• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
不服201218786 審決 商標
不服201223388 審決 商標
不服201219707 審決 商標
不服201223560 審決 商標
不服201224185 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 観念類似 取り消して登録 X21
審判 査定不服 外観類似 取り消して登録 X21
審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 X21
管理番号 1272545 
審判番号 不服2012-22934 
総通号数 161 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2013-05-31 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2012-11-20 
確定日 2013-04-02 
事件の表示 商願2011- 77150拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲1のとおりの構成よりなり、第21類「お守り,おみくじ,お札,護符」を指定商品として、平成23年10月27日に登録出願されたものである。

2 引用商標
原査定において、本願の拒絶の理由に引用した登録第4840201号商標(以下「引用商標」という。)は、別掲2のとおりの構成よりなり、平成16年5月24日に登録出願、第21類「お札,護符」及び第41類「伊勢大神楽の巡歴奉納の企画又は運営,伊勢大神楽の興行の企画又は運営,伊勢大神楽の上演,伊勢大神楽の巡歴清祓の企画又は運営,伊勢大神楽の教授」を指定商品、役務として、同17年2月18日に設定登録され、現に有効に存続しているものである。

3 当審の判断
本願商標は、別掲1のとおり、「伊勢大神樂」、「守給」、「幸給」及び「福田宗太夫」の文字並びに福田宗太夫の角印並びに六角形の朱印と思しき図形からなるものである。
ところで、「伊勢大神楽」とは、獅子舞と放下芸(曲芸)とで構成される神事芸能で、主に西日本各地を訪れ、お札などを授与するものである。
そうすると、本願商標の構成中の「伊勢大神樂」の文字部分は、その指定商品との関係において、単に「伊勢大神楽」において譲渡される商品であることを認識させるものであり、自他商品の識別標識としての機能を有しないものというべきである。
また、「守給」及び「幸給」の文字は、神社で唱えられる神語「幸魂奇魂守給幸給 (さきみたま・くしみたま・まもりたまえ・さきわえたまえ)」 の一部と認められ、本願指定商品との関係においては、一般に使用され得る語といえるから、自他商品の識別標識としての機能を有しないというべきである。
そうすると、本願商標の構成中、自他商品の識別標識としての機能を有するのは、「福田宗太夫」の文字、福田宗太夫の角印及び六角形の朱印と思しき図形の各部分といえるから、「福田宗太夫」の文字部分から、「フクダソウダユウ」の称呼及び「福田宗太夫」の観念が生じるものである。
他方、引用商標は、別掲2のとおり、「伊勢大神楽」、「守給」、「幸給」及び「伊勢大神楽講社」の文字並びに正方形の朱印と思しき図形からなるものである。
引用商標の構成中の「伊勢大神楽」の文字部分は、その指定商品との関係において、単に「伊勢大神楽」において譲渡される商品であることを認識させるものであり、自他商品の識別標識としての機能を有しないものというべきである。
また、「守給」及び「幸給」の文字は、神語「幸魂奇魂守給幸給 (さきみたま・くしみたま・まもりたまえ・さきわえたまえ)」 の一部と認められ、引用商標の指定商品との関係においては、一般に使用され得る語といえるから、自他商品の識別標識としての機能を有しないというべきである。
そうすると、引用商標の構成中、自他商品の識別標識としての機能を有するのは、「伊勢大神楽講社」の文字及び正方形の朱印と思しき図形の各部分といえるから、「伊勢大神楽講社」の文字部分から、「イセダイカグラコウシャ」の称呼及び「伊勢大神楽講社」の観念が生じるものである。
そこで、本願商標と引用商標から生じる称呼及び観念を比較すると、前記のとおり、明らかな差異を有するから、類似しないものである。
次に、本願商標と引用商標の外観について比較すると、両商標の構成中の自他商品の識別標識としての機能を有する「福田宗太夫」と「伊勢大神楽講社」の文字部分、六角形の朱印と思しき図形と正方形の朱印と思しき図形及び「福田宗太夫」の角印の有無において、明らかな差異を有するから、類似しないものである。
そうとすれば、本願商標と引用商標とは、称呼、観念及び外観のいずれにおいても相紛れるおそれのない、非類似の商標というのが相当である。
したがって、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、取消しを免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲1(本願商標)

(色彩については、原本を参照されたい。)

別掲2(引用商標)

(色彩については、原本を参照されたい。)


審決日 2013-03-21 
出願番号 商願2011-77150(T2011-77150) 
審決分類 T 1 8・ 261- WY (X21)
T 1 8・ 262- WY (X21)
T 1 8・ 263- WY (X21)
最終処分 成立 
前審関与審査官 村田 有香 
特許庁審判長 渡邉 健司
特許庁審判官 大森 健司
大橋 良成
商標の称呼 イセオーカグラマモリタマエサキワエタマエフクダムネダユー、イセオーカグラ、マモリタマエサキワエタマエ、マモリタマエ、サキワエタマエ、フクダソーダユー、ミエケンクワナシテンマチョーフクダソーダユーノイン、イセダイカグラ、オーカグラ、ダイカグラ 
代理人 特許業務法人京都国際特許事務所 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ