari?」の見出しの下、「タイ式ストレッチは、『世界で一番気持ちいい』と言われるタイ式マッサージを日本人の体型・体質に合わせてアレンジし、ストレッチを主体とした手法で、体を優しくほぐしていくものです。」との記載がある。
(http://pressrelease-zero.jp/archives/20266)


審理終結日 2013-08-23 
結審通知日 2013-08-28 
審決日 2013-09-11 
出願番号 商願2012-3466(T2012-3466) 
審決分類 T 1 8・ 13- Z (W44)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 海老名 友子 
特許庁審判長 村上 照美
特許庁審判官 高橋 幸志
梶原 良子
商標の称呼 ストレッチサロン 
代理人 高橋 洋平 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ