• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 登録しない X30
審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 登録しない X30
管理番号 1271224 
審判番号 不服2012-7075 
総通号数 160 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2013-04-26 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2012-04-18 
確定日 2013-03-07 
事件の表示 商願2011- 14847拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 1 本願商標
本願商標は、「CHOCOLATE FUDGE BROWNIE」の欧文字を標準文字で表してなり、第30類に属する願書に記載のとおりの商品を指定商品として平成23年3月2日に登録出願され、その後、指定商品については、原審における同年11月10日付け及び当審における同24年5月28日付け手続補正書により、第30類「アイスクリーム,冷凍菓子」と補正されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要旨
原査定は、「本願商標は、『CHOCOLATE FUDGE BROWNIE』の文字を標準文字で書してなるところ、その構成中の『CHOCOLATE』の文字は、お菓子の『チョコレート』を表す語であり、また、『BROWNIE』の文字は、バターケーキの一つである『ブラウニー』を表す語と理解させるものである。そして、『FUDGE BROWNIE』の文字は、指定商品との関係より『ファッジ状のブラウニーケーキ』を理解させるものである。また、本願商標の構成文字の表音である『チョコレートファッジブラウニー』の語が、指定商品を取り扱う分野において、上記意味合いの商品を指称するものとして使用されている。そうすると、これをその指定商品中、ファッジ状のブラウニーケーキに使用しても、『チョコレートを使用したファッジ状のブラウニーケーキ』程の意味合いを理解させるにとどまり、単に商品の品質を表示するにすぎないものと認める。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当し、前記(文字に)照応する商品以外の商品に使用するときは、商品の品質の誤認を生じさせるおそれがあるので、商標法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
(1)商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号該当性について
本願商標は、前記1のとおり「CHOCOLATE FUDGE BROWNIE」の文字を標準文字で表してなるところ、その構成中の「CHOCOLATE」の文字は「チョコレート」を意味する語として、広く一般に知られているものであり、また、「FUDGE」の語は、本願指定商品との関係において「ファッジ(砂糖・バター・牛乳・チョコレートで作った柔らかいキャンディー)」(「リーダース英和辞典」(株式会社研究社発行))、「キャンデーの1種,…」(「総合食品事典 ハンディ版」(株式会社同文書院発行))などの意味を表すものである。さらに、「BROWNIE」の語は、本願指定商品との関係において「ブラウニー(ナッツの入った小さなチョコレート菓子(クッキー))」(「リーダース英和辞典」(株式会社研究社発行))の意味を有するものである。
また、「ブラウニー」は、別掲1に記載したとおり、「チョコレートの濃厚さによってファッジ(やわらかいキャンディー)状であったりケーキ状であったり、また、ナッツ・クリームチーズ・チョコチップなどを混ぜたり、砂糖がけをするなど様々な形態がある」ことが認められる。
そして、上記の「FUDGE」及び「BROWNIE」の語からなる「FUDGE BROWNIE」の文字は、別掲2に記載したインターネット記事からすれば、菓子の一種を表示するものとして使用されている実情がある。
加えて、「FUDGE BROWNIE」の表音を標記したと認められる「ファッジブラウニー」の語について、別掲3に記載したインターネット記事からすると、「ファッジ(やわらかいキャンディー)状のブラウニー」を表すものとして使用されている。
そうとすれば、「チョコレート」を意味する語として親しまれている「CHOCOLATE」の文字と「ファッジ(やわらかいキャンディー)状のブラウニー」を表示するものとして使用されている「FUDGE BROWNIE」の文字からなる本願商標は、これに接する需要者等に、その構成全体として「チョコレートを使用したファッジ(やわらかいキャンディー)状のブラウニー(菓子)」を認識させるものであるというのが相当である。
一方、別掲4に記載したインターネット記事によれば、アイスクリームを取り扱う業界において、ブラウニーやクッキーとアイスクリームを組み合わせた商品が、各種販売されていることが認められる。
そうとすれば、上記ブラウニーを認識させる本願商標は、これをその指定商品中「アイスクリーム」に使用しても、これに接する取引者・需要者をして、「チョコレートを使用したファッジ(やわらかいキャンディー)状のブラウニーと組み合わせた商品」であることを認識させるにすぎない。
してみれば、本願商標は、これをその指定商品中「冷凍菓子」について使用するときは、「チョコレートを使用したファッジ状のブラウニー」を、また、その指定商品中「アイスクリーム」について使用するときは、「チョコレートを使用したファッジ(やわらかいキャンディー)状のブラウニーと組み合わせたアイスクリーム」を認識させるものであり、単に商品の品質を表示するにすぎず、自他商品の識別標識としての機能を果たし得ないものといわざるをえず、また、上記商品以外の商品に使用するときは、その商品が「チョコレートを使用したファッジ状のブラウニー」又は「チョコレートを使用したファッジ状のブラウニーと組み合わせたアイスクリーム」であるかのように商品の品質について誤認を生ずるおそれがある。
(2)請求人の主張について
なお、請求人は、「ファッジ」の語について、「(「ウィキペディア」のウェブ記事(別掲1)に「ファッジ(やわらかいキャンディー)」と括弧書きで、その意味を併記しており、むしろ、通常のわが国の需要者は『ファッジ』なる語の意味を理解していないことが前提となった内容となっている。」こと、及び「欧文字での表記である本願商標は、『チョコレートを使用したファッジ状のブラウニーケーキ』を指称するものとして使用されている状況の存在は何ら証明されていない。」と述べ、「Fudge」の語を含む過去の登録例を挙げている。
しかしながら、ブラウニーは、様々な形態がある中、「チョコレートの濃厚さによってファッジ(やわらかいキャンディー)状」の商品が存在するものである。また、「ファッジブラウニー」の語が菓子の品質を表示すること、上記のとおりであり、「CHOCOLATE」の文字と「ファッジ(やわらかいキャンディー)状のブラウニー」を表示する「FUDGE BROWNIE」の文字を一連に表した本願商標は、菓子の一種である「チョコレートを使用したファッジ(やわらかいキャンディー)状のブラウニー」を表示するものであるというべきであるから、本願商標は、その構成中「FUDGE」の語が親しまれたものではないとしても、取引に際し必要適切な表示として何人もその使用を欲するものであって、特定人による独占使用を認めるのは妥当なものとはいえないというべきであるから、前記のとおり判断するのが相当である。
そして、請求人の挙げた過去の登録例は、その構成態様が本願商標と異なるものであり、登録出願に係る商標が商標登録の要件を具備しているか否かは当該商標の構成態様と指定商品の取引の実情等に基づいて、個別具体的に判断されるべきものであって、かつ、その判断時期は、査定時又は審決時と解されるべきものであるから、他の登録例の存在によって、前記判断は何ら左右されるものではない。
したがって、請求人の上記主張は、いずれも採用できない。
(3)まとめ
以上のとおり、本願商標は、商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するものとした原査定は、妥当であって、取り消すことはできない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲1
1 「ブラウニー」について
(1)「ウィキペディア」のウェブページに「ブラウニー (ケーキ)」の見出しの下、「ブラウニー(Brownie)は、平たく正方形に焼いた濃厚なチョコレートケーキである。目の詰まったチョコレートケーキからバー状に切り出したりもする。チョコレートの濃厚さによってファッジ(やわらかいキャンディー)状であったりクッキーに近いケーキ状であったり、また、ナッツ・クリームチーズ・チョコチップなどを混ぜたり、砂糖がけをするなど様々な形態がある。」の記載がある(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%8B%E3%83%BC_(%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD))。

別掲2
1 「Fudge Brownie」について
(1)「タグ:ファッジ・ブラウニー(1)」の見出しの下に「Fudge Brownie 『ファッジ・ブラウニー』…ココアを使わずカカオマスだけで作りました。いろいろなレシピを試しましたが、この藤野真紀子さんのブラウニーはしっとりとして上品。」と記載されている(http://musignyth.exblog.jp/tags/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%8B%E3%83%BC/)。
(2)「NEW UNION-BAR/food & drink b」の見出しの下に「Fudge Brownie ファッジブラウニー」の記載とともにその写真が掲載されている (http://homary.exblog.jp/11726192)。
(3)「UNION-BAR」の見出しの下「Fudge Brownie ファッジ・ブラウニー…ファッジ・ブラウニーにクルミ入り!王道である。普通で一番おいしいブラウニーだよね!」の記載とともに、その写真が掲載されている(http://gramercy.exblog.jp/7950428)。
(4)「英辞郎 on the WEB」のウェブサイトにおいて、「fudge brownie」の項に「ファッジ・ブラウニー◆チョコレートとナッツを柔らかいキャンディー状にしたお菓子。」の記載がある(http://eow.alc.co.jp/search?q=fudge+brownie&ref=sa)。

別掲3
1 ファッジブラウニーについて
(1)「スーパーファッジブラウニー 」の見出しの下に、「生地の中央がファッジ状の濃厚なブラウニーです!」の記載とともにそのレシピが掲載されている(http://cookpad.com/recipe/1054833)。
(2)「キャロ・クッキング」の見出しの下に「ココア・ファッジ・ブラウニー…ブラウニーには多くの種類があり、ケーキのようなブラウニーや、ファッジのようなブラウニーもあります。今日、紹介するブラウニーはファッジ・ブラウニーです。ファッジ・ブラウニーは、ケーキ・ブラウニーより味が豊かでしっとりしています。」の記載とともに、そのレシピ及び写真が掲載されている(http://www.carocooking.com/2011/07/12/%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%8B%E3%83%BC/)。
(3)「アメリカン・ファッジブラウニー」の見出しの下に「しっとり&ねっとり、引きのある食感が特徴的な、アメリカのブラウニーです」の記載とともに、そのレシピ及び写真が掲載されている(http://kitchen.woman.excite.co.jp/creation/1421.html)。
(4)「ステラおばさんのレシピ」の見出しの下に「クラシック・ファッジ・ブラウニー」の記載とともに、そのレシピ及び写真が掲載されている(http://www.auntstella.co.jp/static/cookie/recipe06.html)。

別掲4
1 アイスクリームの取引の実情について
(1)ハーゲンダッツ ジャパン株式会社のウェブページにおいて「チョコレートブラウニー」の商品紹介において「チョコレートとミルクの味わいのバランスが絶妙なチョコレートアイスクリームに、しっとりとした食感のブラウニーと、濃厚でとろりとしたチョコレートソースを混ぜ合わせたアイスクリームです。」の記載がある(http://www.haagen-dazs.co.jp/products/minicup/chocolate-brownie.html)。
(2)森永乳業株式会社のウェブページにおいて「クッキー&クリーム」の商品紹介において「ほろ苦いココアクッキーとバニラアイスのおいしい組み合わせが楽しめる、バーアイスのマルチパックです。」の記載がある(http://www.morinagamilk.co.jp/products/icecream/cookiescream/221.html)。
(3)株式会社セブン-イレブン・ジャパンのウェブページにおいて「クッキーたっぷり クッキー&クリーム」の商品紹介において、「アイスの上にクラッシュしたクッキーをたっぷりトッピングした『クッキー&クリーム』味のアイスミルクです。ミルク感のあるバニラアイスと程良い苦みのココアクッキーを組み合せた人気の味わいをお楽しみください。」の記載がある(http://www.sej.co.jp/sej/html/products/7premium/2010/399102.html)。
(4)YAHOO!JAPANショッピングのウェブページにおいて「業務用のアイスクリーム・2000ml」の商品紹介において「コクのあるクリーム味のアイスにサクサクに砕いたチョコクッキーをミックスしました。」の記載がある(http://store.shopping.yahoo.co.jp/from-zao/5742.html)。

審理終結日 2012-09-27 
結審通知日 2012-10-10 
審決日 2012-10-24 
出願番号 商願2011-14847(T2011-14847) 
審決分類 T 1 8・ 272- Z (X30)
T 1 8・ 13- Z (X30)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 薩摩 純一 
特許庁審判長 野口 美代子
特許庁審判官 高野 和行
堀内 仁子
商標の称呼 チョコレートファッジブラウニー、ファッジ、ブラウニー 
代理人 中山 健一 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ