• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 取り消して登録 X25
管理番号 1274044 
審判番号 不服2012-650062 
総通号数 162 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2013-06-28 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2012-07-19 
確定日 2013-03-11 
事件の表示 国際登録第1074023号に係る国際商標登録出願の拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「HOTEL CALIFORNIA」の文字を表してなり、第25類に属する日本国を指定する国際登録において指定された「Clothing,namely,shorts,t-shirts,sweatshirts,and polo shirts,and headgear,namely,caps.」を指定商品として、2011年(平成23年)4月4日に国際商標登録出願されたものであって、平成23年5月5日にその出願に係る領域指定の通知がなされたものである。
2 原査定における拒絶の理由の要点
原査定は、「本願商標は、その構成中に『米国カルフォルニア州』を看取させる『CALIFORNIA』の文字を有してなるものであるから、これをその指定商品中、『米国製の商品』以外の商品について使用するときは、商品の品質について誤認を生ずるおそれがある。したがって、本願商標は、商標法第4条第1項第16号に該当する」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。
3 当審の判断
本願商標は、前記1のとおり、「HOTEL CALIFORNIA」の欧文字を横書きで表してなるところ、その構成各文字は、同じ書体、同じ大きさで、等間隔をもって表されていることから、視覚上、まとまりよく一体的に看取されるものであり、また、その構成全体から生ずると認められる「ホテルカルフォルニア」の称呼も、よどみなく一連に称呼し得るものである。
さらに、我が国における英語の普及の程度に照らせば、本願商標を構成する「HOTEL CALIFORNIA」の欧文字からは、「カルフォルニアという名のホテル」程の意味合いを容易に理解するとみるのが相当である。
そうとすると、本願商標をその指定商品に使用した場合、これに接する取引者、需要者は、本願商標がその構成中に「米国カルフォルニア州」の意味を有する「CALIFORNIA」の文字を含んでなるとしても、該文字部分をして、商品の製造地あるいは販売地が「米国カルファルニア州」であることを表示したものと認識するとはいい難く、むしろ、その構成全体をもって、「カルフォルニアという名のホテル」程の意味合いを表したものと認識するというべきである。
してみれば、本願商標は、これをその指定商品中、「米国製の商品」以外の商品に使用しても、商品の品質の誤認を生ずるおそれがないものである。
したがって、本願商標が商標法第4条第1項第16号に該当するものとして本願を拒絶した原査定は、取消しを免れない。
その他、政令に定める期間に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2013-02-26 
国際登録番号 1074023 
審決分類 T 1 8・ 272- WY (X25)
最終処分 成立 
前審関与審査官 薩摩 純一津金 純子 
特許庁審判長 関根 文昭
特許庁審判官 田中 敬規
池田 佐代子
商標の称呼 ホテルカリフォルニア、ホテル 
代理人 特許業務法人あーく特許事務所 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ