• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
不服201226162 審決 商標
不服201223388 審決 商標
不服201218786 審決 商標
不服201219707 審決 商標
不服201223560 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 X03
審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 取り消して登録 X03
管理番号 1271192 
審判番号 不服2012-22543 
総通号数 160 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2013-04-26 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2012-11-14 
確定日 2013-03-19 
事件の表示 商願2011- 18812拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は,「PeacefulHerb」の欧文字を横書きしてなり,第3類「せっけん類,香料類,化粧品,歯磨き,つけづめ,つけまつ毛,洗濯用柔軟剤,洗濯用漂白剤,かつら装着用接着剤,つけまつげ用接着剤,洗濯用でん粉のり,洗濯用ふのり」を指定商品として,平成23年3月16日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
原査定は,次の(1)及び(2)のとおり判断し,本願を拒絶したものである。
(1)本願商標は,次のとおりの登録第3233340号商標(以下「引用商標」という。)と類似の商標であって,その商標登録に係る指定商品と同一又は類似の商品について使用するものであるから,商標法第4条第1項第11号に該当する。
引用商標は,「ピースフル」及び「Peaceful」の文字を二段に横書きしてなり,平成5年12月27日に登録出願,第3類に属する商標登録原簿に記載のとおりの商品を指定商品として,平成8年12月25日に設定登録され,その後,平成18年12月12日に商標権の存続期間の更新登録がされたものであり,その商標権は現に有効に存続しているものである。
(2)本願商標は,その構成中に「香草」等の意味で用いられている「Herb」の欧文字を有してなるものであるから,これをその指定商品中,例えば「ハーブを配合したせっけん類」等以外の商品に使用するときは,商品の品質について誤認を生じさせるおそれがあるものと認める。したがって,本願商標は,商標法第4条第1項第16号に該当する。

3 当審の判断
(1)商標法第4条第1項第11号について
本願商標は,前記1のとおり「PeacefulHerb」の欧文字を横書きしてなるところ,該文字は同書,同大でまとまりよく一体的に表されているものであって,これから生じる「ピースフルハーブ」の称呼も,よどみなく一連に称呼し得るものである。
そして,本願商標は,たとえ,その構成中の「Herb」の欧文字が「香草」等を意味するものであるとしても,かかる構成及び称呼においては,該欧文字部分がその指定商品の品質,原材料を表示したものと認識されるというよりは,むしろ「PeacefulHerb」の欧文字全体をもって,特定の観念を生じない一体のものと認識されるとみるのが自然である。
また,本願商標は,これに接する取引者,需要者が,殊更「Herb」の欧文字部分を捨象し,「Peaceful」の欧文字部分のみをもって取引に資するとみなければならない事情も見いだせない。
そうとすれば,本願商標は,全体として一体不可分のものとして認識されるものというのが相当であるから,本願商標の構成中「Peaceful」の欧文字部分を分離・抽出し,その上で,本願商標と引用商標とが類似するとした原査定の判断は,妥当なものとはいえない。
他に,本願商標と引用商標とが類似するというべき事情は見いだせない。
したがって,本願商標は,商標法第4条第1項第11号に該当するものではない。
(2)商標法第4条第1項第16号について
本願商標は,上記(1)のとおり,その構成中の「Herb」の欧文字部分がその指定商品の品質,原材料を表示したものと認識されるとはいえず,「PeacefulHerb」の欧文字全体が,特定の観念を生じない一体不可分のものとして認識されるものであるから,これをその指定商品に使用しても,商品の品質について誤認を生じさせるおそれはないものである。
したがって,本願商標は,商標法第4条第1項第16号に該当するものではない。
(3)まとめ
以上のとおりであるから,本願商標が商標法第4条第1項第11号及び同第16号に該当するとして本願を拒絶した原査定は,妥当ではなく,取消しを免れない。
その他,本願について拒絶の理由を発見しない。
よって,結論のとおり審決する。
審決日 2013-03-06 
出願番号 商願2011-18812(T2011-18812) 
審決分類 T 1 8・ 272- WY (X03)
T 1 8・ 262- WY (X03)
最終処分 成立 
前審関与審査官 小林 薫 
特許庁審判長 鈴木 修
特許庁審判官 田中 亨子
谷村 浩幸
商標の称呼 ピースフルハーブ、ピースフル 
代理人 細井 貞行 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ